健康を考えるブログ

カテゴリー別アーカイブ: 西式健康法

健康への道しるべ 第131号のご紹介。

健康への道しるべ 第131号 心と体の健康生活:平成30年1月20日発行131
沖縄のどこにでもあるパパイアについて「いのちを育む”食”」のコラムに書いて頂いた。

題して『パパイヤは栄養の宝庫!』

パパイヤは16世紀の初めにコロンブスによって南アフリカ大陸北西部で発見されたトロピカルフルーツだが、フルーツだけではない。

1312

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

増える生活習慣病患者 By 豊岡倫郎 氏

1.2016年10月現在年齢別の人口分布図

総数1億2,700万人、人口の二分の一の分岐年齢は46歳。

図の左は男子、右は女子で、これから人口は減り20年後の人口1億人、32年後の人口8,600万人と推定される。


2.百歳以上の長寿者の多い県と少ない県

調査によると、2016年9月現在、全国の百歳以上の高齢者が6万7,824人。

★人口10万人当たりの百歳以上の高齢者数の多い都道府県別順位は、

島根県97・5人

鳥取県92・1

高知県91・3

鹿児島県91・2

佐賀県85.0

香川県83.2

山口県83.2

長野県81.9

愛媛県81.2

沖縄県80.75の順。

★100歳以上が少ない順では

埼玉県32・1

愛知県35・0

千葉県37・8

大阪府40・3

因みに石川県は、66.0で23位

これを見ると長野県以外は全て南西に位置している県である。

最高と最低のその格差が3倍以上あるのは、何故だろうか。

3.増加する成人病患者数

糖尿病:1000万人、糖尿病予備軍;1000万人、高血圧症:4300万人、
脂肪肝:3000万人、脂質異常症;3200万人、慢性腎臓病:1300万人、
腰痛:2700万人、変形性膝関節症::2400万人、骨粗しょう症:1100万人、
睡眠障害:2200万人、頭痛症:3000万人、難聴:2000万人、
花粉症:2000万人、アトピー症:700万人、胆石症:1000万人、
うつ病:700万人、排尿障害:810万人、気管支ぜんそく:1000万人、
認知症(予備軍含み):860万人、便秘症:800万人など。

その他患者が数百万人いる病気は他にもいくつもあるが省略。

4.人口減少と総病人列島に明るい未来はあるか

前述したように総人口の分岐線は46歳で、即ち46歳以上の人口数が6千350万人居る計算になる。当然46歳以下の人達にも、成人病の人達はいるが、それにしても成人病患者が多いのに驚く。異常な現象が日本列島に起きている。この実態を見ると、今後の日本の行く末が心配である。

また65歳以上の人口数は3500万人で、総人口の28%を占めている。これ等の人達は、前述した病気のひとつやふたつ患っている筈。今政府は65歳まで働くことを推進しているが、これから60代の人達が本当に元気に働けるのだろうか。そして介護保険制度によって要介護又は要支援の認定を受けた人、即ち要介護者数は、平成26(2014)年度末で592万人いる。病人が沢山いれば当然医療費も嵩む。国民総医療費は42兆円を突破した。

5.何故こんなに病人が増え続けているのだろうか

今日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳という。しかし健康寿命は男性72歳、女性75歳という。平均寿命と比べて、男性は9年、女性は12年短い。これでは要介護者数が592万人もいるのも頷ける数字である。先進国の中で、高齢者の寝たきり老人の多いのは日本だけだと言われている。何故だろうか。何が間違っているのだろうか。各自が改めるべき事とは何か。

6.生活習慣病や寝たきり老人にならないための方策とは何か

★大食しない。飽食が一番の原因である。腹7分がよい。

★日本の伝統食に回帰する。どこの先進国に自国の伝統食を忘れ、朝から晩まで、パンやラーメン、スパゲティ、ギョーザなど食べている子供達がいるだろうか。我々は50年前までは副食には魚中心で、肉や卵、揚げ物、チーズ、牛乳は殆ど食べなかった。更に甘い糖分たっぷりのケーキやお菓子類とジュース、そして大人の酒の飲み過ぎなど嗜好品が生活習慣病を加速させている。肉や糖分の恐ろしさを知らない人が多すぎる。昔はアレルギーになる子はいなかった。

★運動不足を解消することである。骨や筋肉を適度に使うことの重要性を認識してほしい。

★加工食品を遠ざける。食品添加物や農薬などの害の恐ろしさに目覚めてほしい。

★以上の事に留意すれば、腸内環境も整い、血液もきれいになり、疲れ知らずの健康体を維持できる。最近腸内環境の重要性が見直されている。大食、肉や甘いもの、加工食品、冷たい酒や飲み物は腸内環境を悪くする。

7.まとめ

1)食べ物から命をもらっている。感謝の心があれば大食できない筈。
慢心してはいけない。

2)食の間違いから発生した病はそれを正すことが原則である。安易に薬に
すがっても根治しないことは、誰でも気づくはずなのに。病気には、自分で
努力して治す病気と医者に治してもらう病気がある。この病気に立ち向かう
姿勢を正さない限り、生活習慣病は減らないだろう。

3)「奇跡が起こる超少食」全国健康むら21ネット著という本がある。
脊髄小脳変性症、筋委縮症、筋ジストロフィー症などの難病を治した感激の
体験談が載っている。治る秘密を安保徹、昇幹夫、甲田光雄の各医師が解説
している。薬を使わずに、厳格な食事と運動療法での治癒であり、その喜び
は何物にも代えられないことがひしひしと感じられる。我々の生活が如何に
自然から乖離し矛盾に満ちているかが見て取れる。無知は死を招くというが。

おわり

2018.1.19 豊岡倫郎


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

百まで歩こう会 体操法

2018年1月7日のNHKスペシャル「人体神秘の巨大ネットワーク」と言う番組で、骨の知られざる重要な役割が紹介された。

骨は単なる固いカルシウムのかたまりだと思ったら大間違い。

骨が操っているのは、「記2018年1月7日のNHKスペシャル「人体神秘の巨大ネットワーク」と言う番組で、骨の知られざる重要な役割が紹介された。

骨は単なる固いカルシウムのかたまりだと思ったら大間違い。

骨が操っているのは、「記憶力」「筋力」「免疫力」で、私たちの全身の「若さ」をも司っている。

その骨の役割を引き出すのは、骨を叩く事で、村田 敏明氏が主催する「百まで歩こう会」の体操法にも、

↓⑭きびす叩きがあり、骨を叩く事により骨芽細胞を活性化させるとある。

最近⑭に追加で椅子に座って両足のかかと同士をトントンさせる事が加わった。
骨に刺激を与える事が健康に結びついているなんて!

これからは私も『カカト落し』を一日3回、いっかい30回やろうと思う。


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

ピンク色 体で元気な百歳

金沢市在住の村田 敏明氏からの情報。

タイトルの「ピンク色 体で元気な百歳」は健康と病気の関係を色で表現したとか。

Photo

全身がピンク色になると病気に強い健康体となる。

ピンク色は健康の証し、だ、そうです。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

今パンと牛乳の害が問題となっている

今パンと牛乳の害が問題となっている 2017-12-6 豊岡倫郎 氏

1、健康常識の盲点

最近はテレビや新聞、週刊誌などで、健康に関する情報で溢れかえっている。何が正しいのか、本当なのか、判断に迷うところである。しかしまだ少数派ではあるが真面目に真実を訴えている医者もいる。今回はそれを紹介する。

 

4、何故パンを食べない方がよいのか、その訳は、

★小麦に含まれているタンパク質のグルテンが未消化物として体内に残ると、異物と見なされて、それを攻撃する抗体ができる。これがアレルギーの原因となる。

★グルテンに含まれているグリアジンのアミノ酸の配列が小脳のアミノ酸配列と似ているために、抗体が小脳の組織を敵と見誤って、攻撃する。脳ばかりではなく、いくつかの神経組織、肝臓、副腎組織で作る酵素、甲状腺、卵巣、精巣、膵臓、胃、心臓、骨などの組織も攻撃する。

★グルテンの未消化物が小腸の上皮細胞に取り込まれて、絨毛の委縮が起きて、セリアック病が起きる。病気としては疲労感、下痢、関節炎、発達障害、精神症状、てんかんなど多種多様で、日本ではあまり問題視されていないが、海外では多くの論文が発表されている。

★小麦にはアミロペクチンという血糖値を急激にあげる糖質が含まれていて、急激に血糖値が上がった後、急激に反応性低血糖が起きる。すると、ふるえ、冷や汗、神経過敏、めまい、頭痛、眠気、動悸、筋肉痛、疲れなど様々な症状が出る。

★血糖値の急上昇で、インスリン分泌量の乱高下が常態化すると、自律神経の異常、ホルモンバランスの崩れ、脂肪の蓄積、更に高血糖とタンパク質が結合して、終末糖化物質(AGE)が作られて、酸化や炎症が起こり、シミやシワをはじめ、動脈硬化、腎障害、神経障害、認知症も起きやすくなる。当然糖尿病にもなりやすい。

★前述したグリアジンには、食欲を昂進させる作用があり、過食傾向に陥る。

★グルテンが分解する過程で、エキソルフィンというモルヒネ様物質が出来て、幸せな気持ちになり、中毒性があるから、一度食べたら、また食べたくなる。またこの物質は脳の受容体と結合して、脳神経に作用し、神経障害を起こす。エキソルフィンの受容体は腸にもあり、腸の動きを抑制する為に、便秘になることも多い。他にも呼吸が浅くなったり、眠気や排尿トラブルも起こったりする。

★体内にはメチレーション回路というものがある。メチレーション回路とは、体内で「メチル基」と呼ばれる化合物を他の物質に結合することで、生命を維持するために必要な物質を作りだしたり、反応させる回路のこと。この回路を回すためには、アミノ酸の一種であるシステインが必要であるが、パンなどの小麦製品を摂ると、システインが不足して、この回路が回らなくなり、自閉症、うつなどの神経不安定、免疫力低下も起きる。

★現在の品質改良された小麦は昔の小麦と異なり、非常に消化されにくく、腸に未消化物として残り、悪玉菌を増やし、炎症が発生しやすくなって、リーキーガット症候群、すなわち俗に「腸漏れ」が起きる。すると体内に侵入した異物を攻撃する抗体が生まれて、様々な組織や臓器が攻撃されて、自己免疫疾患になる。

具体的には、間接リュウマチ、多発性硬化症、小脳失調、橋本病、潰瘍性大腸炎、クローン病などである。

★腸の絨毛にある上皮細胞には、ある一定の大きさ以上のものは体内に吸収させないという、「ふるい」の構造になっている。ところが前述したグルテンのグリアジンには、この「ふるい」の働きを弱めてしまうゾヌリンという物質の分泌を促す作用がある。そのため腸漏れが発生しやすくなる。

★グルテンそのものが神経障害を引き起こす。小脳性運動失調症、多発性神経症などの不随意運動を伴う神経症、筋肉が痩せてくるミオパチー、自律神経失調症、頭痛、手足のまひなどの脊髄障害のミエロパチー、乳児の低緊張症、てんかん、脳幹障害、原因不明の運動失調など。

★小麦アレルギー反応がある人は、ほかの食品にもアレルギーを起こしやすくする性質がある。

卵、牛乳、コーヒー、チョコレート、米、ジャガイモ、大豆などのアレルギーを誘発することがある。だから小麦を食べるのを止めると、これらのアレルギーが消えるという。

★パンに含まれる他の危険な物質

砂糖、人工甘味料のアスパルテームやスクラロース、果糖ブドウ糖液、ベーキングパウダー、着色料、化学調味料、遺伝子組み換え小麦、農薬のクリフォセートやネオニコチノド系のもの。これ等は皆体への悪影響が懸念されているものである。

特にマーガリンやショートニングの油脂類は植物油を常温で半固形になるように、人工的に水素を添加して作ったもので、トランス脂肪酸となって、ガン、動脈硬化、不妊、聴覚障害、免疫障害、糖尿病、心臓病、うつなどの発症に関与している。日本では野放しだが、欧米ではもう十数年前から規制されている。

5、何故牛乳を止めた方がよいのか、その訳は

★衛生上の理由から、超高温殺菌、高温殺菌、低温殺菌のいづれかで加熱してあるために、酵素の活性が失われ、タンパク質も変性して、消化・吸収がされにくくなる、ビタミン・ミネラルも壊れてしまうものも多い。

★見た目を良くしたり、飲みやすくするために、ホモジェナイズ処理といって、圧力をかけ、高速撹拌などして、脂肪球を細かく、均質化させるが、それによって酸化したり、トランス脂肪酸が出来たりする。

★牛のエサには遺伝子組み換えの穀物が使われ、ホルモン剤、抗生剤が投与されていて、牛乳の中にそれらの成分が含まれている。

★牛乳に含まれているタンパク質の80%がカゼインである。日本人の85%の人は、これを消化する酵素を持っていないので、腸の中で未消化物として溜まり、腸内に炎症が起こりやすい。また便秘、下痢、中耳炎、頭痛、慢性間接リュウマチ、全身の炎症も起こりやすい。

更に腸で未消化物は異物として認識されて、アレルギー反応を誘発し、鼻炎、副鼻腔炎などが発症することも多い。

★牛乳のカゼインが不完全な分解のままだと、カソモルフィンというモルヒネ様物質が出来て、

その作用でいつも飲みたくなったりする。また脳神経に作用し、精神不安や神経障害、排尿トラブル、呼吸機能を乱したり、眠気を招いたりする。昼食に摂ると午後眠くなる。

★カゼインは胃の中に入ると、胃液と反応して、カードと呼ばれる乳餅、即ちタンパク質の塊が作られる。これがビタミンやミネラルの吸収を妨げる。特に鉄分の吸収が悪くなる。ビタミンやミネラルの吸収が悪いと、過食気味になったり、肥満、疲労感、無気力感なども起こることがある。

★牛に含まれているカルシュウムは、多くはカゼインと結合しているために、腸で吸収されにくい。また牛乳は加熱処理されているので、カルシュウムはリン酸カルシュウム塩というものに変わっているため、有効に使われない。更に牛乳のタンパク質は腸内で窒素の残留物となって、血液の中へ吸収されていくと、血液が酸性化に傾こうとするので、体は平常の弱アルカリ性を維持するために、骨からカルシュウムを動員し、中和しようとする。牛乳を飲むとカルシュウムが体内で増えるどころか、減少するという事が起きるのである。

★牛乳に含まれている乳糖を消化する酵素はラクターゼと云うが、欧米人と異なり、日本人の85%の人はその酵素を持っていない。農耕民族として発展してきた歴史的体質がそこにある。これを乳糖不耐症と呼んでいるが、飲むと、下痢したり、ガスが溜まったりする。消化不良を起こす。しかし生まれてから二歳頃までは、うまい具合に母乳を飲むため、ラクターゼが体内で作られている。

★牛乳には牛の赤ちゃんを急成長させるようにIGF-1という成長ホルモンが含まれている。

また搾乳のときの乳腺炎を防止する為に、抗生物質が投与されている。またアメリカの牛は遺伝子組み換えのホルモンを打たれている。エサも遺伝子組み換え穀物が使われている。  牛乳を飲むと、グルテンの未消化物から、ニトロソアミンなどの発ガン物質がつくられる。また牛乳には比較的多くの不飽和脂肪酸やリンが含まれている。

以上のことから、乳がん、前立腺ガン、甲状腺、膵臓、副腎、動脈硬化、腎障害になるリスクが高まる。特に最近は乳がんとの関連が問題視されている。

6、過去にもこのパンや牛乳に関して問題提起している本があった

★ウイリアム・デイビス博士の著書「小麦は食べるな!」はアメリカで130万部のベストセラーとなった本で、これがいまの小麦の実態だと、その影響の恐ろしさを訴えた。

★デイビット・パールマター博士の著書「いつものパンがあなたを殺す」これまたベストセラーとなった本で、その数々の害の真実を伝えている。

★新谷弘実博士は著書「病気にならない生き方」の中で、書いているのは、「・・・牛乳を飲んでも体に良いことは何もない・・・」と。腸のファイバースコープを開発し、30万人の腸を観察してきた博士の実体験からの言葉である。

★フランク・オスキー博士は著書「牛乳には危険がいっぱい」の中で、牛乳の組成と健康被害の実態について、述べている。ニューヨーク州立大学やジョンズ・ホプキンス大学の医学部の教授や小児センター所長などを務めた人である。

★久司道夫氏は著書「マクロビオティック食事法」の中で、乳製品の体への影響について述べている。久司道夫氏は東京帝国大学政治学科を出て、食養家の桜沢如一氏との出会いから、厳しい玄米菜食主義をアメリカで普及に努めた人である。

7、まとめ

1)小麦といえば、パンだけでなく、うどん、そうめん、ラーメン、スパゲッティ、
ピザ、まんじゅう、ケーキ、お好み焼き、たこ焼きなど日常的に食卓に乗る食材
である。牛乳にしても、乳製品として、チーズも、ヨーグルトも広く食べられて
いるものである。これ等をすべて断つことは至難の決意が必要になることだろう。

しかし今回取り上げた内山葉子先生は自分の医院で、多くの体が不調な患者さん
たちに、実際に治療して、得た成果から、書かれたのがこの本である。
また書かれた背景には多くの海外の文献も読み、見聞を広めたことが覗える。
小麦製品と乳製品を三週間摂るのを止めると、不具合が消えて、体が生まれ変わ
るという。

2)ことパンや牛乳が、我々は体に良かれと思って食べているものが、逆に体を蝕ん
でいるとは、今回、驚愕した人も多いのではなかろうか。実際に学校の給食では
長年日本の子供たちは食べているし、医者や栄養士も推奨しているではないか?と
誰でも素直に肯定できないに違いない。しかしこの本には実例報告も載っている
し、日本で学校給食でパンや牛乳を摂るようになってから、アレルギー症が子供
に増え始めたのも事実である。また給食をパン、牛乳、肉食主体から、和食に切
り替えることによって、学校のいじめや非行が無くなったという事例もある。
それを推進した人は大塚 貢氏で長野県上田市の教育委員長だった人である。

3)農耕民族として、何千年間も命を繋いできたのは、米や穀物を主食として、その
土地で採れる魚や野菜、豆、海藻を食べてきた日本人の食性にパンや牛乳が適し
ていないことは、理解できそうなものである。

4)今回この記事を書いていて、思いつくことは、今まで自然のまま育っていた小麦
も、牛乳も人工的に改良されて、変質しているために、人間の体には異質のもの
として、受け入れられて、生体を狂わせて、結果的に疾病となっていることで
ある。更に体にとっては、異物を処理できないために、腸内環境の悪化が一番の
問題である。ましてや農薬、食品添加物、マーガリンなどで複合汚染されていて
は、どんな難病に体が侵されても、不思議ではない気がする。特に精神や神経組織
を狂わすのが気にかかるし、現代医学の盲点ではなかろうか。

5)体を構成する60兆個の細胞は食べ物によって、作られている。体は一大化学工場
であって、良い食べ物は良い細胞を作り、悪い食べ物は悪い細胞を作る。この良い
食べ物によって、我々は命を繋げるのである。日本人の体質にはパンと牛乳は必要
ないことを理解することが先決である。

6)囲碁に「これも一局の碁」という言葉がある。盤上での戦い方にはいろいろあっ
て、その人の考え方が出てきてもおかしくない。人間は生まれて、物心がついて
からは、毎日が選択の連続である。しかしこれから百歳まで長生きしたいのであれ
ば、やって良いことと悪いことは健康知識のある人は選択できる。しかし情報が
不足している人には、選択の余地が少ない。どうして私がこんな病気に罹ったの
だろうかと、病気になってから、嘆く人が多い。日本人はイワシの群れだ、と
言ったアメリカの経営学者がいる。みんなで渡れば怖くないという事では、済まさ
れないのが、パンと牛乳ではなかろうか。「これも一つの生き方」であるとして、
済まされてよいだろうか。人は生きてきたようにしか死ねないというけれども。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

健康へのトビラ VOL.13

NPO法人健康を考えるつどいが年4回発行する機関誌。

2017年12月1日発行、Vol.13。

Vol131

Vol133


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 講演会

2017年11月24日、静岡県男女共同参画センター「あざれや」にて講演会があり、参加して来た。

演題は『がんの原因と予防法』、講師は東京中野区の渡辺病院・医院長  渡辺 完爾先生。

主催は、健康生活研究会(代表・増田 桂子 氏)。

↓ 14時開始、まず増田代表の挨拶

↓ 講演会風景

内容を抜粋すると、

■ がんとは?
1、細胞の病気。
2、がんは細胞増殖の異状を伴う。
3、がん細胞は無秩序な分裂増殖と不死化を特徴とする。
4、すべてのがん細胞はそのDNAに異状が起きていて、細胞分裂を制御している
遺伝子やDNAの修復に関与している遺伝子が、変異を起こして正常に機能
しなくなることにある。

■ がんの予防
1、食べ過ぎない事、腹七分。
2、ビタミンCの補給
3、血液循環改善 → 金魚・毛管・合掌合セキ・背腹(西式健康法)
4、酸素を十分取り入れる事 → 裸体操・温冷浴
5、便秘の解消・宿便の排除 → スイマグ

↓ 会場内では絵手紙展やチャリティーバザーも行われた。

↓ ”かつらこ”の似顔絵コーナー

「かつらこ」が増田さんのペンネームとは知らな人が多い。

講演会は盛況のうちに閉幕した。

先生はじめ関係各位に感謝・感謝です。


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第130号

健康への道しるべ 第130号 心と体の健康生活:平成29年11月10日発行
20171130_4
昭和2年に西勝造先生が公表された『西式健康法 』 が、90周年を迎えた。

その遺訓 (その3)が紹介されている。

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

自律神経の乱れが体の不調を招く

自律神経の乱れが体の不調を招く BY   2017-11-15 豊岡倫郎 氏

1、体の不調は自律神経の乱れかも

体全体に張り巡らされている神経組織にはいろいろ種類があるが、その中でも自律神経が正常に機能していないと、体は不調を来すし、病気の原因にもなる。その複雑な仕組みを理解して、健康管理に生かしてゆきましょう。

2、神経の種類

神経には大きく分けると、二つの種類がある。一つは中枢神経、もう一つは抹消神経に分けられる。末梢神経はさらに体性神経と自律神経に分けられる。体性神経には神経は身体の各部を自分の意志で動かすための神経で、例えば見たり、聞いたり、話をしたり、手足を動かしたり、物を食べたりするとき働く神経で、知覚神経と運動神経とがある。

一方自律神経は自分の意志とは関係なく働く神経で、例えば心臓が動く、唾液が出る、汗が出る、胃腸や肝臓、腎臓などが働いているなど、生命の恒常性を維持する働きをしている神経である。

3、自律神経とは

自律神経と呼ばれているものには、二種類あり、ひとつは交感神経、もうひとつは副交感神経である。この二つは互いに拮抗しあうような形で働いている。このふたつの神経をコントロールしているのが大脳にある「視床下部」という場所である。さらに視床下部はその上部にある「大脳辺縁系」と「大脳皮質」とも連携しながら、機能している。

交感神経は朝起きてから日中にかけて、体が活動するときに優位に働き、副交感神経は夕方になって、くつろいだり、夜眠っているときに優位に働く神経である。

よく自律神経のバランスが崩れているとか、乱れているという表現が使われているが、その意味は、日中働くべき交感神経が、異常に興奮したり、逆に弱すぎる場合や主に夜中に働く副交感神経が過度に興奮したり、逆に弱すぎたりしている場合、更に交感神経と副交感神経の働きのレベルのバランスが崩れていることをいう。

理想的な交感神経と副交感神経の働きのバランスとは、いま便秘外来診療で有名な小林弘幸博士によると、1対1もしくは1対1.5を保ちながら、適度なレベルで働いているのが理想という。

4、こんな症状で悩んでいませんか

疲れる、だるい、めまい、不眠、頭痛、冷え、動悸、息切れ、顔のほてり、肩こり、食欲不振、便秘、下痢、発汗、ふるえ、吐き気、いらいら、血圧上下、不安感などありませんか。

これ等の症状を病院へ行き訴えて、いろいろ検査を受けても、特別変わったところはありませんと、医者に言われるケースがよくある。そして自律神経失調症かもしれませんねぇと。

自律神経の器官支配様式図というものがあって、それを見ると首の頸椎の一番から腰椎の五番更に仙骨に至るまでのそれぞれの椎骨と椎骨の間から出ている交感神経及び副交感神経がそれぞれ分担して、各臓器や器官と繋がっていて、脳との間で情報のやりとりが行われていて、体の働きをコントロールしている。

5、自律神経を狂わす要因は何か

■自律神経とストレス・・・精神的ストレス、構造的ストレス、化学的ストレス、温度
湿度、ストレスがある。精神的ストレスといえば、仕事や人間関係、困りごと、悩み
などである。化学的ストレスとは、食物やカフェイン、飲み物に関するものである。
構造的ストレスとは骨格や筋肉などの歪み,偏りなど。温度・湿度ストレスとは暑さ、
寒さ、風,音などである。ストレスが及ぼす負のスパイラルには次のふたつがある。

★ストレス→交感神経昂進→白血球の一種である顆粒球が増加、リンパ球減少→
活性酸素増加、→免疫力低下。

★ストレス→交感神経昂進→血管収縮→血流低下→酸素不足や新陳代謝低下→器官、
組織の機能低下。

★また副交感神経が昂進するとリンパ球が増えて、免疫力が高まる。しかしリンパ球が
増え過ぎるのも、免疫の抗原が敏感になりすぎて、アレルギー疾患を起こしやすく
なる。

前述したように交感神経と副交感神経が適度に高くて、拮抗している状態が良いので
ある。

  • 自律神経と便秘・・・交感神経が過剰だと腸が動かなるタイプの便秘になる。 逆に副交感神経が過剰だと腸が収縮するタイプの便秘になる。便秘になれば、腸内環境は悪くて、消化吸収機能も低下し、質の悪い血液しか作れないから、ドロドロ血液が体内に流れて行き、新陳代謝が低下する。血流も当然悪いし、血管自体も傷んでしまい、疾病の温床と化する。
  • 自律神経と睡眠不足・・・睡眠不足だと副交感神経のレベルを低下させて、自律神経のバランスが崩れて、血流も悪くなり、全身機能が低下する。即ち夜寝ているときに、副交感神経が働いて、消化吸収活動が行われるのであるから、それを阻害してはいけない。
  • 自律神経と薬・・・殆どの薬は交感神経を昂進させるから、なるべく薬は服用せずに、自分で治せる病気は、自分の力で養生するに越したことは無い。
  • 自律神経と健康体操・・・加齢と共に副交感神経のレベルがどんどん低下してゆく。健康体操にもいろいろあるが、その内容には骨格の矯正、深い呼吸、適度の筋肉の強化、経絡の刺激、血流の潤滑化が含まれていて、いつでも、どこでも、容易に、短時間で実行できるものがよい。これらの条件をすべて満たしているのが自彊術体操である。特に骨格の歪みの矯正と深い呼吸は自律神経の調整には欠かせない。何故なら体は酸素不足を感じると、脳への酸素供給を優先する為に、交感神経が優位にして、末梢の血管を収縮させる。だから深い呼吸をすると、酸素量が増えるので、副交感神経が優位になって、血管を拡張させる。いつもうつむき加減の姿勢では浅い呼吸しかできないから良くない。また骨格の歪みは各椎骨の間から派生している神経の働きを狂わせてしまう。股関節や仙骨のズレも大いに関係しているから、留意が必要。
  • 自律神経と体液の酸性とアルカリ性・・・酸性体質は交感神経を昂進させる、アルカリ性体質は副交感神経を昂進させる。だから玄米、菜食をしている人は体液がアルカリ性に傾くから、自律神経失調症にはならないと言われている。
  • 自律神経と食べ物・・・どんな健康法でも、食物を抜きにしては考えられない。食べ物で体質を酸性化するものは自律神経のバランスを崩すことは前述したが、カフェインの含まれるコーヒーや緑茶などは交感神経を極度に刺激するから、避けた方が良い。また大食や間食は胃腸に負担を強いて、休息する暇を与えない。アルコールや甘い飲み物、お菓子、冷たいもの、肉食、食物繊維不足は腸内環境を悪くしてしまい、それに便秘が加われば、もう自律神経を混乱させる要因が複雑に絡み合って、どんな病気が発症してもおかしくない。負のスパイラルの典型である。
  • 自律神経と性格・・・自律神経失調症になるような人の性格はこうである。即ち我が強く、自分中心で、人の言うことを聞き入れない、つまらないことを気にする、余計なことを気にする、心にヨロイを被ってしまうような人が罹るという。
  • 自律神経とホルモン・・・緊張したり、興奮するとアドレナリンが過剰に分泌されて、体は本能的に防御態勢に転じる。そんな事が日常的に発生すると、あらゆる器官に悪影響を及ぼす。逆に気持ちがリラックス状態の時や嬉しいことや楽しい時はエンドルフィンという脳内ホルモンが出て、毛細血管を広げ、血流が良くなる。

6、自律神経のバランスを保つには

上述した第5項の説明事項に留意すること以外に、更に付け加えるならば、●日頃から平常心を保ち、心に余裕を持った生活習慣を心がける。●笑いを忘れず、快活に振る舞う。笑うと副交感神経が昂進して、免疫力が高まる。怒れば血液がドロドロ化する。●腹式呼吸が副交感神経を高める。●手指の爪の生え際の両端を揉む。●腸を冷やさない。●指圧療法で該当のツボを押す。天柱、湧泉、労宮、内関、百会、手三里などを押す。●好きな音楽を聴くなり、友人と旅行するなり、趣味を持ち、前向きに生きる。

7、まとめ

  1. 自律神経の安定のポイントは、ストレスを溜めない、健康体操で骨格の矯正と深い呼吸、悪食で腸内環境を乱したり、宿便を溜めないこと、この三つが重点項目である。
  2. もうひとつ強調したいことは、安易に薬を服用しないことである。自分の不摂生を改めようともせず、薬で解決しようとする心構えはいただけない。すべての生活習慣病の病根はその間違った生活態度にあることを再考してほしいものである。
  3. 現代社会では精神的ストレスに満ちていて、避けることは難しいから、ストレスに強い人間になるには、日頃から見聞を広め、いろいろな経験を多く積んだ方が良いと思う。
  4. こんな人とは、一緒にランチもしたくない、温泉にも行きたくないというときは、こちらの気分も悪くなってしまい、副交感神経が低下するから、避けるに越したことは無い。逆に一緒にいると、楽しい気分にしてくれる人とは大いに付き合うがよい。
  5. 酒、コーヒー、甘いもの、肉は自律神経を乱すものばかりだが、これらにどっぷり浸っているのが現代人の日常生活である。これら間違った生活習慣を改めない限り、健康生活は望めない気がする。
  6.  お酒の飲み過ぎは最悪の生活習慣の一つである。交感神経を昂進させ、副交感神経を低下させる結果、血管の収縮し、アルコールの分解時に水分が不足し、血流を悪くし、血管の内皮を傷つけダメージを与える。また顆粒球が増加して、それが死滅するときに活性酸素を大量に発生させる。その結果血管は硬化し、血液はドロドロ化になり、脂肪分は過酸化脂質に変化して、動脈硬化を招き、血管が詰まりやすくなってしまうから怖い。
  7. 加齢と共に自律神経の副交感神経の働きは徐々に低下してゆく。しかし交感神経の働きの低下は少ない。女性はなぜ男性より長生きするのか、その理由のひとつは、加齢による副交感神経の低下が男性より10年遅いからだということが解かった。如何にして副交感神経の働きを維持し、交感神経を昂進させることを避けるかが健康を左右する要点なのである。  おわり

カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ


健康への道しるべ 第129号のご紹介。

健康への道しるべ 第129号のご紹介。

平成29年10月10日発行。

昭和2年に西勝造先生が公表された『西式健康法 』 が、90周年を迎えた。

その遺訓(その2)が紹介されている。

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

だんだん良くなるムラタの体操

NPO法人 明日の健康を考える会が発行する機関誌『医食同源』2017年10月1日号に、金沢在住の「百まで歩こう会」村田 敏明氏が連載する「だんだん良くなるムラタの体操」なる記事がある。

村田氏は健康に関する情報を分かり易いマンガでも紹介し、自ら実践している。

一度金沢でもお会いし、坂出にも講演会の講師で来ていただいた。

↓ マンガの一部をご紹介


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

第14回健康を求めて in ユープラザうたづ

台風21号の接近で開催が危ぶまれたが、無事講演会を終え、事務局としてはほっとしている。

朝から雨で一体何人くらい来てくれるのだろう?

そんな悪天候の中、約260名もの方々に来ていただいた。

入口で来られる人に挨拶していると、相当数入ったと思われたが、800人入れる会場内はさすがに、こんな様子。空席がやたら目立ったような・・・。

ロビーでは、恒例となった絵手紙やフラワ-アレンジメントの展示、丸亀ユネスコ協会によるチャリティーバザーなどが行われた。

↑ 丸亀ユネスコ協会によるチャリティーバザーの収益金は、世界寺子屋運動など後進国
での学校整備に使われる。 このチャリティーバザーが楽しみで来てくれるお客さんも
年々増えてきた。

このバザーには、NPO法人健康を考えるつどいが主催するスクールの皆さんからの寄付品も入っている。

今回の講演はまず、

NPO法人日本総合医学会会長・渡邊 昌先生による『薬に頼らず糖尿病を治す方法』、

次に、

四国学院大学副学長・漆原 光徳先生による『大学ダイエット講義~無理をしない・頑張らない・それでも確実に痩せる~』でした。

両先生のお話は大変分かり易く好評。

講演後のアンケートに書かれた意見を少し紹介すると、渡邊先生のお話では、

『大変役にたった』とか、

『2年くらい前の町健康診断で少々血糖値が高いと出たため、モチ麦を入れた事、運動を少し増やして現在は良好。改めて先生のお話でやっぱり良かった』

『データに基づいた研究結果など、大変参考になりました』 等。

漆原先生のお話では、

『先生のお話は分かりやすく、大変役にたった』

『驚きと発見のあるお話があり、今日からでもできそうな事は実践していこうと思います。筋力を落とさないようしていきたいです。』

『ダイエットのテーマでしたが、総合的な健康生活についてのお話は貴重でした。』」など等。

↓ 渡邊昌の本

8

今回の講演会では宇多津町のご厚意で、手話通訳をしていただいた。

大変ありがとうございました。


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

誤嚥性肺炎は怖い (2017/10/17 By 豊岡倫郎 氏)

1.日本人の死亡原因

現在の日本人がどんな病気で死亡しているかを知って、自分がどんな生き方をすればよいか、参考にする必要がある。下のグラフは厚生労働省が発表した2016年度の死亡原因を示す。
今迄四位だった肺炎が三位になり、肺炎のひとつである誤嚥性肺炎について、解説する。

2.誤嚥性肺炎とは

物を飲み込むことを嚥下(えんげ)と云い、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥(ごえん)という。誤嚥性肺炎とは嚥下機能障害のために、食べ物、唾液、胃液などと一緒に、細菌を気道に誤って吸引することによって、発生する肺炎をいう。


3.誤嚥性肺炎の死亡数

調査によると、肺炎で亡くなった方の97%が65歳以上の高齢者で占められていて、またその高齢者の肺炎の内の70%以上が誤嚥性肺炎だと云うから怖い。

年間総死亡者数は約130万人であるが、それから推計しても誤嚥性肺炎で亡くなる人が如何に多いかことか。我々の健康管理上の一大重点注意項目として、上げねばならないのである。

4.喉(のど)の構造

右の図は食道と気管と喉頭蓋を横からの略図で示しているが、左側下方の太く丸い部分が喉仏で、甲状軟骨で出来ていて、右斜め上方の細くなっている部分が喉頭蓋である。呼吸をしているときは、気管部分は開いているが、口から物を飲み込んだときは、喉頭蓋が気管をふさいで、食道の方へ食べたものが流れてゆく仕組みとなっている。

5.何故高齢者に誤嚥性肺炎が多いのだろうか

  • のどを動かす筋肉は40歳代を過ぎるころから徐々に衰えてゆく。70歳を過ぎる頃になると、喉の筋肉や感覚がすっかり弱くなり、飲み込むタイミングにズレが生じ、飲食物や唾液が誤って気道に入りやすくなる。
  • 通常、声帯は開いているが、食道の入り口は閉じている。物を飲み込むと、喉頭が引っ張り上げられて、喉頭蓋が倒れて、声帯が閉じて、食道の入り口が開く仕組みになっている。

この開閉の切り替えには、周辺にある顎二腹筋、茎突舌骨筋、顎舌骨筋の三種の筋肉が連係して、喉頭を引き上げることで、わずか0.5秒のタイミングで行っている。要するに、これ等の筋肉が加齢と共に衰えていくと、飲み込む力も衰えて、誤嚥が起きてしまう訳である。

6.誤嚥を起こしやすい状況

  • 痰が絡む、●よくムセる、●声がかすれる、●錠剤が呑みこみにくい、●声が小さい、●胃液が逆流する、●飲み水が気管に入る、●知らぬま誤嚥と言って、睡眠中に唾液や胃からの内容物が軌道に入る。

7.誤嚥性肺炎の症状

  •  何となく元気がない。●食欲がない。●発熱、逆に発熱しないケースも多い。●咳が出る。
  • 膿のような痰が出る。本人が気づかない事が多いから、誰か気づいてすぐ対処が大事である。

8.誤嚥性肺炎の診断

明らかに嚥下機能障害から発生している場合は、レントゲン写真、CTで肺炎像を確認する。他に白血球の増加や炎症反応をチェックするなど。

9.治療

抗菌薬を用いた薬物療法が基本となる。呼吸状態や全身状態が不良の場合は入院治療となる。

また同時に口腔ケアの徹底、嚥下指導を受け、トレーニングすることも必要となる。

10.生活上の注意点

  • 高齢者や中枢神経系障碍者など寝たきりの人は、慢性的に繰り返し発症することも多い。
  • いろいろな薬常用者も発症に関連性がある場合もあるから服用を医者に伝える。
  • 口腔内の雑多なバイ菌を含んだ唾液を誤嚥するケースも多いから、口腔内を清潔にする。

11.予防策

根本原因の誤嚥を起こさないための予防策は色々あるが、例えば・・・・

●姿勢を正して、ゆっくりと、よく噛んで食べる。テレビなど見ながら飲食しない。●口腔内のバイ菌の発生を防ぐため、歯磨きを徹底する。
●食事の後、すぐに横にならない。
●生活習慣を見直して、禁煙、規則正しい生活、栄養バランスをとり、免疫力を
高める。
●嚥下訓練としては、のどの持つ「飲み込み力」、「発声力」、「呼吸力」の機能を
強化する為には、のど仏の筋肉を意識して、水を飲み込む訓練、のど仏を意識
して、勢いよく息を吐く訓練、お腹に手を当てて、腹式呼吸で「あ、え、い、
お、う」と大きな声で発声する。高い音程の歌を歌うとよいなど他にもいろいろ
訓練法がある。
●医学的に動脈硬化と飲み込み力とに関連性があり、動脈硬化にならないように
気を付ける。
●誤嚥を起こす人は平均より10年寿命が短いと言われている。

12. まとめ

西式健康法や自彊術の体操には、首を上下、左右、前後に倒す動作があるし、頸椎の歪みを矯正し、胸郭を広げる動作もある。日頃から健康体操をして、全身の筋肉も、骨格も、呼吸器も、血流にも配慮している人とそうでない人では、長い年月の間にここでも格差がでるのは、当然な気がする。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康法実施の6大原則 その基本から外れないように

健康法実施の6大原則 その基本から外れないように

2017-9-15 豊岡倫郎

1、溢れている健康情報

いまテレビ、新聞、雑誌には健康に関する放送や記事が載らない日はないくらいに、巷には健康情報が溢れている。そもそも皆さんは学校教育で習った保健科目の知識だけで、社会に出てから死ぬまで、健康的な生活を営むことができると、お考えですか。私は否だと思って、この大きな問題点に少しでも応えられたら良いとの思いから、15年以上前から毎月1回公民館で、健康問題に関心がある方たちに、健康講座を開いている。

2、なぜいま健康法実施の6大原則をとりあげたか

健康情報が溢れ、人々はあれが良い、これが良いと、健康法を実行している人も多い。また生まれつき健康で、病気をしたことのない人達は、健康問題に無関心で、それが永遠に続くと勘違いしている。でも実態は糖尿病や高血圧、心臓疾患、脳疾患、ガンなどの所謂生活習慣病の人たちで、病院へ行くと溢れかえっている。

ではその歯止め策は何かといえば、予防策しかないのである。医者の一服のさじ加減で病気が完治しないから、病人が溢れているのである。この事実を軽視してはいけない。

3、健康法実施の6大原則

病気の具体的な予防策より大事なことは健康問題に対する心構えである。今までいろんな健康情報を皆さんに発信してきたが、人それぞれの生き方や価値観、性格が異なるために、せっかくの情報も生かされてないことを長年痛感していたので、ここに改めて説明したい。

(1)原則その1・・・誰にでも適用可能な普遍性を備えている事

老若男女、即ち年齢、性別、体質など問わず、誰でも安心して実行できることである。例えば体質的に酸性体質とアルカリ性体質があるし、陽性と陰性体質、冷え症と暑がり症、肥満と痩せ型、男性と女性、若者と老人などいろいろ体の特質が異なる人でも安全で、成果があがるものでなければならない。

(2)原則その2・・・長期的に見ても支障が起きない事

一時的には効果が期待できるが、それを長期間実行すると、逆に害が出るものが多いから要注意。例えば一過性の病気ならそれでも良いが、慢性的な病気の時は、一時的に症状は軽減されても、何年も継続していると、逆に害を及ぼすものもある。

(3)原則その3・・・総合的でバランスを保つものである事

総合的であるべきとは、「群盲象を撫でる」ではいけない。また石川県が生んだ哲学者の西田幾多郎は言っている。「ただ一つの思想を知るということは、思想というものを知らないというに同じい」と。私は今まで幾多の健康法の本を読んできたが、その多くの健康法は、これさえ実行すれば、健康になると、書かれている。

しかし病気を招く原因は一つではなく、多くの場合、いくつかの要因が影響しあい発症している。日本人はとかくイエスかノーかと、決めつけたがる悪い癖がある。例えば内科の病気でも、骨格の歪みから発症しているケースがよくある。そんな時にいくら薬を飲んでも解決する筈がない。即ち病気になるのは三大原因である精神、運動、食事のいづれかに異常がある時である、しかもこの三つは総合的に繋がりを持っている。体の生命維持機能はトータルシステムとして、働いているのだから、「木を見て森を見ない」検量の狭さがあっては解決しない。

次にバランスを崩さないようにすることである。漢方では体のバランスの崩れ、それが病気だと言っている。例えばストレスを感じると、自律神経の交感神経が昂進して、体調を崩してしまう。逆にもう一つの副交感神経が昂進する状態の時も、これもまた好ましくない、この二つの神経が拮抗して、バランスを保っているときが健全な姿なのである。

精神状態ばかりでなく、筋肉や骨格のバランス、体液の酸性とアルカリ性のバランス、摂取する栄養素のバランスなど重要な要素はいくつもあるから、すべて配慮する必要がある。

(4)原則その4・・・自然の理に適っている事。

人間は何千何万年の間、自然界の中で生き抜いてきた関係から、厳しい自然環境に適応して、体が作られている。いくら文明や科学が発達したとはいえ、自然界の摂理からかい離したことを続ければ、必ず体の摂理も狂ってしまうのである。

農耕民族で温帯地方に住み、米を主食にして、野菜や魚を常食して作られた身土不二の体質がある。にも拘らず、戦後の高脂肪、高蛋白の肉や乳製品を中心とした高カロリーの欧米食は日本人の体質に合わないから、ガンをはじめ生活習慣病やアレルギー疾患を発生させて、いまだ留まる気配はない。

もうひとつ大事なことは、自然界の野生の四足の哺乳動物と人間の大きな違いは、何かといえば、人間は衣服を着ている、火食している、運動不足である、自然界にない化学加工の食品を食している、精製されたり、エキス化されたものを食べている、化学加工の汚染物質を体に取り込んでいる、保健治療薬を飲んでいる、二本足で歩くなどである。これ等はみな本来体に備わっている生命維持機能や摂理を狂わすものばかりである。

これ等の中でも自然の理に適うためには、「生きたものは生きたものに養われる」というのが生物界の大原則である。火食ばかりでなく、火を通さない生の食物と生水を摂取しないと生命力の衰えが早いのである。

(5) 原則その5・・・重点的で、効率を考えること

あれが良い、これが良いと振り回されないためには、それが上述した四つの原則に照らすと、どういう位置づけにあるのか、更に体に及ぼす効果が高いのか、低いのかという事を見極めることが必要である。些末なことをいくら続けていても、ピント外れのことをいくら続けていても労多くして効果なしでは、救われない。逆に健康を害することになることもある。

重点的にやれ!と言われても、健康法に関する知識を持たない人は困惑するだけだと思う。

「無知は死を招く」という言葉がある。冒頭で書いたように、長寿を全うするために最低限の健康知識を持っていないと、生き延びられない時代であるという事を認識してほしい。

こういう類の人たちは、何かあれば医者へ行けばよいの一点張りである。無知だから医者に治してもらう病気と、自分で治す病気があることを知らない。選択肢がないのは無策に等しい。

(6)原則その6・・・悪事は良事を駆逐すること

いくら体に良いことを毎日せっせと実行していても、一方では体に悪いことを平気でやっている人が多い。例えば酒、たばこ、甘いもの、肉食、食品添加物、大食、運動不足、肥満、便秘、ストレスなどを止めたり、解消しない限り、これら悪しき事に足を引っ張られて、せっかくの良い事も生かされず、健康にはなれないことを肝に銘じてほしい。

4、まとめ

(1)何が必要かを知ろうとしない、全体を見渡せてない、気づきの精神がない、軌道
修正ができないような人達は、まず健康に立ち向かうスタンスから見直すことが
必要なのである。

(2)自然界で生かされている事に感謝する気持ちを持つ。命を繋いでくれる食べ物は
何かを知り、ひと時の口福に酔いしれ、体を苛めるような傲慢な姿勢を改めない
と健幸はない。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

夢道場

NPO法人健康を考えるつどいが運営する健康会館で太極拳を教えておられる谷澤 信子先生の記事が、読売 ”さぬきネット” に載ったのでその記事をご紹介。

「地域のお年寄りが気軽に出かけられる場所をつくりたい」との想いで、高松市の谷澤 信子さんが坂出市川津町の実家の納屋を利用して憩いのスペース『夢道場』を開設した。

「健康」、「癒やし」をキーワードに体操教室、娯楽などの活動の場を提供している。・・・アト略

利用料は基本的にお茶代として300円

問合せは谷澤さんまで・・・☎  090-1577-7355


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 健康情報誌, 西式健康法, スクール | コメントをどうぞ

”写真で綴る” 自彊術を創り育てた人達

金沢市にお住いの豊岡 倫郎氏の著書『写真で綴る自彊術を創り育てた人達』をご紹介する。

発行は”ヘルシーライフ研究所 豊岡 倫郎”
〒921-8151 石川県金沢市窪2丁目82番地
TEL/FAX:076-241-4998

自彊術の創始者・中井 房五郎氏は明治12年2月香川県坂出市高屋町に生まれ、昭和6年10月53歳にて逝去された人物。

現在53,000人もの会員がいる公益社団法人自彊術普及会だが、創始者の地元でこの健康体操を知る人は殆どいない。

自彊術は、治療法が土台になっているという点において、ただの体操ではないところに大きな特徴があり、この健身術を創った中井房五郎は天才手技療法士でした。

発表されたのは、1916年(大正5年)で、彼は医療制度が未だ不充分であった時代に、現在の按摩、指圧、整体、カイロプラクティック、マッサージ等をミックスした数百種に及ぶ手技療法で難病を治したと言われる伝説的存在の人でした。

その治療法に代わるべきものとして、氏により案出された31の体の動かし方が「自彊術体操」。

この偉人を紹介しようと、自彊術を長年実践されている豊岡氏が自ら書かれた著書を送ってくれました。
ありがとうございました。

現在、NPO法人健康を考えるつどいが運営する健康会館のスクールメニューにも自彊術があり、倉敷の佐野 典子先生(奥伝)と高松の山本先生が指導に当たられている。


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 健康情報誌, 西式健康法, お知らせ, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

健康新聞

東京都中野区で渡辺医院を開業している院長・渡辺 完爾先生が年4回発行する季刊誌をご紹介。

渡辺先生は父上の代から主として西医学に基づく治療を行う医師。

西医学とは、昭和2年(1927年)に西勝造先生が公表された「西式健康法」を基礎とする。

その西式健康法を「健康新聞」で紹介している。

↓ 平成29年8月4日発行・第523号 表紙


■ 発行:年4回
■ 定価:1部300円、年額1,000円(送料共)
■ 問合せ:電話=03-3362-9171、Fax=03-3362-9173


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第128号のご紹介。

健康への道しるべ 第128号のご紹介。

平成29年08月25日発行。


昭和2年に西勝造先生が公表された『西式健康法 』 が、90周年を迎えた。

その遺訓が紹介されている。

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, 柿茶文庫, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

夏期合宿講演会

夏期合宿中、東京都中野区で開業されている渡辺医院院長・渡辺 完爾先生による健康講演会を毎回開催する。

この日の演題は『動脈硬化の改善方法』

 

動脈硬化予防の第一歩は、

1、脂肪を摂りすぎない。

2、糖分を摂りすぎない。

3、蛋白質も摂りすぎには注意。

4、野菜をよく摂取する。

5、腸内細菌を整える。

Img_5712_2

動脈硬化の改善方法は、

1、朝抜きの二食、間食なし。

2、生野菜+おかず+ご飯+みそ汁。

3、タンパク質は体重1Kg当たり1gを目安。

4、水分は一日2リットル(生水1ℓ+柿茶1ℓ)飲用。

5、西式健康法・六大法則の実行。

6、裸療法・温冷浴の実行。

7、芥子湿布。

8、断食療法(浣腸・スイマグ)

Img_5713

↓ 西式・六大法則とは

Img_5714

合宿中の食事を講演会に来た人にも体験してもらった。

↑ 左上=お豆腐+ネギ、右上=しらす+梅干し

真ん中=玄米粥

左下=生食、右下=玄米おにぎり

玄米は満腹感もあり、意外に腹持ちが良くお腹がすかない。


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

第10回「健康を求めて」夏期合宿はじまる。

今年で10回目となる夏期健康合宿が8月18日(金)より始まった。

副題は『一年に一回、身体の大掃除をしてみませんか』。

今年の参加者は4名、例年より少ないが西式健康法の良さを知ってもらうには良い機会。

↓ 夕食を食べながらの自己紹介兼オリエンテーション

北海道や神奈川県からの常連さんも参加して頂き、合宿スタート。

私もこの機会に少食で身体のの大掃除をやってみよう。


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康へのトビラ Vol.12

NPO法人健康を考えるつどいが発行する機関誌 ”健康へのトビラ”  第12号” を発刊しました。

■ 健康講演会の話題は、金沢市の村田 敏明氏による『介護老人にならない! 法』

■ 8月18日からの夏期合宿の案内


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶文庫 | タグ: , | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生) Ⅹ

北川先生 第10回(最終回)

子供にも生活習慣病が発生しているのではないかと考えた先生は、学校での血液検査データを調べはじめた。

すると香川県三木中学校の校医、松原先生が自費で子供の血液検査をしていると聞く。

松原先生に話を聞き、子供にも検査結果の異常が多と知った北川先生は、県や市町に血液検査の実施を要請し、小中学生から生活習慣病の予防対策の重要性を説いた。

10

『香川の誇るべき生活習慣病対策』を全国に広める事、これが戦前・戦中・戦後の

食を国内外で見つめてきた私の夢であり、目標だ。まだまだ頑張っていきたい。

と、締めくくっている。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶® | タグ: , | コメントをどうぞ

腸もれは万病の元

腸漏れは万病の元 2017-7-13 豊岡倫郎 氏

1.あなたの体の不調は腸もれかも

順天堂大学の研究者の調査で、健康な50人の内2人の血液中から生きた腸内細菌が見つかったという。別の研究所では糖尿病患者50人の内14人の血液中から生きた腸内細菌が発見されたという報告もある。今までの医学常識では考えられなかったことが現実に起こっている。

2.腸内細菌とは

腸内細菌とは、私たちの腸に住む共生菌で,腸内には約200種100兆個の多種多様な細菌が住み着いていて、その全体像はまるでお花畑のように美しいことから「腸内フローラ」と呼ばれる。その中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいて、それらが良いバランスを保っていることが健康上重要だと言われている。

3.「腸もれ」とはとういうことか

腸に穴が開いている人が増えている。穴といっても小さな目に見えないほどの穴で、具体的には、腸の細胞と細胞の間にできてしまう隙間のことで、そこから細菌や未消化の栄養素、毒素、腐敗ガス、微生物、病原体などが腸壁から血液の中へ入って行き、体をめぐる。

腸に穴が開くこのトラブルは、欧米では「リーキー・ガット・シンドローム」と呼ばれている。リーキー(Leaky)はもれる、ガット(Gut)は腸、という意味で、直訳すれば、「腸もれ症候群」となる。いま欧米では「多くの重大な病気につながる可能性がある」と注目されている。しかしまだ日本では医療従事者でも名前を聞いたことがないというのが現状である。

.隠れ病は「腸もれ」を疑え!
藤田紘一郎著 2017年6月発売。著者は1939年生まれ、現在は東京医科歯科大学
名誉教授。腸にかんする多くの著書がある。今回はこの本を中心にして説明する。
下はこの本の表紙。


4.どうして腸もれが発生するのか

腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌の組成は日頃の食べ物によって決ま  る。即ち高脂肪、高たんぱく、低食物繊維高糖質の食事は悪玉菌を増やす。  また質ばかりでなく、過食によって消化不良、宿便の停滞、便秘などは腸内  フローラが貧弱化してしまい、腸粘膜の再生がうまくゆかず、腸壁が薄くなり、  細胞間の連結が緩み、穴が開きやすくなる。当然糜爛や炎症も起きる。

5.腸内細菌の減少とバランス

腸もれには、上述したような食事の乱れで、善玉菌が減り、悪玉菌が増えれば、細菌バランスが崩れて、本来の腸の機能であるところの、病原菌の排除、消化を助ける、ビタミンを合成する、セロトニンやドーパミンの前駆体を作り、脳に送ること、免疫力を高めることなどが低下してまう。

6.. 腸もれが招く慢性炎症とは

腸もれによって、細菌や未消化の栄養素、毒素、腐敗ガス、微生物、病原体などが腸壁から血液の中へ入って行き、体をめぐると、体のいたるところで、炎症が発生する。その炎症も自覚症状がないくらいの弱いものであるが、慢性的に続くという。それも人それぞれによって、多種多様である。これがここ数年前から話題となっている「慢性炎症」という症状である。

7.慢性炎症が及ぼす数々の病気

■CRP値の上昇: C―リアクティブ・プロテインの略で、体内で炎症が起きていると、
このCRPというタンパク質が増える。長寿者はこの値が低いということで有名 になっ
た 指標である。0.3mg/dl以下が基準値である。

■糖尿病のひとには腸もれが多い。大食し、血中の糖分が高いと腸内環境が     良い筈が
ない。
■ がんの原因にはこの腸もれによる炎症と免疫力低下が関与している。
■脳卒中、心筋梗塞:血管内の炎症が脂肪を溜め、過酸化脂質に変え、動脈硬化を
誘引する。
■肥満の人はデブ菌が多いため肥満を招く。
■自閉症 : 一歳児ころの抗生物質の投与があると腸内細菌の組成が変わって、影響が
続く。
■認知症:血中の異物処理のための顆粒球の活躍が活性酸素を発生させ、脳細胞が萎縮。

■うつ病: セロトニンの90%は腸で産生し、存在し脳へ行く。それが欠乏している
状態。

■感染症: 腸のバリア機能が低下し、病原菌の排除能力が弱る。

■各種アレルギー :本来腸壁を通過しない異物が血流にのって体内に入ることで、体内
の自己    免疫システムを狂わせて、いろいろなアレルギー反応が発生する。この問題
に ついては前回説明したように、故甲田光雄博士は腸麻痺、糜爛、キズが    アレル
ギーの元凶と言っている。

8.腸もれを防ぐには

日頃の高脂肪、高たんぱく、低食物繊維、高糖質の食事が腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを悪い方向に向かわせることは説明したが、では具体的に健全な腸粘膜や有用な腸内細菌を育てるにはどうしたらよいか。それは

  • 腸内細菌が短鎖脂肪酸を作っている。この短鎖脂肪酸は腸壁の上皮細胞の   エネルギー源となっている。上皮細胞は腸壁を保護する粘液を分泌したり、   水分や栄養素を吸収したりする重要な働きをしている。そこで先ずは腸内細菌   を活性化させるために、食物繊維やオリゴ糖を摂ることが、最終的に健全な   腸粘膜を作り、腸もれを防ぐことにつながる。短鎖脂肪酸とは、酢酸、酪酸、   プロピオン酸などの有機脂肪酸の総称で、この短鎖脂肪酸には免疫細胞の一種   である制御性T細胞の成長を助ける働きがあり、抗炎症作用効果を発揮する。
  • 食品添加物を摂らない。現在日本で使用されている食品添加物は450品目以上あり、例えば保存料、甘味料、着色料、発色剤,香料、安定剤、増粘剤などで、大半が原料は石油を使って、工場で大量生産されている。これら食品添加物からなる加工食品は50年以上前には我々が口にしたこともない未知のものであり、腸内細菌のエサになるどころか、保存料に至っては、有用な腸内細菌の繁殖を阻害する。市場に溢れている腐らない加工食品を食べてはいけない。
  • 白い主食や砂糖は腸を疲れさせる。白米、小麦粉、砂糖、人工甘味料などは白く精製されているものは、糖質の塊といえる。糖質とは炭水化物から食物繊維を差し引いたものをいう。腸のエネルギー源は短鎖脂肪酸であって、糖質ではない。糖質の過度の摂取は、腸は自分のエサにもならないものの為に、せっせと働かざるを得ない状況に追い込まれ、疲れ果ててしまうことになる。
  • 大量の糖質が体内に入り込むことは異常事態として活性酸素を発生させる。他にも食品添加物も、お酒も、過労も、太陽光も、電磁波も、ストレスも、宿便や便秘も、過食もみな活性酸素を発生させる。活性酸素は遺伝子を傷つけるし、細胞に炎症を起こさせるし、脂肪分を過酸化脂質に変えて、体内いたるところで,気管や組織の退化が始まる。活性酸素の発生をさせない生活を心がける。
  • 抗生物質の薬は、その強い殺傷力は合成保存料などの比ではないくらい強くて、腸内細菌を弱体化させる。

9.腸の穴をふさぐための食事とは

  • 水溶性の食物繊維を摂る。腸内細菌の格好のエサとなる。ビタミン類、アミノ酸、短鎖脂肪酸などの栄養素を合成してくれる。 品目では、昆布やわかめなどの海藻類、豆類、ゴボウ、サトイモ、ニンジンなど根菜類、ニンニク、梅干しなど。また納豆、メカブ、山芋、オクラ、モロヘイアのネバネバ食品。水溶性の食物繊維を食べていると腸内細菌は水素を発生させてくれる。水素は活性酸素の害を消してくれる。
  • 不溶性の食物繊維の摂取も必要である。繊維質が水分を含んで膨張し、腸内の脂分など不要物をからめ取ってくれるし、蠕動運動を盛んにして、腸の働きが良くなる。いま大腸がんが多いのは、高脂肪、高たんぱくの過食で、腐敗物質や腐敗ガスが腸に停滞して、炎症を起こしたり、腸もれで体内に流入して、乳がんにも関係しているというから怖い話である。品目には、玄米、豆類、イモ類、キノコ類、切り干し大根、おからなどの食品。納豆やゴホウなどは水溶性と不溶性繊維の両方を含んでいるので、一石二鳥である。水溶性と不溶性繊維の比率は1対2が理想的という。1日に必要な食物繊維の摂取量は約20グラムである。
  • 日本の伝統の発酵食品の味噌や漬物類を摂る。乳酸菌、酵母菌、麹菌などがたっぷり含まれているから、善玉菌の格好のエサとなる。
  • オリゴ糖の含まれた食品を摂る。オリゴ糖は熱や酸に強く、胃酸や消化酵素によっても分解されず、腸まで届き、善玉菌を増やしてくれる。 品目としては大豆製品の豆腐や納豆、ゴボウ、玉ねぎを摂る。
  • 酢を料理に使う。酢の成分である酢酸は短鎖脂肪酸の一種であるが、腸内細菌の 活動力を高めて、善玉菌を増やしてくれる。酢を使った酢タマゴハチミツ、酢キャベツ、酢タマネキ、酢大豆などはよくその効能を宣伝しているが、血圧が下がったとか、カルシュウムの吸収を良くして、骨粗しょう症に良いとか、疲れをとるとかいろいろあるようだ。 食物繊維プラス酢が効果を倍増してくれるという。しかし酢は毎日すこしづつ摂るとよい
  • 小腸の粘膜のエネルギー源は短鎖脂肪酸のほかにグルタミン酸がある。良質のグルタミン酸が含まれている食品は、昆布などの海藻類、白菜、緑茶、イワシ、トマトなどである。納豆にもポリグルタミン酸の形で含まれているのでお薦めである。
  • フィトケミカルの食品を摂る。含まれている食品は太陽の光をいっぱい浴びて育った野菜類で、生でも、ことこと煮て、スープと一緒に摂っても良い。できれば皮や茎も一緒に摂る。腸の粘膜や体内の細胞を荒らす活性酸素の害を消してくれる抗酸化力を持っている。 ポリフェノール、リコピン、アントシアニン、イソフラボン、β―グルカンなどの言葉をよく耳にしていると思いますが、これらが含まれている食品を摂って、抗酸化作用を高め、免疫力を強化する。赤ワイン、トマト、ブルーベリー、緑茶、キノコ類などいろいろある。
  • 炎症を抑える油を摂る。食用油には大きく分けて、三種類ある。正式には油は脂肪酸というが、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸がある。 オメガ3脂肪酸は細胞膜を柔軟にし、炎症を抑える働きがある。オメガ6脂肪酸は細胞膜を固く丈夫にするとともに、炎症をうながす働きがある。この両者をバランスよく摂取することで、柔軟性と強さを併せ持つ、病気にも、炎症にも強い細胞膜を作れるのである。その比率は1対4が良いと言われている。 オメガ3脂肪酸の油とは、アマニ油、エゴマ油、DHAやEPAの成分を含むイワシ、アジ、サバなどの青魚類もこれに含まれる。非常に酸化しやすく、加熱しないで、生で撮るのが望ましい。酸化した油は体内に入ると活性酸素を発生させるから要注意。 オメガ6脂肪酸はサラダ油、大豆油、ごま油など。体の構造に欠かせない必須脂肪酸といわれていて、体内で合成できない油である。比較的酸化しにくいので、一般の天ぷら、フライ、インスタント食品、菓子類、マヨネーズ、ドレッシングなどに使われている。現代人はこの油を摂りすぎていて、万病を招いているといわれる位である。 オメガ9脂肪酸は加熱処理しても酸化しにくいのが特徴で、キャノーラ油(菜種油)、米油、ごま油などがある。ごま油はオメガ6と9の両方の成分を併せ持つ、なおオリーブオイルはオメガ9が8割で、残りはオメガ6を含んでいる。ただしオリーブオイルにはポリフェノール、ビタミンEが含まれていて、腸を温めてくれる効果や腸粘膜の新陳代謝を良くする効果、免疫細胞の活動力を高める働きもある。小腸から吸収されずに大腸まで行くため、腸壁を滑りやすくして、便通を良くする効果もある。

10..腸もれ予防法の決め手はなにか

現代人の七割の人は腸もれを起こしているという報告もある。なぜこんなに多いのか、一言でいえば文明病である。高脂肪、高たんぱく、低食物繊維、高糖質の食事、また質ばかりでなく、過食、過飲、砂糖などで消化不良、宿便の停滞、便秘になり、また過労、睡眠不足、ストレス、運動不足、食品添加物、農薬、排気ガス、電磁波など悪化していく環境改善には・・・。

  • 大食しない、酒の過飲しない、甘いものは控える、高脂肪、高たんぱくの   食事は控える。
  • 上述したように活性酸素の発生を極力抑え、一方抗酸化食品を摂る。
  • 腸は非常に神経過敏につき、ゆったりと心の安寧を心がけた生活を送ること   が大事である。
  • 胃腸の弱い人には自彊術のような家で手軽に行える健康体操は必須条件である。

11..まとめ

1)こうして見てくると、日本の伝統食がお薦めであるが、加えて生野菜 ジュースも
必要。甘いお菓子類が如何に腸に悪いかを知らない人が多い。止めない限り腸は
良くならない。

2)腸内細菌が活性化する最適温度は37度である。冷たいジュース、ビール は極力
控える。

3)アレルギー疾患の治療には腸もれの解消が先決である。遅延型アレルギーがあり、
アレルギー食品を食べてから24時間位経過して発症する為、医者も誤診するケース
が多い。倦怠感、めまい、口内炎、うつ症状、吐き気、目の渇き、肌荒れ、過敏性
大腸炎など起きる。

4)腸漏れがない大便とは水分60%、腸内細菌の死骸20%、粘膜細胞の死骸15%、
食べカス5%である。量はバナナ3本分、色は黄褐色、匂いはかすか、ゆっくり水に
沈むもの。

5)「腹も身の内」という言葉がある。自分の身内を苛めていては自滅して しまう。
そして食を制する者は腸を制し、更に万病を制するという事 だろうか。

おわり


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, 柿茶文庫, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

第14回健康を求めて in ユープラザうたづ

■ 日時:2017年10月22日(日) 12:00~16:00

■ 場所:ユープラザうたづ  香川県綾歌郡宇多津町浜六番丁88番地

■ 演題:

①薬に頼らず糖尿病を治す方法 講師:渡邊 昌 先生

②大学ダイエット講義~無理しない・頑張らない・それでも確実に痩せる

講師:漆原 光徳 先生

■ 参加費:前売り 1,000円、当日 1,500円

■ 主催:NPO法人健康を考えるつどい


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生) Ⅵ

北川先生 第6 回

外国産果実の輸入自由化問題に直面し、国産果実の強みを説いた話や、苺の「ラクチン栽培」の開発、私生活では奥様と一緒に社交ダンスのレッスンを受け、今も続けておられる話など・・・。

 

 

 


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ, お仲間さん, 未分類 | タグ: , | コメントをどうぞ

三保通信

静岡市にある三保製薬研究所が発行する機関誌のご紹介。

三保製薬の主な商品は「生まれは海、育ちは自然の医薬品」の下剤”スイマグ・エース”や携帯用細粒タイプのマリンマグ・エースです。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

2017年 第7回鎮守の杜のコンサート

この日は横津町にある幸神神社(八坂神社)の夏祭り。

その祭りに合わせ、NPO法人健康を考えるつどいが、毎年「鎮守の杜のコンサート」と銘打って音楽会を開催している。

梅雨明けが近い頃ともあって、当日、雨が降るか降らぬかの判断は最重要課題となる。

雨の心配がなければ神社の前で、降りそうだと坂出健康会館の中で行う。

この日も微妙な判断が必要となった。朝から晴れて、これは境内でやれる・・・と思った。

だが、午後から雲行きが怪しくなった。怪しい時は屋内でやろうと決める。

案の定、開始時刻前に雷がゴロゴロ鳴り始め、バケツをひっくり返したような雨が降り出した。

会館の中でと決めたのは大正解。

↓ 青木  精一 氏のサックスと中 泰子 氏の歌のコラボ


生の音楽は、いつ聞いても最高!


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生)Ⅰ

四国新聞の連載記事「メッセージ~香川のリーダーたち~」
当NPO法人健康を考えるつどいの理事でもある香川短期大学名誉学長・北川 博敏 先生の連載が始まった。

第1回は2017年7月11日、『母は私にとって父でもあった』のサブタイトルで掲載された。

北川先生の生い立ちから始まり、先生の功績が分かる連載となるであろう明日からの新聞が楽しみである。


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

夏期健康講演会のご案内

■ 日 時:2017年8月20日(日)13:00~15:00

■ 講 師:渡辺病院医院長 渡辺 完爾先生

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■ 問い合わせ:NPO法人健康を考えるつどい 電話:0877-45-8441、

FAX:0877-45-8444


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

第10回健康を求めて 夏期健康合宿のご案内

■ 日 時:2017年8月18日(金)~22日(火)4泊5日

■ 場 所:坂出健康  香川県坂出市江尻町1220番地

TEL:0877-45-8441、FAX:0877-45-8444

■ 募集人員:15名くらいまで

■ 参加費:NPO会員 38,000円、会員外 45,000円

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■ 申 込:電話又はFAX


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

村田さん講演会

2017年6月25日(日)10:00より金沢市在住の村田 敏明氏による講演会が坂出健康会館にて行われた。

演題は『介護老人にならない!法 』

~ 10歳若返る、いきいき人生・寝たきりにならない!より良き未来のための、薬に頼らない健康術 ~ 

百まで歩ける足の作り方、夜トイレに起きない方法 教えます。

村田さんは御年82歳、若い時から西式健康法の実践者。

講演会では力強い口調で、分かり易く解説して頂いた。

↓ 参加者の皆さまも熱心に聞かれていた。

お昼は希望者に、玄米+豆腐+野菜ジュースのダイエット食を体験してもらい、

午後から村田氏による西式健康法の実技指導も行われ、成功裡に講演会は終了した。

 

 


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第127号のご案内

健康への道しるべ 第127号 心と体の健康生活 平成29年6月25日発行

 


『 闘病奮闘記 』By  安曇野市在住 百瀬 稔 氏
・・・から一部抜粋

え~ 大腸ガンから一年、元気です!

昨年3月、地元の赤十字病院ドックで貧血と便潜血の指摘を受けた。その前も便潜血が+であり、主治医は様子を見るとの事だったが、心配だったので大腸カメラをすると

・・・アト略

その他記事に「手相でわかる病気と運勢 その1」等など。

 

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

プレスリリース

「柿茶」の生化学研究所、香川県産の柿の葉の収穫を開始。

耕作放棄された果樹園を再生して地元農家を支援、柿の葉をお茶の原料に活用します。

柿の葉を原料とするお茶「柿茶」を製造・販売する生化学研究所(本社/東京都千代田区・事業所/坂出市江尻町1220・社長/井上信忠)は、今年から、香川県産の富有柿(ふゆがき)の葉を「柿茶」の原料として使用することになり、7月3日(月)と4日(火)の二日間、坂出市府中町2649にある約1000坪の果樹園において、約150本分の柿の葉(約1トン)を収穫します。

■坂出市で初めて、柿の葉茶用の原料葉を収穫

昨年、耕作放棄地となっていた柿の果樹園を借り受け柿の葉を収穫し、お茶に加工するうえで品質的に問題がなかったため今年から正式に原料として収穫することになりました。近年は徳島県つるぎ町の契約農家の柿の葉のみを原料としていましたが、柿茶の増産が必要になり、本格的に県内で柿の葉を収穫することになりました。

 

 

 

■今年収穫して製品化は2020年以降

収穫には、徳島県の契約農家の方(収穫方法の指導役)と、地元坂出市の農家の方、生化学研究所のスタッフ合計約15名が参加します。収穫作業は午前5時ごろから始め、午後2時ごろまで行う予定です。

収穫した柿の葉はその日に当社坂出工場において乾燥、サイロに貯蔵し熟成させてから、3年後以降にようやく「柿茶」として製品化されます。

■荒れていく柿の果樹園を再生、地元農家の雇用創出も

柿の産地は、県内では財田町や塩江町が有名ですが、富有柿は県下全域で生産されています。近年になり柿の収穫が減り、耕作放棄地が増加してきました。山間部だけでなく、坂出市周辺でも柿の果樹園が放置されるようになったため、昨年、香川県農地機構の仲介によって当社が果樹園を10年間借り受け、柿茶の原料茶葉として柿の葉を収穫することになりました。今後は、草刈りや管理、収穫などの作業を地元農家に委託するなど雇用の創出にもつとめ、県産の「柿茶」をブランド化して地域貢献していきたいと考えております。

■柿の葉茶の栄養成分について

柿の葉には、葉酸・カルシウム・鉄分・亜鉛・ビタミンA E C K・タンパク質などの栄養素や、ポリフェノール(カテキン)などが含まれ、「柿の葉のお茶」は健康的なお茶としてテレビなどでも話題になりました。当社の「柿茶」は、農薬不使用・ノンカフェイン・放射能検査済みでどんな人にも安心して飲んでいただけます。

柿茶は(有) 生化学研究所の登録商標です。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

薬の副作用は怖い

薬の副作用は怖い    2017-6-15 豊岡倫郎

1、年々増加する国の医療費

厚生労働省が公表した2015年度の医療費は41.5兆円となり、前年比3.8%増えた。その内調剤医療費が5兆9783億円で、前年比11.3%増で、そのなかのトップが血圧降下剤で、4953億円、次が抗ウイルス剤の4139億円と続く。

2、薬に依存する日本人

今は高齢化社会で、お年寄りは体のあちこちに不具合が起きて、医者へ行くと、不具合の数に応じて、どっさりと薬袋をもらい、それらの薬を服用しても、長引くばかりで、医療費ばかりが嵩んでゆくのが実態である。更に問題なのは、何種類もの薬を長期に亘って飲んでいると、その副作用で、別の病に侵されて、命を縮めかねないのである。これを医原病と呼んでいる。 東京大学大学院医学系研究科教授の秋下雅弘氏の著書「薬は5種類まで、中高年の 賢い薬の飲み方」という本が話題になっている。多種の薬を飲むことを戒めている。

3.今必要なのは薬に関する正しい知識

いま生活習慣病を患っている人が激増している。例えば糖尿病は予備軍を入れて、2210万人、高血圧症4000万人、脂質異常症3200万人、これが三大生活習慣病である。何故こんなに患者数が多いのか、答えは簡単である。症状を緩和させても、これ等の病気を完治させる薬がないから、一生飲み続ける羽目に陥るのである。
そこで問題なのは、これらの人たちが服用している薬の副作用がないのだろうかということである。昨年秋に大橋巨泉さんが亡くなったのを契機として、医療問題が話題となり、マスコミがこの件に関して、詳しく日本の医療事情の特集記事を発表し始めた。週刊現代が以下の記事を掲載した。上述の三大生活習慣病に関する薬の副作用のことである。
■コレステロールを下げるスタチン剤についての記事1■総コレステロールの基準値とは
日本動脈硬化学会が定める基準値は、総コレステロール値が220以上は、高コレステロール血症という。しかしこれには多くの異論があり、次ページ右上のグラフを見ると、判るように低い方が死亡率が高いのである。コレステロールを下げる薬として広く使用されているのがスタチン剤であるが、急性で横紋筋融解症という命にかかわる病気がある。この病気に罹り、命がけの闘病生活と医療告訴を行ったのが、福田 実氏の著書「私は薬に殺される」である。これを読むと、薬に対する知識を持たずに、医者の薬を何の疑いも無く、飲み続けることの怖さをしみじみと感じさせるのである。
長尾クリニックの長尾和宏院長によると、急激な横紋筋融解症でなくても、徐々 に筋肉が低下していったり、筋肉痛になったり、肝機能が低下したり、酵素の働きを低下させるため、免疫力低下、ガンや認知症のリスクも高まるという。

■もうひとつ、コレステロール値と死亡率の関係について、日本動脈硬化学会と日本脂質栄養学会、良識派医師との間で論争があり、疑わしい病人を調査対象から除外したりして、作成されたのが、左下の表である。自治医科大学が発表したもので、160~200mg/dlの範囲の人を1として、200~240mg/dlの範囲にあっても、死亡率が低いことが見て取れる。特に女性の場合は、240mg/dl以上でも死亡率が低いのである。逆に160mg/dl未満の低コレステロールの人が死亡率が高いことが分かった。下の表は週刊現代に掲載されていたコレステロール値と死亡率の関係グラフである。


■下の表は主な高血圧症の薬に関する誤解という名で週刊現代に掲載されたものである。殆どの患者たちはこれらの薬を長期間服用しているから、副作用には留意が必要である。そもそもいまだに高血圧の基準値に関する論争は続いていて、70歳を過ぎた人の場合は上の値が140近くでも異常値ではないという意見が多い。

■下の表は糖尿病の薬に関する週刊現代の記事である。昔インシュリンが開発された当初は、 これでもう糖尿病の患者は無くなると 言われたものだった。しかし患者が 2,220万人もいる現実の姿に、何を思うかである。

4.無知は死を招く

今回この記事を書くに当たり、前述した本以外に参考にした本は次の通りである。

  • 田村豊幸著  「薬の副作用にやられないための本」
  • 岡田正彦著 「薬なしで生きる」
  • 丹羽靭負著            「クスリで病気は治らない」
  • 近藤 誠著  「クスリに殺されない47の心得」
  • 船瀬俊介著  「医療大崩壊、もうクスリはのめない、医者には行けない」
  • 安保 徹著 「薬をやめると病気は治る」

    また下に掲げた表紙の本は現代医学の医者や薬剤師の方々の「良心の叫び」である。正に薬はリスクである。

3. 薬から離脱するには

いわゆる生活習慣病は長年の間違った生活習慣によって、育まれてきた病気であるから、そう簡単に医者の一服のさじ加減で快癒するものではないことは、皆さんは百も承知している筈。その内、今度は薬の副作用によって、本来の病気以外の、本人も予想だにしなかった病気に罹り、死を早めるケースも多いのである。そもそも生活習慣病の薬というのは、症状を解消する対症療法である。血圧の降圧剤しかり、糖尿病の薬しかり、コレステロール降下剤しかりである。これ等の病気を招いた原因は、過食、酒の過飲、甘い糖分の摂りすぎ、肉類の過食、運動不足、ストレス、過労などに起因するものであるから、これらの原因を先ず解消する対策を採るのが本筋である。薬の服用者は自分の心の中の理不尽さに気づかないとは、どうしたことか。

4.薬に関するワンポイントアドバイス

  • 薬は体にとっては本来異物であり、毒であること。
  • 長く服用を続けると、耐性が出きて、だんだん効かなくなる。
  • 一般に薬は自律神経の交感神経を昂進させるから、免疫力の低下など諸病につながる。
  • 漢方薬といえども副作用があること。よく便秘症の人が、センナやアロエを飲んでいるが、民間薬でも、副作用がある。
  • 今自分が飲んでいる薬が、体に入るとどんな働きをするのか、副作用は何かを調べて、納得した上で服用すべきで、医者の言葉を鵜呑みして、悪いようにはしない筈と、過信してはいけない。今は情報化社会で、インターネットやスマホでなんでも調べられる。
  • 薬は5種類までという本を紹介したが、別の本には3種類までと書いてあるものもある。食品添加物もそうだが、何種類も体にいっぺんに入ると、化学変化で本来体が持つ免疫力や自然治癒力、ホメオスタシス(生命恒常性維持機能)を狂わせて、生体がガタガタになる。
  • 高血圧の降圧剤で血圧が下がればよいというものではない。真の原因の動脈硬化や肥満などから、体が危機感から上げざるを得ないのに、薬で血圧だけ下げても、根治にはならない。
  • 70歳を過ぎると、体力、免疫力、酵素などの分泌量も半減するのに、働き盛りの大人と同じ用量はおかしい。
  • 勝手に薬の服用を中止すると、体に異常が出ることもあるから、必ず医者に相談してみる。

5.まとめ

1)私の持論の一つは、「悪事は良事を駆逐する」である。せっかくいろいろ健康
療法をしていても、片方で、毎晩酒を飲んでいては、治るものも治らない。

2)病気になって、反省する様子もなく、言い訳ばかりする人がいる。食べるの
が、飲むのが、好きだから止められないと。健康法において、好きだの、
嫌いだ等と、言っていては、前進はない。健康法は良いか、悪いかの基準が
大事なのである。「甘えの構造」はいけない。

3)血圧やコレステロールの基準値を設定する関係者、即ち厚生労働省、製薬
業界、医師会などの間では、基準値のレベルを厳しくすることによって、薬
の売り上げや診療費などの収入が跳ね上がるという。病人にされて、薬の
服用を迫られ、副作用で命を縮めることのないようにしたいものだ。

4)薬に関する正しい知識を身に着けて、薬漬けの生活からの脱却策をいち早く
実行する時代であることを痛感する次第である。

5) 紙面の関係で省略したが、風邪薬、胃腸薬、睡眠薬、精神安定剤、鎮痛剤
などについても、問題点が多いことを付け加えておきます。

6) 日本は狭い。本当に病気を治したければ、現代医学を習得した医者で、薬を
使わずに生活習慣病を治している医者は沢山いるから看てもらったらよい。
今回取り上げた三つの生活習慣病ほど悪い生活習慣の改善で治りやすい病気
はないのではなかろうか。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

第6回 NPO法人健康を考えるつどい 総会報告書

2017年6月3日(土)に行われた第6回NPO法人健康を考えるつどい通常総会の議事録です。

662
↓ 総会欠席者への郵送文です。

20170611105356293_0001


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

村田 敏明 先生のマンガ

村田 敏明 先生の講演会 でご案内した村田さんは健康漫画も描く多才な持ち主。

そこで、氏の書いた漫画の一例をご紹介する。
1
2
3
4


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

折り紙教室生徒募集のお知らせ

折り紙教室の体験会を6月2日に実施したところ、大勢の方々が集まってくれた。Photo_2

 

 

 

そこで、毎月第1金曜日:10:00~11:30 まで、折り紙教室を開催することになりましたのでお知らせします。

■ 日 時:毎月第一金曜日 10:00~11:30、初回は7月7日(金)

■ 場 所:坂出健康会館(坂出市江尻町1220番地  ダイレックス前)

■ 講 師:日本折り紙協会香川支部 支部長 坂本 整子 先生

Photo_3


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

NPO法人健康を考えるつどい 第6回総会報告

2017年6月3日(土)、NPO法人健康を考えるつどいの第6回通常総会が行われた。

総会は、会社で言うと株主に当たる正会員の出席を得て開催され、今回は正会員数61名の内、49名の参加(内、委任状出席39名)を得て、審議議案は無事可決承認された。6
6npo1
6npo2
6npo36npo46npo5


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

健康講演会 のご案内

介護老人にならない!法~ 10歳若返る、いきいき人生・寝たきりにならない!より良き未来のための、薬に頼らない健康術 ~ 

百まで歩ける足の作り方、夜トイレに起きない方法 教えます。

■ 日 時:2017年6月25日(日)10:00~12:00

■ 場 所:〒762-0011 坂出市江尻町1220番地 ダイレックス前

■ 講 師:村田 敏明 氏 82歳、金沢市在住、
「自然健康会」主催、百まで歩こう会推進リーダー

■ 参加費:講演会=500円、昼食(希望者)=500円(玄米,豆腐,野菜ジュース)

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■申し込み:電話 0877-45-8441、FAX 0877-45-8444Photo


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

アトピー、花粉症になる人、ならぬ人

1、増え続けるアトピー、花粉症の人達

アトピー症700万人、花粉症2,000万人。これが今の日本の現実の姿である。特に最近は大人のアトピー症の患者が増えてきた。これらの病気になる人、ならぬ人の差はなんなのだろうか、考えてみることにする。私達の子供のころはこんな病気で悩んでいる人は、クラスには一人もいなかったのに。

2、アトピー、花粉症とはどんな病気なのだろうか

そもそも人間の体には、自然治癒力とか、免疫力とか、恒常性維持機能とかが備わっていて、怪我したり、外部から異質なものが入ってきたり、感じたりすると、治したり、排除したり、働きを修正することができる。

では先ずアレルギーとは、体に何か物が入ってきたとき、それに対して体内で起きる過敏な反応であって、その反応が体にとって、有害なものであるものをいう。そういう反応の持ち主をアレルギー体質の人と呼ぶ。アレルギー体質の人の血清にはアレルギー反応を起こさせる特別に物質があり、それを免疫グロブリン、すなわち抗体という。これにはいくつかの種類があるが、ここでは通称IgEという抗体が関係するⅠ型アレルギー性疾患について述べる。

またアレルギー性疾患を引き起こさせる物質をアレルゲン、すなわち抗原と呼ぶが、これらの物質には、花粉、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、卵、牛乳、魚、大豆、化学物質、その他いろいろあり、人体の皮膚、呼吸器、食道などから体内に入ってゆく。

アレルギー反応発症のプロセスは次のとおりである。

アレルギー原因物質の抗原体内侵入 → 抗原提示細胞が抗原捕獲 → 抗原提示細胞が免役反応を起こす → Th2細胞を活性化 → インターロイキン4を産生 → B細胞にIgE抗体を作らせる → アレルギー反応発症

ただ抗原提示細胞が免役反応を起こすときに、Th2細胞を活性化だけでなく、一方ではアレルギーを抑えるTh1細胞をも活性化させるが、その働きがTh2細胞よりも弱い時に、アレルギー反応が起きるという。

3、アトピー皮膚炎発症の仕組み

一般に皮膚の弱い人がアトピーになりやすいといわれているが、皮膚表面の角質層の防御機能が低下して、皮膚に付着した微生物や皮膚の内側に入り込んだアレルゲンが、体内のマスト細胞の表面に待機しているIgEとアレルゲンが反応して、マスト細胞から炎症を引き起こす物質であるヒスタミンを放出したり、ロイコトリエンやサイトカインという物質を作り出す。その結果炎症ばかりでなく、体内のいろいろな器官や臓器に異常が発生する。

4、アトピー皮膚炎の素因

●抗原となる食べ物、ハウスダスト、ダニ、花粉などいろいろ。

●免疫力の低下

●睡眠不足

●ストレス

●不規則な生活

●偏った食事・・・肉類、野菜、タンパク質、油の多いもの、過食など。

●チョコレートや甘いお菓子、お酒、たばこなど嗜好品。

●化学製剤・・・食品添加物、医薬品、化粧品、農薬、排気ガス,煤煙、粉塵等。

●体内に活性酸素の発生

●生まれつき弱い体質

5、一般的アレルギー治療法

血液検査、食物負荷試験、皮膚検査などでアレルゲンを特定し、アレルゲン排除したり、避ける生活。

抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などはアレルギー症状を抑える。代表的な薬に、副腎皮質ホルモンのステロイド剤がある。しかしこの薬は副作用が強く、長期間の使用は問題が多いので要注意。

減感作療法によって、アレルゲンとなっている物質を確認し、徐々に免役を作り出してゆく手法。

皮膚のスキンケアの実行。清潔にしたり、保湿する。

6、少数派療法

上述した一般的な療法は主に対処療法であって、根本的な治療法はまだ確立されていないのが実情である。その証拠に患者数は減らないし、逆にどんどん増加していることが如実にそのことを証明している。そんな中で、いくつかの有力な少数派の治療法を紹介する。

12

●故甲田光雄博士による西式甲田療法(左端の本)の「アトピーの健康合宿に学ぶ」大阪大学医学部卒業。

この本で紹介されている内容は、アレルギー疾患を患っている人は、腸に宿便をためていて、腸管内に異常発酵や腐敗が続き、その為に産生された有害物やガスのため、胃腸粘膜にビランや微細なキズが出来て、その結果タンパク質が最終段階まで分解されず、分子が大きな状態で腸壁から吸収されてゆく。その結果体内では異物として、アレルゲンとなって、反応を起こすという。花粉やハウスダストも鼻やのどの粘膜から鼻汁やたんと一緒に食道に入り、腸から

体内に吸収されてゆき、反応を起こす。従ってもはやこれらアレルゲンとなりうる物質を防ぐことは不可能であるから、腸壁の炎症を治癒させて、侵入を防ぐ治療法である。長年多くの患者の治療法として実施してきた西式甲田療法によって、アトピーであれ、花粉症であれ、治療効果を上げた。具体的には甲田医院に、1995年と1997年の二度にわたり、子供たち、夫々20名、17名が入院して、現代医学の皮膚科の先生方も驚く成果を上げたのだった。その内容は「医事新報」や日本アレルギー学会総会でも報告された。

●下関市立中央病院の永田良隆著「アトピーは和食で治せ!」(写真中央の本)鹿児島大学医学部卒業。現在同病院の嘱託医。

今まで一万人以上のアトピーの患者さんを治療してきた実績から、その治療法と効果は全国的に知れ渡っている。その治療方針は、食べ物にはアレルギー反応を起こすものと、アレルギーを抑える食べ物があるということ。卵、肉類、乳製品、油を使った揚げ物類などを止めて、伝統的な和食に戻すというもの。それで思い当たることは、アトピー患者が増えてきた年代を思い起こせば、誰でも気が付くはずである。欧米食と学校給食が盛んになった時が、其の始まりだったのであることに。

●土佐清水市の土佐清水病院院長の丹羽靭負(ゆきえ)著「アトピーがぐんぐん良くなる本」(写真右端の本)京都大学医学部卒業。

知る人ぞ知る活性酸素の世界的権威で、活性酸素除去酵素(SOD)の開発者として有名。

アトピーの主因は活性酸素である主張している。活性酸素発生の要因として、上げているのは

加工食品、紫外線、放射線、医薬品、食品添加物、粉じんや排気ガス、酒、たばこ、ストレス、

便秘、過労などで活性酸素が体内に過剰となった状態で、欧米食の肉食や油を使った食事によって、体内で活性酸素によって脂肪分が過酸化脂質に変わる。するとアルデヒド基が角質層の保湿機能を破壊して、乾燥肌となり、アトピー発症につながるという。もちろん他のダニ、ハウスダスト、食品アレルゲンの関与も否定していない。

7.アトピー症の病状の変遷と複雑性

●40年前まではアトピー症といえば、乳幼児がかかる病気で、小学生になれば、自然に治ったものだ。

●ところが今は乳幼児から青少年、中年、高齢者にまで、年齢を問わず発症している。

●発症する体の部位もバラバラで、場所を選ばずという。

●症状も単純なものから紅斑,肥厚苔癬、落屑、結痂、皮疹炎症、糜爛、皮膚萎縮、結節性痒疹などいろいろある。

●よくなったり、また再発したり。高齢になって突然発症したりと、発症の誘因が複雑。

8.アトピーや花粉症になる人、ならぬ人の違いとは

前述した三冊の本やその他の資料を調べた結論として、こんな人が罹り易いと言えるだろう。

●過食や偏食で胃腸を酷使してきた。

●便秘や宿便停滞で、腸壁が糜爛している。悪玉菌で腸内環境が悪い。

●卵、肉、乳製品や油を使ったフライなどを摂りすぎ。

●生まれつき皮膚が弱い体質である。

●冷たいジュース、アイスクリームやビールなどの摂りすぎ。母親が妊娠中に冷たいものを摂りすぎると生まれる子供は罹病の確率が高い。

●生活環境面では、排気ガス、粉じん、ハウスダスト、ダニ、花粉など。および薬品、洗剤、化粧品、農薬、食品添加物、マーガリン、ショートニングの入ったパン、店屋物フライなど。

●疲労や睡眠不足、ストレス。自律神経のバランスが崩れている。副腎の働きが弱い。

●甘いジュース、お菓子類、コーヒー、チョコレート。

9.アレルギーに強い体質を作るには

前項で指摘した悪い生活態度の反対のことを行うことである。即ち

●腸をきれいにする。一日二食の少食にし、便通をよくする。糜爛のない腸壁にする。

●活性酸素の体内発生の少ない生活を心がける。過酸化脂質はいけない。

●高脂肪、高たんぱくの欧米食から和食へ。タンパク質の消化不良、腐敗は怖い。

●甘いもの、冷たいものは避ける。甘いもの、冷たいものの害は怖い。

●アレルゲンを排除する。

●規則正しい生活、疲労や睡眠不足、ストレスのない生活へ。

●全身運動となる健康体操をする。手軽に15分で出来る自彊術などがよい。

●空気のきれいな環境に住む。都会に住むの人の方が罹患率が高いのは煤煙、粉じんによる。

10.まとめ

●閾値(いきち)という言葉がある。これをアレルギー症に例えると、いろいろな悪い条件や基準値が体の制御の限界を超えて、オーバーフローすると、発症するということ。だから良くなったり、また悪くなったりするのもそのためである。現代は食生活も生活環境も人体の健康を害するものが溢れている、いつ誰がこれらアレルギー症を発症しても不思議ではない。

●こんな時代を生き抜くには、無知であってはいけない。医者の言うことを鵜呑みにしていては、医者や薬に殺されてしまう。医者に直してもらう病気と自分で治すべき病気の区別を判断できる知識を身につけなくてはいけない。健康のことをもっと知ろうと心がける人が少ないのが現状である。これでは病人は減らない。

●以前私がある有名な103歳の人のことを健康講座で話をしたことがある。するとある妙齢のご婦人がこんな感想をもらした。「世の中、平等ではないですねぇ・・・」と。このご婦人の想いは、誰でもみんな長生きできたらいいのになぁ・・」という単純な気持ちだったかもしれないが。しかし私にしてみれば、長生きする人は、努力して、健康に配慮した生活をしてきたから、長生きできたのである、病気で短命に終わる人は、平気で間違った悪い生活が原因であったことを、理解してほしいものである。

人間の体は一大化学工場に例えることができる。体に入る食べ物が悪いものであれば、作られる筋肉、血液も、血管も臓器も粗悪なものになるのは当然である。質の悪い素材がインプットされれば、アウトプットされる製品も粗悪品になることは、誰でも理解できるはずである。自然界の摂理や、生体の生理は、何人であるかを問わず、平等に体内で化学変化が起きるのである。

●毎日テレビでは、やれグルメだ、スイーツだと騒いでいる。全国どこの都市へ行っても、郊外には、焼き肉、ラーメン、お好み焼き、ファーストフード、ファミリーレストラン、回転ずし店などが立ち並んでいる。食品スーパーの店頭には、菓子パンや店屋物のフライが所狭しと並ぶ。果たしてこれ等の食品で長寿をまっとうできるだろうか。

●「内皮は外皮に通じる」という言葉がある。アトピーや花粉症は腸内の粘膜の悪化が皮膚の表面に出てきたのである。腸壁のただれを治すことがまず先決である。

おわり

2017-5-17 豊岡倫郎


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第126号 のご紹介

健康への道しるべ 第126号 心と体の健康生活 平成29年4月25日発行

20170517104351953_0001

104歳 希望にあふれる日々の暮らし ・・・から一部抜粋

静岡県湖西市に在住の佐原さんは、90歳の時、書道展の作品を見て「すごいなぁ~」と感動し、それをきっかけに90歳の手習いで書道を始めた。

それだけでも凄いのに、師範の資格を目指して益々「書」に打ち込み、とうとう昨年11月に103歳にして師範免許達成しました!・・・・アト略

発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31

Tel:054-245-8141   Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

健康講座のご紹介です・西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

【健康講座のご紹介】

西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

■【受講日】 4/13よりスタート 4月~9月 全6回の短期講座

毎月第2木曜日AM10:30~PM0:00
※5月は第3木曜日,課外授業 (4/13・5/18 ・6/8 ・7/1・8/3・9/8)

■【講師】熊代維勢子

■【受講日】全6回:11,340円 教材費:800月

■調理実習について
5月は調理施設のある会場 ヘルシングあい【名古屋西区】にておこないます。行き方等は事前にご連絡します。交通費等は実費必要

4月 西式甲田療法とは
5月 青汁、発芽玄米、玄米ご飯の炊き方(調理学習)
6月 少食(腹八分)のやり方
7月 西式健康体操
8月 柿茶と水効用
9月 自然療法の手当法

アクセス


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | コメントをどうぞ

糖尿病は万病の元 By 豊岡倫郎 (2017/4/10)

1.激増する糖尿病患者

いま糖尿病の人が890万人、糖尿病予備軍の人が1320万人いると言われている。合計すると2210万人にも上る。どうしてこんなにも増え続けているのだろうか。医学が進歩したといっても、糖尿病も治せない、動脈硬化も治せず、心臓の冠動脈にカテーテルを通して、網目状のステントを入れて、なんとか生命を維持させている実情を見るにつけ、どこかおかしい。

2.何故糖尿病患者が増え続けるのか

答えは簡単である。糖尿病を根治させる薬が今でもないからである。1921年にカナダの開業医のバンティングとベストという助手が犬のランゲルハンス島から膵臓エキスを抽出し、瀕死の14歳の糖尿病の少年に注射し、命を救ったのがインスリンというホルモンの使用の始まりだった。それはバンティング・ベストの奇跡として、永遠に名を残し、ノーベル賞を受賞したのだった。インスリンホルモンが人工的に作られるようになってからは、当時これからはもう糖尿病患者はいなくなると、言われたものだったが、どっこいその考えは甘かった。そもそも生活習慣病といわれる糖尿病にしろ、動脈硬化症による高血圧症にしろ、高コレステロール症にしろ、症状を緩和する薬は有っても、根治させて、もう治ったから、薬を飲む必要はないですと、医者から言われた人がいないことは、皆さん周知の事実である。これらの病気はみな間違った生活習慣が招いたものだという事実を容認すべきなのである。

3.糖尿病とは

糖尿病には二種類あり、Ⅰ型糖尿病は、何らかの理由で、膵臓のランゲルハンス島のベータ細胞が破壊されてしまい、全くインスリンが分泌されないために起きる病気で、自己免疫やウイルス感染が関係すると言われている。若い人に多く、日本で年間500人位発症する人がいるが、インスリン注射によって、普通の人とさほど変わらない生活をすることが出来る。

一方Ⅱ型糖尿病はおもに過食等の生活習慣が原因で、徐々に発症するもので、膵臓のインスリン分泌機能が完全にダメになったわけではないが、不足気味になったり、その働きが悪くなったために、高血糖値になるものをいう。昔から、経験的に食べ過ぎや肥満が関係していることは気付いていたが、病気の進行を止める術もなく、ゆっくり死を待つしかなかったのである。

4.糖尿病の病態とは

ここから以降は全てⅡ型糖尿病について記述する。我々が毎日の食事で摂るご飯やパン、芋などの糖類は胃腸で消化、吸収されて、ブドウ糖となるが、いったん肝臓にグリコーゲンとして貯蔵されていて、血糖値が下がってきたり、体を動かして大量にエネルギーを必要としているときに、またブドウ糖に分解されて、血液中に放出されるという万全のシステムが出来ている。

そして膵臓から分泌されたインスリンの助けを得て、血液中のブドウ糖が細胞膜を通過して、細胞内でエネルギーに転換されて、活動エネルギーの源となる。

ところが糖尿病になるような人には、次の二つの原因が考えられるのである。

その1・・・インスリンの分泌量が不足しているために、ブドウ糖が細胞内に取り込まれない。

その要因としては、長年の過食で膵臓が疲弊してしまった。或いはストレスを受けて、交感神経が亢進し、膵臓を痛めつけ弱っている。こんな状態ではインスリン不足で、いつまでも血液中にブドウ糖が溢れていることになる。

その2・・・インスリンは分泌されるが、何らかの原因で、ブドウ糖が細胞内に取り込まれず、血液中に取り残されてしまう。これをインスリンの感受性の低下とかインスリン抵抗性という。そもそも細胞膜にはブドウ糖が流れてきたら、それをキャッチして、取り込もうとするブドウ糖トランスポーターというセンサーが働く。もうひとつ細胞膜には、インスリン受容体があって、ブドウ糖をキャッチしてくれる。しかしこれらがスムースに機能してくれないと、ブドウ糖は細胞内に入れないのである。その原因としては体内に脂肪組織が増える為だという。太った人が糖尿病になるのはそのせいである。しかし明確な原因はまだつかめていない。

細胞内に取り込まれたブドウ糖はエネルギーとして使われる以外の余分なものは、体内脂肪となってしまうし、細胞内に入り込めなかったブドウ糖は尿と一緒に体外へ捨てられてしまう。

糖尿病患者の末路は、体がだんだん痩せて行くのは、ブドウ糖をエネルギーとして、体内に取り込めないからである。

5.糖尿病の診断に使われる血糖値とは

通常血液100mlあたり70~110mgの範囲で一定に保たれている。健康な人は食後でも最高値は180mg程度に抑えられていて、食後2時間も経つと、元の値に戻る。糖尿病の診断が下される血糖値は、

★朝の空腹時 正常値は100mlあたり110mg未満。糖尿病は126mg以上。糖尿病予備軍は110~125mg。

★75gのブドウ糖を飲み、2時間後の糖負荷試験の場合 正常値は140mg未満。糖尿病は200mg以上。糖尿病予備軍は140~199mg

★ヘモグロビンA1c(これは赤血球のヘモグロビンにブドウ糖の結合したものの割合をパーセントで表したもので、過去2~3カ月の平均的血糖値を知ることが出来る。)

ヘモグロビンA1c(HbA1cと表示) 正常値は4.3~5.8パーセント。この基準も時々変わる。

6.糖尿病の治療方法

1)現代医学での一般的な治療法

★食事療法・・・そもそも発症の最大の原因が食べ過ぎにあるから、糖尿病と診断されたら、病院で講習を受けて、その指導書に基づく食生活を実行することになる。総摂取カロリーやら、食品の種類、量など守らないといけない。

★運動療法・・・発症の二番目の原因が運動不足によるエネルギーの過剰とみなされている。

これも病院からの指導を受ける。

★薬物療法・・・その人の体質やその程度などを考慮して、医者が判断して決められるが、経口経血糖降下薬の主なものは、

・インスリン分泌促進薬で、膵臓に作用してインスリンの分泌を促す。

・グルコース吸収遅延薬で、小腸粘膜に作用して、糖の消化を抑制して、吸収を遅らせて、食後の高血糖値を抑える。

・インスリン抵抗性改善薬で、インスリンは分泌されていても,インスリンの効きが悪い状態を改善する。

2)医薬に頼らない治療法の数々

漢方薬によるもの、運動療法によるもの、食事療法によるもの、民間療法など幾つもあるが、

現代医学を習得した医者でありながら、独自の治療法を確立して、実績をあげている治療法

もある。その内、次の二つを紹介する。

★「糖尿病には薬は要らない」森田トミオ著、宝島社発行、著者はフリージャーナリスト。西式健康法の渡辺医院の故渡辺正博士、お茶の水クリニックの森下敬一博士、甲田医院の故甲田光雄博士の治療法など記載している。

★「糖尿病は薬なしで治せる」渡邊昌著、角川書店発行、著者は慶應義塾大学医学部客員教授。

自分自身の重度の糖尿病を薬なしで治した体験と糖尿病に関する医学情報を網羅している。

渡邊昌先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.グリセミックインデックス(GI値)とは

食品によって食後の血糖値の上がり方に差が有るから、特に糖尿病の人は、血糖値が直ぐ上がるものは最初に食べないで、後回しにするなどするとよいという考え方が有る。

白パンを食べた後の血糖値変化を100として、それに比べて各食品の血糖値の上がり方を、パーセントで表示している。確かに白米に比べて、玄米や全粒粉は相当低いし、食物繊維の多い物も値は低い。ただこの数値は2~3時間の間の測定値を基に作られていて、4~5時間後に急激に血糖値が上がる食品もあり、これにこだわり過ぎるよりも、総量を減らすことが大事。

これに関連して血糖値スパイクという事が言われだした。これは一言で言うと、食後急激に血糖値が上がるような人は、食後眠気をもよおしたり、集中力を欠いたり、糖尿病になり易いとか言われるが、これも結局食事の在り方を改善することが必要。

8.糖尿病の合併症

今では健康診断制度が普及していて、誰でも年に一度位は医者で血糖値を測ってもらえるから、自分の血糖値がどれくらいか知っている筈である。

しかし医者から警告を受けても、初期の段階では、何も体の異常を感じないから、酒は美味いし、食欲はあるし、体のどこも痛くも痒くもないから、油断してしまう。ところが体内では深く、静かに病状は進行しているのである。糖尿病は一過性の病気ではないから、深化して悪化してゆくだけである。

ではどんな症状が出るか、初期から重度の症状、合併症までをランダムに列挙すると、

  • 体が痒い、●傷の治りが遅い、●歯茎が浮いて歯周病で歯が抜ける、●首の後ろぼんのくぼに、赤い湿疹が出る、●手足が冷える、●顔の皮膚が白い粉を吹く、●のどが渇く、●頻尿になる、●尿が泡立つ、尿量が多い、●汗が香ばしく酸っぱい臭いがする、●目の網膜に眼底出血など異常が出る、●足がしびれたり、痛い、●インポになる、●腎臓から蛋白が出る、●足の神経感覚が鈍る、●体重が減ってくる、●食欲が増進する、●甘いものが食べたい、●動脈硬化になる、●血圧が上がる、●体内のタンパク質と糖分が結合して、終末糖化産物(AGE)が生成されて、老化を早めて、シミやシワが出来る、●体がだるい、●てのひらが赤っぽい、●顔のこめかみの下が腫れている、●壊疽になる、●免疫力低下し、肺炎など感染症にかかりやすくなる、●脳卒中や心筋梗塞の危険性増大、●水虫になりやすい、●かみそり負けする、●コムラ返りなど。

これらの症状や病気に共通している病根は何かと云えば、毛細血管などの血管に欠陥が出たからである。血中に糖分が多いと、毛細血管が溶けて消失する。そして大きい血管も随時ダメになってゆく。そして動脈硬化が進むと血管の内壁にカルシュウムが沈着することが起きることも有る。所謂石灰化である。すると益々血管が狭窄化して、心筋梗塞が起きやすくなる。血液中に酸性の糖分が多いと、体の恒常性機能がそれを中和しようとして、骨からカルシュウムが抜けて、血液の中に出てくるからである。骨自体もこの現象に加えて、骨芽細胞の再生能力の低下やカルシュウム摂取量の不足が重なって、骨粗しょう症に気を付けねばならない。

 

9.根本治療とは何か

1)食事の改善

大食が原因であるから、少食にする。しかし既に糖尿病になってしまった人には、これだけでは改善しない。毛細血管を再生しなければならないから、お薦めは前述した本に掲載されている西式甲田療法である。即ち朝食抜きの二食で、玄米と生野菜汁中心の少食自然食である。そして西式の健康体操をする。水分補給はビタミンCが豊富な柿茶を飲み、血管強化する。

2)運動療法

前述の渡邊昌先生の本に詳しく、何故運動しなければならないかを実体験をもとにして、詳述しているから、読まれるとよい。ただ余分なカロリー消化させるだけではなく、新陳代謝活発化、そしてインスリン感受性を高めるのである。それには散歩などよりも自彊術がよい。

というのは、前自彊術協会の会長をしていた故近藤芳朗博士は東京大学医学部を出て、母校の内科の講師まで務めた人であるが、中年になって糖尿病に罹り、それを自彊術を知り、実行したところ、快癒してしまったのである。そしてこんな素晴らしい健康体操をもっと世間に広めたいと、活動を起こした。現在全国で55000人の人達が、教室に通い体操している。

勿論糖尿病が治ったという体験談も多い。家の中で15分もあれば、手軽に、簡単にできるから、試してみたらよいと思う。

3)-精神的支柱の確立

酒に溺れ、食欲に負け、怠惰になり、進取の精神に欠け、ただひたすら医者や薬にすがりつく姿勢を改めない限りには、健康は取り戻せないだろう。何事も知ろうとしないのは退歩の始まりである。自分の健康は自分で守るという信念を持ち、自己管理を貫く姿勢が大事。

 

10.糖尿病治療薬の副作用

どんな薬にも多かれ少なかれ必ず副作用が有る。

★グルコース吸収遅延薬では、低血糖症状、腸閉塞症状、肝機能障害、おなかが張る、下痢、便秘など。

★インスリン分泌促進薬では、疲弊した膵臓にムチ打って、分泌を促すわけだから、そのうち段々出なくなってしまう。決して膵臓の働きを回復させるわけではない。副作用も低血糖、貧血、肝障害、白血球減少などある。

★インスリン抵抗性改善薬では、黄疸、肝障害、浮腫など。

★肝臓からのブドウ糖の放出を抑える薬がある。低血糖、消化器障害、倦怠感、筋肉痛、など。

★最近使われだした新薬「SGLT2阻害薬」がある。インスリンの分泌を促す従来の薬とちがい、尿中の糖を体内に吸収させるたんぱく質の働きを邪魔し、体外に出して血糖値を下げる。利尿作用があり、体重を減らす効果もあるとして注目されている。国内で6製品が販売され、専門家によると10万人以上が服用していると推定される。ところが朝日新聞が各社の調査を集計したところ、約3700人で約4800件の副作用報告があった。うち重篤なものは皮膚障害、尿路感染症、脱水症など630件で、10人が死亡していたという。

これらの薬は決して膵臓の機能を回復させるものではない。ひたすら血糖値を下げる働きだけである。これら薬を服用していても、糖尿病は進行してゆくことを知らねばならない。そして最後の手段として使われるのが、インスリン注射である。

 

11.あまり知られていない糖尿病によい話

★有名な食事療法家の東城百合子の「自然療法」という本によれば、240ページの糖尿病という項目に書かれていることは、・・・糖尿病の根本原因は、肝機能が参ってしまって、糖の貯蔵調整がうまくできなくなった為である。肝臓が弱っていると、グリコーゲンとして蓄えることが出来ないから、調整が出来ずにいると、膵臓も繋がっていて、働きが弱る。だから先ず肝臓を強くすることが先決である。ご主人様の傲慢で、出鱈目な、間違いだらけの負いきれない負担を、無理やりに背負わされる下僕の内臓こそ哀れであると。絶対君主であってはいけない。体の悲鳴に耳を傾けよう。

★同じような話は西式健康法の西勝造先生の本にもある。即ちどれだけ大食、美食していても、肝臓の強い人は動脈硬化型になり、弱い人は糖尿病型になると書いている。

★糖尿病に良いという食べ物は沢山あるので、参考までに列挙すると、

  • 玄米に小豆を入れたごはん、●小豆とコンブとカボチャの煮たもの、●生のタマネギ、●食物繊維の多い物、●ミネラルのひとつのクロム、亜鉛、●苔のひとつシメジ、●ビタミンCの多い柿茶、●五種類以上の生野菜ジュース、●タウリンが糖代謝によい、

★毛細血管と付属のグローミューというバイパスの再生のためには、毛管運動は欠かせない。

★骨格の矯正。糖尿病になる人は、胸椎の11番に異常が有る。胸椎の8番と9番の右圧痛。

 

12.まとめ

1)日本人の1万年前からの生存過程では、飢餓の連続であったが故に、遺伝子に刷り込まれてい

るのは、飢餓に強い体内システムが出来上がっているということ。ところが飽食の時代に入る

と、過剰摂取糖分を処理するシステムが体内にはないが為に、糖尿病が増えてきたのである。

2)糖尿病は一部遺伝するというが、それでも諦めずに努力すれば、体質を変えられると思う。

3)糖尿の人が食べてはいけないものは、脂肪酸の多い肉類、揚げ物類、マーガリンやショートニ

ングのトランス型脂肪酸はインスリンの働きを低下させる最悪の食品である。

4)糖尿病の人は普通の人より10年寿命が短いという。血管がダメになり、新陳代謝も悪いから、

ガンにもなり易い。認知症には普通の人より3~5倍なり易い。正に万病の元である。

5)面白い事に、死亡原因の統計を見ても、死因に糖尿病という名前が出てこない。何故だろうか。

統計上の死亡原因は糖尿病の合併症で死ぬから、その病名で載っているからである。

6)私は健康法に関心を持ってから、もう何十年も幾多の人の生き様と死に様を見てきたが、つく

づく思うことは、「人は生きて来たようにしか死ねない」ということ。

7)最近医学界で言われ出したことは、糖尿病は予防する時代になったという。1年に一回健診を

受けていれば、初期の段階で発見できるのであるから、その段階で適切な対応策を講じれば、

治癒することも可能である。必要なのは、これではいかんぞと、慢心し、続けてきた間違った

生活習慣を断ち切る大英断である。

8)ひとつの情報だけで、物事を決めてはいけない。特に命に関することは、慎重を期したいものである。もっと知ろうとする求める心を持たない者には、明日の健康は付いて来ないのではなかろうか。いつも思うことは、私ならこうするのにとなあ。無知は死を招く。

9)先月に糖質制限食について、詳細説明したので、あえて今回記述しなかった。ところがこの記事を執筆中に、文藝春秋五月号が発売された。その中に前に取り上げた「日本人の体質」の著者の医師奥田昌子博士が「日本人は糖質を制限するな」という記事が掲載されていた。その内容を要約すると、日本人は昔から食事の80%を炭水化物で摂っていた為、インスリンの量が欧米人に比べて半分以下の量で賄える体質だっが、1960年代以降に脂肪の摂取量の増加と共に、糖尿病が増加の一途を辿っている。そして内臓脂肪が増えると、インスリンの働きを悪くする悪玉物質のTNF-αを分泌する。だから糖質制限よりも脂肪摂取を控えるべきだと。因みにTNF-αは血圧を上げ、動脈硬化を促し、血液を固まりやすくする悪玉物質なのでもある。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

糖質制限食の是非 By 豊岡 倫郎 氏

1.医学界を二分して論争中の糖質制限食

2005年に「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」という本が発行された。著者は京都 にある高雄病院の江部康二医師、京都大学医学部卒業である。自らの糖尿病を2002年に糖質制限食を実施して治した体験を基にして、開発されたものである。それ以来話題となって、ブームが続いているが、その是非が医学界で論争を呼んでいて、いまだ結論らしきものはない。

2. 糖質制限食とは

1)糖尿病の人や肥満・メタボリックシンドロームの人にベストの食事療法で、それが「糖質制限食」である。血糖値を上昇させる、唯一の栄養素である糖質。できるだけその糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐのが糖質制限食の考え方である。簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになる。抜く必要がある主食とは、米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類、砂糖の入ったお菓子類など糖質が主成分のものである。食べて好いものは食物繊維類、肉、魚、乳製品などの脂肪やたんぱく質はよいし、アルコールも日本酒はダメだがウイスギー類は、飲んでもても良いという。

2)具体的には江部康二医師の病院では、3タイプの糖質制限食が有り、その治療目的に応じて使い分けられている。それは、

  • スーパー糖質制限食

朝食+昼食+夕食〈3食ごはんを抜く〉 もちろん糖質の多い食材(麺、パン、イモ類、根菜、果物、スィーツなど)や調味料も制限する。糖質の摂取量は、1食あたり10〜20gとし、1日30〜60gを目標にする。

【三大栄養素摂取の目安】 糖質12%、脂質56%、たんぱく質32%

糖尿病の食事療法向き。最も効果がはやく確実に現れる。

ダイエットやメタボ対策の目的でも、はじめにスーパー糖質制限食をすることで、脂肪を燃焼しやすい体質へ変えて、適正体重になったら、スタンダード糖質制限食かプチ糖質制限食に切り替えることを奨めている。

  • スタンダード糖質制限食

朝食 or 昼食+夕食〈2食ごはんを抜く〉 1日の糖質の摂取量は、70〜100gを目標にする。

【三大栄養素摂取の目安】 糖質27%、脂質45%、たんぱく質28%

1食だけ主食(GI指数の低い玄米など)を食べることができる。継続しやすいため実践している人が多い制限方法である。

  • プチ糖質制限食

夕食〈1食ごはんを抜く〉 1日の糖質の摂取量は、110〜140gを目標にする。

【三大栄養素摂取の目安】 糖質41%、脂質38%、たんぱく質21%

1食抜くだけの軽い制限なので、糖尿病の食事療法には不向きである。

3)一方、北里大学北里研究所病院の山田悟・糖尿病センター長は2013年11月、キリンや江崎グリコ、ローソンなど企業9社の協力を得て低糖質食品の開発と普及を目指す団体「食・楽・健康協会」を設立し、低糖質食品の種類を増やし、糖尿病や肥満を予防するとして、それを「ロカボ」と称している。食後の血糖値を上げないようにすることを強調している。

4)アトキンス・ダイエットというものが、1970年代にアメリカのロバート・アトキンス博士によって、提唱されて当時アメリカでブームとなった。やはりこれも糖質摂取を制限することによって、痩せるというダイエット法で、これを紹介した本が世界で1500万部も売れた。しかし今はすたれてしまった。

5)和田式食事法というものが、1956年に和田静郎という人物が、ご飯やパンなどを摂らずに痩せられることを発表した。日本での糖質制限食のはしりで、当時婦人雑誌やマスコミでも大きく報道されていた。実行者も大勢いたが、今は忘れ去られてしまった。

6)リチャード・バーンスタイン医師(アメリカ)が推奨するバーンスタイン式ローカーボ・ダイエットがある。バーンスタイン医師は12歳の時に糖尿病を発症し、自らあれこれ暗中模索して、研究に研究を重ね、バーンスタイン式糖尿病治療法を編み出すが、医学界からは認められず、一念発起し、医師になることを決意し、医学大学に入り、1983年に開業して、患者の治療に当たり、今も患者を救っているという。「糖尿病の解決」という本も出版している。

3.糖質制限食の特徴

  • そもそも糖質制限食は糖尿病患者の食事療法による治癒を目的としたものである。
  • それが痩せられると云う事でダイエット効果が大きく前面に出てきて、現在ブームとなっている。子供からお年寄りまで実行者の年齢層の幅が広い。
  • 糖質を摂取しないから、血糖値を短期間で下げることが出来る。従来の糖尿病の食事による治療といえば、カロリーを管理制限することが中心であった。
  • では何故痩せられるのかと云えば、脳をはじめとして、体の活動エネルギーは糖質が燃えて作り出されているのにも拘わらず、糖質を摂取しないから、体内に糖質がない事態に直面すると、体内では脂肪を燃焼させて、ケトン体というものを産生して、糖質に変えるため、脂肪分が減ってゆく理論である。
  • 糖質以外の食品なら何を食べてもよいし、腹いっぱい食べるから食欲を満足させるからイライラしない、ストレスとならない。
  • この療法を支持する人たちが、医師、栄養士、医学界など医療関係者まで浸透し、従来の健康療法のケースと異なる。
  • ある特定の単品だけを食べるとか、逆に控えるという健康療法と異なり、摂取できる食品の範囲が広いので飛びつきやすい。
  • その効果が医学界を二分する位、功罪が分かれているといことは、客観的な明確なエビデンスが確立していないからと、食事療法というものは、複雑な利害関係を含み対立するのは常識。

4. 糖質制限食に対する危惧の声

  • 自然界に長年生き抜いて形成された、食性を否定している。

・その1・・・ゴリラ、チンパンジー,猿が果物や木の葉、根を食べて生きて来た。元来炭水化物,糖類を主食にしてきた。人間の歯は、奥歯20本は穀物をすり潰す臼歯、前歯8本は野菜や果物をガブリと食べる門歯、残りの4本は肉や魚肉をかみ切る犬歯であることからも証明できる。

・その2・・・人類の肉食は、ヨーロッパの方へ移動した先祖が農業もままならない極寒の地で食糧を確保するために始めた牧畜生活に由来するものであるが、アメリカでは1940年代に経済が発達し、肉、卵、乳製品の生産が増え、

一方今迄の穀類やイモ類の摂取が減少すると共に、心筋梗塞やガンが増加した為、今は政府が肉、卵、乳製品の過剰な摂取を警告している。

・その3・・・日本の風土で培われてきた日本人には日本人の体質が備わっている。胃の形、消化酵素、腸内細菌などは独特である。ところが欧米食の過食によってガンを始め、生活習慣病が増加した。ファミリーレストランの品揃えは獣肉のおかずか並んでいる現実は恐怖。

  • 食べ物には酸性食品とアルカリ性食品に分けられる。中性食品もあるが、糖質制限食の殆どは酸性食品である。ところが血液は弱アルカリ性に維持するように体の生命維持機能が働き、自動的に調節している。酸性に傾きかけると体内の骨のカルシュウムを動員して、酸性を中和させるために、骨が脆くなってゆく。酸性化現象と云えば、前述した脂肪を燃焼させてケトン体を作るが、ケトン体は超酸性物質である為、酸血症という症状が出る。めまい、はきけ、意識不明など起きる。
  • 肉類を消化する過程で、胆汁が分泌されるが、それが腸内で二次胆汁酸となって、ニトロソアミンを発生させる。これが大腸がんの原因のひとつで、日本人の大腸がん増加の原因。
  • 若干の食物性繊維を摂るにしても、腸内に流れ込む大量の動物性食品は、悪玉菌を発生させて腸内環境が悪くなる。インドール、アミンや硫化水素などの毒素が発生し、腸壁から血液の中に吸収されて、体内に侵透するから、体臭や呼気が臭くなる。おならも臭いのが出る。
  • タンパク質の消化や分解には、糖質に比べて、二倍のエネルギーを消耗する。そ

の代謝過程でアンモニアや尿素の処理のために働く腎臓や肝臓が疲弊。特に腎臓の弱い人はタンパク質の摂取量が多くなると腎臓機能低下が顕著となる。又消化の為の体内酵素の浪費につながる。

  • 胃腸などの消化器系統が弱い人は脂肪やたんぱく質の消化には時間がかかるし、炎症を起こしやすい。胆嚢にも結石が発生し易い。膵臓にも脂分の消化が大きな負担となる。
  • 大量の脂肪が体内に入れば、活性酸素によって、過酸化脂質に変わり、臓器や組織に侵透してゆき、機能を狂わせる。その恐ろしさは世界的に有名な活性酸素の権威である丹羽靭負博士の本を読まれると、その恐ろしさが判る。
  • コレステロールや中性脂肪が多いと言われている人が多い。これらの人達に果たしてさらに悪化するという危険性がないのだろうか。動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞が心配になる。
  • 炭水化物を摂取すれば便の量も多く、快便を得られるが、前述したように腸内環境が悪い上に便も細くなると、便秘を招く。免疫力も低下する。腸の内視鏡を開発して、今までに30万人の患者の腸を観察してきた新谷弘実博士の本によると、「・・・肉や乳製品などの動物食を常食していると、消化吸収が悪くなり、みるみる腸内環境が悪化してゆきます。・・・そんな人達の腸は柔軟性がなく、硬く、内壁の色はどす黒くなっている・・・」と。
  • 糖質制限食は食費が高くなり、お金がかかる。
  • 成長盛りの青少年がこれを実行すると、三栄養素とミネラル、ビタミンのバランスが崩れ、成長が歪められる。特に少女が行うと、生理が無くなるという報告もある。
  • そもそもこの療法を実行する人達は、糖尿病の糖が出ないようにしたいのか、ダイエット目的で痩せたいのか。中途半端に行っていたり、長期間続けていると、想定外の危険性をはらんでいる。この人達はそもそも食べ過ぎなのである。何故この方法を選択するのだろうか。外に幾つもの選択肢が有る。例えば西式甲田療法などが適当だと思う。
  • このやり方に警鐘を鳴らす人達の本がある

この3冊以外にも多くの反論の本が出ているが、3氏の経歴を紹介すると。いずれの方々も長年食事療法一辺倒で病気に対峙してきた人達であるから、その理論的主張には説得力がある。

★石原結實・・・2年ほど前まで昼の思いっきりテレビに出ていた。長崎大学医学部卒。伊豆で断食療法や東京でクリニックを開院、今迄多くの業界の人達が治療に訪れている。

★幕内秀夫・・・東京農業大学栄養学科卒。帯津三敬病院、御茶の水クリニックなど多くの病院の食事療法を30年以上指導してきた。

★松生恒夫・・・東京慈恵医科大学卒。松生クリニック院長。大腸内視鏡検査を4万軒以上行ってきた権威。

糖質制限1糖質制限2糖質制限3

 

 

 

 

 

 

5.まとめ

1)この糖質制限食が発表されてから、10数年経過したが、この論争が何時まで続くのか見当がつかない。平行線が続く可能性大である。しかしこの食事療法が現代医学の薬一辺倒の医者達に興味が持たれだしたと云う事は異例だ。

2)ただ怖いのは、前述したように、本来持つその土地の人達の食性を根本から否定するような要素が有るため、ひとつ間違えると、身体に大きなダメージを負う危険性をはらんでいるから決断は慎重を要する。人生何事も重大な決断を下す時は、双方の意見をよく比較検討して、選ばないといけない。

3)糖が出ないようにするのならば、短期間実行して、達成した後も、継続するのか、それとも従来の悪食に戻るのか。そもそも糖尿病や肥満になるのは、間違った食習慣に原因があったわけだから、それを改めるのが正論で本筋である筈。都合の悪い事に眼をつむるのはよくない。

4)ブームも10数年経過すると、これからはこの療法によって、害をこうむった人

達の声が段々多くなるのが世の常である。どうなることか、興味深く推移を見守りたい。

5)健康管理の基本原則を列挙すると。

  • 健康法というものは生涯継続するものである。
  • どんな人にも適用できて、障害が起きない事。食事療法にしても、健康体操にしても。
  • 自然の摂理に順応し、かつその土地の風土に育った人には、その土地にて摂れ

る食物で生かされていること。即ち身土不二、全体食、旬の食物が基本。キリン,象、牛や馬に主食の草を食べさせるのを止めさせて、肉食をさせる様なことは出来ますまいに。

  • 食品の構成は、日本人には、三分づき玄米、緑の葉物、根菜類、ゴマや豆類、小魚、海藻、味噌や漬物、梅干し、季節の果物など。生水。そして少食が基本であること。
  • 生きたものを摂る。即ち生野菜、大根おろし、長芋のおろし、果物、味噌、納豆や漬物類の発酵食品。生物界の大原則は「生きたものは生きたものに養われる」である。
  • 食事の量は、腹八分とする。今我々が罹っている病気は全て食べ過ぎが大きな原因である。

6)糖質制限食を上述した基本原則に照らしてみても、矛盾を感じないだろうか。どこに肉類ならOK、アルコールもOKはおかしい。チェックすべきことは、こんなことで、きれいな血液が作れるのか、柔軟な血管になるのか、腸に悪玉菌が増えないのか、便秘せずに快便であるのか、皮膚がきれいであるのか、過食と過飲、腸内腐敗で活性酸素を増産していないのか。

おわり  2017年3月12日


カテゴリー: 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

百寿者の条件 BY 豊岡 倫郎 氏

1.日本の百寿者数

昨年の調査では、今日本の百寿者(百歳以上の人)の人数は、65,692 人になった。ここ10年で急激に増えてきて、今後更に増加していくと見込まれている。男女別の割合は男性が20%、女性が80%となっている。そして80%の人は寝たきりで、何らかの介護をうけている。今では百歳まで生きることは夢ではない時代かも。しかし確率的には一万人にひとりと厳しい。

2.今までの長寿者になるための条件

1)日本の長寿村の山梨県の棡原村(ゆずりはらむら)の場合

今は山梨県上野原市棡原町となっている場所が有る。昭和43年に甲府市の古守病院長の古守豊甫氏と東北大学医学部の近藤正二教授によって調査されて、長寿村の折り紙が付けられ、全国的に有名になった村である。古守豊甫氏の本に掲載された記事によると、

「鶴川の河岸段丘に発達した棡原は山紫水明、耕して山頂に到る。古来、村人は健康で人情に篤く、粗衣素食、耕雲種月の日々を楽しみ、穀菜食を主とし、肉食を嗜まず、女性は多産且つ母乳豊富、老人は皆天寿を完うし、家々は山の斜面に沿うて建ち、昔から田を作ることが出来ず、食生活は麦を中心としたアワ、キビ、ヒエ、トウモロコシ、小豆、大豆、ソバなどの雑穀とジャガイモ,サトイモ、サツマイモ、ヤマイモ、コンニャクと豊富な野菜、山菜が中心である。保存食として昆布、ワカメ、ヒジキを良く食べる。味噌や豆腐は自家製である。斜面の耕作地を登り降りして、体力を養い、粗食と労働が長寿の素因となっている。人の寿命は食べた野菜の量に比例する。」。8,90歳まで元気な秘訣がここにあった。勿論ガンになる人も認知症になる人も居なかった。

ところが昭和28年に立派な道路が開通すると、その後20年もしないうちに、物質文明という悪魔がやってきて、今まで食べたこともない白米、肉だ卵だ牛乳だ、ハム、ソーセージ、バター、チーズ、パン、カップラーメンだ、ポッキー等々に若者は飛びついた。しかしいまさら老人たちはそんなものは食べない。若者たちには肥満、高血圧、糖尿病を発症して、そして更に10年経つと、「逆さ仏」という悲劇が始まった。老人は元気なのに、子供が先に死ぬという現象である。こうして長寿村は崩壊してしまったのである。

写真1写真2

 

 

 

 

 

村に立つ長寿村棡原の石碑(写真左)

棡原のお年寄りを診察中の古守豊甫医師(写真右)

2) 東北大学医学部の近藤正二教授の著書「日本の長寿村・短命村」より

近藤正二教授は昭和12年から昭和47年までの36年間、北海道から沖縄まで全国990の町村をリュックを背負い訪ね歩き、生活習慣と寿命の関係を調査し、まとめたのが、この本である。当時ロングセラーとなる。近藤博士は勲二等瑞宝章も受賞されている。

この本によると、結論として日本の長寿村の生活をまとめると、陸中と、海岸部では食生活に違いがあるが、総じては、写真3
・自給自足で野菜を作り、多く食べている。なかでもニンジン、カボチャ、ヤマイモ、さつまいも等。
・小魚を食べている。
・大豆料理が豊富にある。
・海藻やゴマを食べている。
・白米を大量に食べない。雑穀やイモ類を食べている。
・肉は少量、それもゆでこぼして、脂肪を減らして食べる。
・年を取っても良く働く。地形が傾斜地に長寿村が多い。私見だが脚の裏側が伸びると、血流も良くなるし、脚に来ている多くの経絡を刺激して、特に便通が良くなる。
・空気がきれいで、日当たりがよく、ストレスが少なく、明るい性格の人が多い。
・この本では、短命村のことも書かれているので、比較してこそ問題点が浮かびあがっている。

3)世界の長寿村からのヒント

これまで世界の長寿村として有名な場所は三か所ある。日本からも多くの医学者たちが調査に赴いていることで有名になった場所である。その場所とは、

(1)南米エクアドルにあるビルカバンバ・・・インディカ米、トウモロコシ、芋、ヒエ、アワ、、発酵させた大豆,良水、生野菜など食べている。山岳地帯にある。

(2)ロシアと中国の国境近くに位置するパキスタンのフンザ・・・新鮮な果物、雑穀パン、生野菜、豆、牛乳、乾燥させた果物、肉少々、自家製ワインなど。ここもまた山岳地帯で坂多し。

(3)カスピ海と黒海に囲まれたグルジアのコーカサス地方・・・カスピ海ヨーグルトの発祥地、未精白の雑穀類、トウモロコシから作ったパンやナン。生野菜、チーズなどの発酵食品、肉少々。ここも山岳地帯。

これら三か所の長寿村の共通点は、

  • 山岳地帯で空気がきれい。坂を上り下りして、高齢になっても働く。
  • 水がきれいで、ミネラル分が多い。
  • 自家製の新鮮な生野菜を食べる。果物も食べる。
  • 精製されてないとうもろこし、雑穀類を食べている。
  • 発酵した乳製品を摂る。
  • 肉はあまり食べない。
  • 豆やナッツ類を食べる。
  • 砂糖は摂らない。

3.最近の研究で明らかになった百寿者の条件

近年老化防止や長寿の研究がいろんな機関で盛んになって、テレビでも時々この問題について放映されている。それらの中からこれはと思われる参考事例を以下紹介すると。

1)百寿者の健康診断から解ったこと

  • 慢性炎症の程度を表すCRPの数値が低い。炎症には怪我をした時などに腫れ上がって起きる急性炎症と、加齢と共に細胞が老化してくると、炎症性サイトカインによって引き起こされる炎症が身体至る所に起きるが自覚症状はない。これを慢性炎症と呼んでいる。
  • 微小循環が良好である。微小循環とは毛細血管の中で起きている目に見えないレベルの細かな血流の事。以前説明した毛細血管やグロミューがボロボロになっていない。
  • CTRA遺伝子群を持っている。この遺伝子は何かストレスを受けた時に働きを強める。満足感を得た時はその働きが弱まるが、働きが弱まった時に、慢性炎症が抑えられるという。そして満足感でも食欲、買い物、性欲、娯楽などの快楽型の満足感は炎症を促進し、生きがい型満足感の時は、炎症を抑える。生きがい型満足感とは、ボランティア活動とか、家族を大切にするとか、前向きにクリエイティブなことをすることである。
  • 血液中の生理活性物質のアディポネクチンの量が多い。その働きは糖尿病、動脈硬化、炎症などを抑える効果が有る。内臓脂肪の多い人は分泌量が少ない事が判っている。

2)百寿者の生活習慣

  •   高齢になっても体を動かしている。このことを身体活動と表現している。地形が斜面になっている地区に住んでいる。体に一定の負荷をかけている。
  •   その土地の風土に合った伝統的な食べ物を摂っている。
  •   幸せの感情を抱いている。ブツブツブツとグチをこぼさない。悲観的な考えを持たない。
  •   胃腸が丈夫で食欲が有る。これは活動しているから空腹になるのかもしれない。結果的に腸内環境が良好である。便秘や宿便のある人は少ない筈だ。

4.日本人には日本人の体質がある。それを活かした健康法とは

1)最近出版された奥田昌子著「欧米人とはこんなに違った日本人の体質」という本が有る。

副題は「科学的事実が教える正しいガン・生活習慣病予防」となっている。著者の経歴は京都大学大学院医学研究科修了、医学博士,内科医。
写真4写真5

 

 

2)欧米人とはこんなに違う日本人の体質

  • 内臓脂肪が付きやすい体質、一方欧米人は皮下脂肪が付きやすい。内臓脂肪が多いと、血糖値が上がる、血圧が上がる、動脈硬化、心臓病になり易い。地中海食が健康に良いと勧める人がいるが、オイレン酸のオリーブオイルには悪玉コレステロールを上げにくいとかいうが、しょせん油であるから摂り過ぎは良くないし、オイレン酸は肝臓で合成しているので、意識して摂る必要はない。以前地中海食を欧州のイタリヤ、フランス、ドイツ、イギリスの人達に摂ってもらい、実験したところ、イギリス人には効果は無かった。何故ならイギリスは地中海に面しておらず、風土が異なり、体質が違ったからだった。
  • 日本人はアルコールの分解酵素の少ない人が4割いて、酒を飲むとすぐ赤くなる人は発ガンなどのアルコールの害を受けやすい。ところが欧米人は100パーセント近く酒に強い酵素を持つ。日本人は赤ワインのポリフェノールが動脈硬化を防ぐとか言われて飲むか、或いは発ガンを選ぶか、あなたはどっちにしますか。
  • 日本人には牛乳の乳糖を分解するラクターゼ酵素を7割の人が持っていない。乳糖不耐症というが、下痢やアレルギーなどになり易い。遠い先祖の時代から遊牧民族でなかったから備わっていない。乳製品の混じったヨーグルトを飲んでいると、眩暈、抑うつ、下痢、肌荒れなどの症状が出てくることが有る。医者でも疲れやストレスとして診断を下すことが有るが、これを遅延型食物アレルギーという。
  • 日本人には腸内細菌の善玉菌が多く、悪玉菌が少ない。これは遠い先祖の時代から農耕民族で穀物中心の食生活だったことによる。肉や乳製品は腸内で腐敗しやすく、悪玉菌が増える。
  • 日本人は遺伝的にカフェインによって、情緒不安定になる体質を持つ人が半数以上いる。4人にひとりが150mg摂取で不安定になる。欧米人はそんな人は少数派である。ご存知の様にカフェインの害は恐ろしく、利尿作用で水分が抜けて肌荒れ、副腎疲労、交感神経亢進し、情緒不安定、胃炎、老化を早めるなど多くの害がある。一時的に疲労が抜けた感じがするだけである。
  • 日本人は欧米人よりも糖尿病になり易い体質をもつ。インスリンの分泌量が欧米人の半分から4分の1である。今日本に予備軍を入れて糖尿病の人が2200万人いる。
  • 日本人の胃は肉を消化する力が弱い。日本人の胃は釣鐘型に対し、欧米人はすっきりした形で、胃壁も厚く、胃酸の分泌量も日本人の倍位と多く、食べたものを速やかに処理して、腸へ流す。これに対し日本人の胃は出口も高く、しっかり溜めて消化するタイプになっている。これも太古からの食生活の違いによるものである。写真6

3)体質とは何か

  • 体質を決める要因はふたつあり、ひとつは持って生まれてきた遺伝的体質、もう一つは環境的体質である。このふたつがミックスされてその人の体質が決まっている。だから人種や風土、生活環境が違えば体つきも精神的性質も発症する病気も異なって当然なのである。欧米人は髪の毛の色、眼の色、肌の色、体つき、背の大きさも日本人とは異なる。それらを作り上げた遺伝子も、内臓器官も働きは日本人とは同じではなかったのである。
  • 遺伝的要因も変えられることが出来る。例えば病気になり易い遺伝的要因を持っていても食生活を含む生活環境要因を改善すると、遺伝子のスイッチを切り替えることが出来る。これをエビジェネティクス現象という。双子の兄弟がかけ離れた別々の環境で生活しているケースによっても、証明されている。しかしすべての遺伝子に適用できるかは今後の課題だという。

5.まとめ

1)結論として言える事は、日本人には日本人の伝統的な生活習慣から、長所となっていることは、今後も生かしてゆかねばならない。欧米式の食生活の鵜呑みがけっしてわれわれの長寿を約束してくれてはいない。飽食して、やれ肉や牛乳や砂糖や酒が強いとかは、皆今ガンを始め、高血圧、動脈硬化、糖尿病、アレルギー疾患の原因であることに、早く気付いてほしい。

2) 福沢諭吉は「肉食之説」という一文を書いている。その一部分を意訳すると、「・・・いまわが国民は肉食しないために、体の活力を落とすものが多い、これは一国の損亡である、・・・肉と牛乳を摂るべきだ・・・」と。福沢諭吉は生涯に三度欧米に行っているが、欧米人の大きい体格に圧倒されて、彼らの常食している肉食が活力の源であると信じたようだ。学問のすすめならぬ肉食のすすめを書いてしまった。

3)長寿の条件と裏腹になるのが、短命者の条件で、列挙すると、*大食、*タバコや酒の過飲、*甘いもの過食、*身体活動不足、*骨格の歪み、*ストレスに弱い、*偏食、野菜不足で肉食や油分の摂り過ぎ、*進取の精神に欠ける、*肥満又は痩せすぎ。

4)体の色々な臓器や器官は全て繋がって、生命活動を行っている。トータルシステムであるから、何か一つの事だけすれば改善されるほど単純ではない。健康管理はトータルバランスが大事。

5)「これ位なら大丈夫だろう」と薬を服用しながら、自分の置かれている状況を軽く見て、誤食に口を染めていては、根本解決にはならない。体の悲鳴に耳を貸す心のやさしさを持とう。

6)今回出てきた慢性炎症とアディポネクチンのことは、別の機会に詳細説明したい。

おわり


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

今見直されている毛細血管の重要な働き

今見直されている毛細血管の重要な働き 2017-1-20・By 豊岡 倫郎 氏

1.毛細血管とは

1)心臓から出た血液は動脈を通って、何本ものだんだん細く枝分かれして、毛細血管になって、体内の細胞まで到達すると、そこで酸素と栄養分を補給し、炭酸ガス、老廃物を受け取り、今度は細い静脈の毛細血管に受け継がれて、段々太い静脈に合流して、心臓にまで戻ってくる。

2)その所要時間は凡そ45秒前後で、皆さんの想像以上に早く、でないと生命維持
できない。

3)毛細血管はその名の通り、毛の様に細くて太さは5~8ミクロン(1ミクロンは千分
の1mm) で赤血球がやっと通り抜ける位である。そして体全体の血管の総長さは
10万キロメートルあるが、その内の99%を毛細血管が占めている。

2.テレビで矢継ぎ早に報道され始めた毛細血管の話

昨年秋からNHKの「ためしてがってん」や民放2社などでこの毛細血管の重要性が放送されて、また本や雑誌にも記事が書かれ出した。

直近では金沢医科大学の赤澤純代准教授(次ページに写真掲載)が民放のテレビに出演して、更に国民の間に関心が高まっている。この毛細血管の重要性については、後述するが、昭和の初めに既に西式健康法の創始者西勝造先生がその重要性を論述していたことなのである。

3. ゴースト血管の発生原因とは

毛細血管が薄くなったり、消滅してしまった状態はまるでゴースト化、即ち幽霊の様なので、ゴースト血管と呼ばれている。

では何故ゴースト血管が発生するのであろうか。その原因として考えられる事は・・・。

★老化現象・・・加齢と共に血管も衰えてくるのは否めない。

★運動不足・・・使わないと血管細胞は私はもう用がないのだと消えてゆく。
廃用性の法則。

★太り過ぎ・・・余計な贅肉にも血管が必要となり、全体のメンテナンスが低下する。

★食べ過ぎ・・・消化活動に血液が注力し、全身の血流が手薄になって、衰えてゆく。

★酒の飲み過ぎ・・・毛細血管を硬化させて、鼻の先や首筋に細い赤い血管が出てくる。

★甘いものの摂り過ぎ・・・典型的なのは糖尿病の人で、血液の中に糖分が多いと、
毛細血管は消滅してゆく。合併症の眼の網膜がやられる、
腎臓がやられる、足の神経組織がやられる、歯茎がやられ
て歯が抜ける、足が壊疽になるなどは、皆毛細血管が消滅
したために起きている。糖尿病にならなくても、甘いもの
好きの人で手のひらが紫色がかっているのは循環不良。

豊岡2017年1月-1 図A豊岡2017年1月-1 図B

 

・ 図A 左            ・ 図B 右

dふぁあだdfdふぁ図Aは手の爪の生え際の毛細血管で、先端まではっきりとしていて、形がはっきり
している。図Bは先端まで血液が届かず、いびつな形で消えかかっている。

図Cは手の毛細血管の正常なものとゴースト化しているものとのイメージ図。

豊岡2017年1月-1 図C

↑ 図C

4.ゴースト血管チェックリスト
あなたはいくつチェックマークがありますか。多いほど血管のゴースト化が
考えられる。

□シミや小ジワが増えた

□顔や足がむくみやすい

□目の下にクマが出来る           赤澤純代豊岡2017年1月-2 赤澤先生

□目が疲れやすい              金沢医科大学

□白髪が増えた               准教授

□冷えてつらい           著書「血管の教化書」

□寝ても疲れが取れない

□爪が割れやすい

その外のチェック方法は、足の内側のくるぶしの下の所の皮膚の表面に赤い細い血管
が出ている。

あるいは、手指の先の指紋のある部分をもう一方の手で押してみて、直ぐ赤みが戻ら
ない時。

4.毛細血管のゴースト化によって発生する病気

★シミ、シワ、タルミ、クスミが増えてくる。

★冷え症になる。

★白髪や抜け毛が起きる。

★骨粗しょう症、腎臓障害、アルツハイマー病、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、ガン
など、どんな病気が出てきてもおかしくない。

5.毛細血管のゴースト化を防ぐには

★甘いものを食べない。血中の糖分で消滅してゆく。

★酒を飲み過ぎない。飲んだ時は血管膨張するが、その後収縮する。段々硬化

してゆく。

★健康体操して体を動かす。じーっとしていれば、体内の血液循環は遅くなり、ガス
交換量も低下して、じり貧となる。百寿者は高齢になっても毎日体を動かしている。

★適正体重を維持する。贅肉に血液を送るムダは止める。太っている百寿者はいない。

★少食の実行。大食すると、胃腸に血液が集中し、他の部分に十分血液が配分されず、
疲弊する。

★血液をきれいにする玄米、生野菜ジュース、小魚、海藻、ゴマや大豆製品中心の少食
で、常に腸内環境を良くする。血流も大事だが、汚濁化してドロドロ血液は血管を
再生できない。

★柿茶でビタミンCを摂る。

★ストレスを溜めない。血管が常に収縮した状態では、血管の再生も不十分になる。

★毛細血管の構造は外側に壁細胞があり、内側には内皮細胞の二層構造となっている。

右の図参照。

豊岡2017年1月-3 壁細胞の内側からアンジオポエチン・1という物質が分泌されていて、内皮細胞の外側にあるTie2(タイツー)という受容体と密着していることによって、毛細血管が機能しているのが正常の状態なのである。
ところが加齢その他の要因によって、アンジオポエチン・1の分泌量が減ってくると、壁細胞の膜が浮いてきて、内皮細胞との間の隙間から、酸素や栄養分が漏れ出して、細胞にまで、到達できずに終わる。
最近の研究で、アンジオポエチン・1の代わりになる物質が見つかり、シナモン(桂皮)、ルイボスティー、沖縄の香辛料のヒハツ(ロンク゜ペッパー)を摂取すると、これを防げることが解ってきた。シナモンやヒハツの一日の摂取量は小さじ半量でよい。何回かに分けて、パンに振りかけたり、スープやみそ汁に入れたり、コーヒーなどの飲み物に入れてもよい。ただし摂り過ぎるのは良くない。

 

6. グローミューが血液循環を左右する

グローミューとは血液は細動脈から毛細血管を通り細静脈へ流れるが、毛細血管を通らずに血液を流すバイパスがある。それを動静脈吻合とか、グローミュー、とかAVAと呼んでいる。
グローミューは1707年フランスの解剖学者レアリ・レアリースによって発見された。その後多くの学者によって体内の諸器官や皮膚内にも存在することが証明された。

体内の血液循環及び毛細血管とグローミューの関連図は下の通りである。
豊岡2017年1月-4 

1)グローミューの働き

我々が急激な寒さにさらされたとき、皮膚は体温を逃がさないようにと、毛細血管は収縮して、白くなる。血液が遮断されたのである。そんなとき血液は毛細血管を通らずに、グローミューを通って流れているのである。もしグローミューが硬化していたり、消滅していたら、毛細血管にぶつかり停滞してしまう。寒い外での赤ら顔や鼻が赤いのは良くない。水仕事でしもやけやあかぎれもグローミューの働きの不全である。逆に暑い季節では毛細血管もグローミューも解放されて、体内の熱を逃がそうとする。
上図のグローミューの上下に青く色塗りした部分がグローミューの開閉をコントロールしているルージェ氏細胞である。緊急時に交感神経の下に調節されている。しかし各細胞への栄養や酸素の補給、そして炭酸ガスや老廃物の回収はあくまでも毛細血管が行っていて、グローミューは細胞とのガス交換とは関係がない。

2)アルコールと糖分によるグローミューの変質

毛細血管自体もそうであるが、グローミューもまた酒を飲む人は動脈硬化症となり、グローミューは硬化するし、糖分過剰の人はグローミューが消失したり、委縮する。ともに不健康の基となる。

7.血液循環の決め手は毛管運動

1)毛管運動とは右の図の様に、首の所に半円形のかまぼこ型の木枕をして、無い時は座布団を二つ折りして頭の下に敷く。両手両足を垂直に伸ばして、手先、足先を微振動させる体操である。豊岡2017年1月-5 金魚運動

足首は直角に曲げる。手首はまっすぐ伸ばし、1~2分間行う。
この体操の特徴は手足の血液が腹部の方へ還流して、一時的に手足は白く貧血状態になる。すると体の恒常性維持機能が働いてこれではいかんと、組織を再生させようとすることによって、毛細血管やグローミューが再生されるのである。

健康雑誌でもよく取り上げられている健康体操であるが、「ごきぶり体操」と呼ばれている。

初めてする人は腹筋が弱いので、足を長く上げておられないし、ひざも真っ直ぐにのびないかもしれないが、毎日二回朝晩続けているうちに、上手くできるようになってくる。毛細血管に問題のある人は、3~5分ぐらい、途中休み休みでもよいから、続けるとよい。毛細血管の70%は手足に存在するから、暇さえあれば手足を挙げて,振るに限る。

2)西式健康法にはこの毛管運動の外に、温冷浴、裸療法というものがある。どちらも毛細血管やグローミューの再生、強化に効果が有る。書店で西式健康法の本を一度読まれるがよい。

3)西式健康法では上述した体操以外に、玄米少食、生野菜ジュース、柿茶は必須となっている。食べ物も吟味しないといけないのである。生命力のある物を食べて、きれいなサラサラな血液が、強い柔軟な血管を作るのである。また腸のきれいな人は血液もきれい。肉食過多や甘いもの好きの人には、血液のきれいな人はいない。腸内環境が悪いからである。

4)西式健康法の創始者の西勝造氏は昭和11年に出した「心臓原動力説は誤謬なり」の中で、この毛細血管とグローミューのこと、および血液循環の原動力は毛細血管の吸引力あることを主張している。血液の循環は心臓のポンプ作用で廻っているのではない。毛細血管がゴースト化した人は息切れもするし、病気のデパート化するのも時間の問題である。

8.まとめ

1)いずれにしも、西式健康法で昭和11年に公表して以来80年も経ってやっと、
現代医学で毛細血管の重要性が認められて来たことは、画期的な事である。

2)毛細血管の血流不全問題が、現代医学で問題視され始めたことは、大変結構なことで
あるが、前述したように、その解決方法が、漢方薬的な薬剤を使っての壁細胞と内皮
細胞の密着化とか、かがと上げ体操とかでは根本的な解決策には程遠い。

3)しなやかで若々しい毛細血管を作り上げるには、食べ物を吟味しなければならない、
食べ物が血となり肉となるのであるから、特に血管強化にはビタミンCは欠かせない。
それには生野菜ジュースと柿茶で摂るのがよい。

4)手足ばかりではなく、最近の研究で脳をはじめとして、各内臓も毛細血管が張り巡ら
されて、覆われていて、それぞれの活動の原動力の基盤となっていることが理解されだ
した。「健全な毛細血管が健全な肉体を作る」、である。

5)私の今回の語録はもうひとつ。「悪事は良事を駆逐する」。大食、酒や甘いものを
止めないと、いくら毛管運動をしても、相殺されてしまい、効果は上がらないと
いう事。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第124号のご紹介

健康への道しるべ 第124号のご紹介。

平成28年12月25日発行。

124
健康への道しるべのお問い合わせは下記へ。

電話:054-245-8141  健康生活研究会 増田氏まで。


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ


健康へのトビラ Vol.10

NPO法人健康を考えるつどいが発行する機関誌”健康へのトビラ”

第10号”の紹介。

20171
20172
20173


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, 柿茶文庫, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ