健康を考えるブログ

水2リットルが薬

前田 敬昭 投稿

40歳から始めた毎年1回の人間ドック。数年経った頃、総コレステロール値と尿酸値が高いですね、薬を飲んだ方が良いですね・・・と医者に言われた。

あれから20年、私は薬を飲み続けてきた。その薬はリピトール錠とザイロリック錠。前者は高コレステロール血症の薬、後者は尿酸値を抑える薬。

この薬の作用と効果を調べてみた。

まず、リピトールは                       Dsc00721

肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる。通常、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いる。

とある。次にザイロリックは                   Dsc00720

体内で尿酸が作られるのを抑え、血液中の尿酸の量を低下させる。通常、高尿酸血症や痛風の治療に用いる。 ・・・と。
どちらも一度飲み出すと止めたらダメと言われた。でも原因ははっきりしている、アルコールを飲むからだ。アルコールは高カロリーだから、コレステロールを生成するし、特にビールにはプリン体が多く、尿酸値を上げる元凶。
五百森さんじゃないが、アルコールは止められない。何を楽しみでために生きているのか分からなくなる。ジョギングした後のビールは美味い、特に夏は!
でもコレステロール値や尿酸値は気になる。
だから酒を飲むために、薬を飲んでいるようなものだ。お酒をやめりゃいいのに・・・と自分でも思う。
特定非営利活動法人 健康を考えるつどいの井上理事長から言われた。毎日水を2リットル飲んだら良いと・・・。西式健康法に書いてあると・・・。
それで7月の初めから薬を飲まずに水2リットルに変えた。
それから2か月、足の指がジンジンしてきた。こりゃてっきり痛風の前触れ、薬をやめたバチが当たったと思った。そう言ゃビールもしっかり飲んだからな~と反省しきり。
やっぱり薬、薬、くすりが要る。病院へ行った、血液検査もした。
結果は????? 驚くべきデータが出た。なんと!
尿酸値=5.9mg/dL(基準値:3.6~7.0)=過去最小値
総コレステロール=221mg/dL(基準値:130~219)=投薬中と同じ
すごい、すごい・・・水2リットルがリピトールとザイロリックの薬の代わりをしていた。
 
高コレステロール症と高尿酸症で薬を飲んだいる皆様、是非お試しあれ。

カテゴリー: 西式健康法, つどい体験談   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください