健康を考えるブログ


香川のリーダーたち(北川 博敏 先生) Ⅶ

北川先生 第 7 回

香川大学を定年退官され、香川短期大学の学長に就任、地域に根差した大学づくりや学生に自信を持たせる教育に力を注がれた。

北川先生の学長就任時は香川県内に六っも短大があったが、今残るのは二っだけ。これも先生の教育理念が正しかった証しに違いない。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生) Ⅵ

北川先生 第6 回

外国産果実の輸入自由化問題に直面し、国産果実の強みを説いた話や、苺の「ラクチン栽培」の開発、私生活では奥様と一緒に社交ダンスのレッスンを受け、今も続けておられる話など・・・。

 

 

 


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ, お仲間さん, 未分類 | タグ: , | コメントをどうぞ


三保通信

静岡市にある三保製薬研究所が発行する機関誌のご紹介。

三保製薬の主な商品は「生まれは海、育ちは自然の医薬品」の下剤”スイマグ・エース”や携帯用細粒タイプのマリンマグ・エースです。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

2017年 第7回鎮守の杜のコンサート

この日は横津町にある幸神神社(八坂神社)の夏祭り。

その祭りに合わせ、NPO法人健康を考えるつどいが、毎年「鎮守の杜のコンサート」と銘打って音楽会を開催している。

梅雨明けが近い頃ともあって、当日、雨が降るか降らぬかの判断は最重要課題となる。

雨の心配がなければ神社の前で、降りそうだと坂出健康会館の中で行う。

この日も微妙な判断が必要となった。朝から晴れて、これは境内でやれる・・・と思った。

だが、午後から雲行きが怪しくなった。怪しい時は屋内でやろうと決める。

案の定、開始時刻前に雷がゴロゴロ鳴り始め、バケツをひっくり返したような雨が降り出した。

会館の中でと決めたのは大正解。

↓ 青木  精一 氏のサックスと中 泰子 氏の歌のコラボ


生の音楽は、いつ聞いても最高!


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ


香川のリーダーたち(北川 博敏 先生) Ⅴ



北川先生 第5回

1975年文部省の在外研究員に選ばれ、再びアメリカへ。

かんきつの日米貿易摩擦に遭遇したが、帰国時にはフロリダ州のかんきつ委員会から
「フロリダ州のかんきつ研究に貢献した」と感謝状をもらった・・・・との内容。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ


二胡コンサ-トのお知らせ

■ 日 時:2017年9月23日(土)18:00開演

■ 場 所:ユープラザうたづ・ハーモニーホール

■ 料 金:3,000円 全席指定 7/1日より一般販売開始


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

春風亭 小朝 独演会のお知らせ

■ 日 時:2017年10月25日(水)19:00開演

■ 場 所:ユープラザうたづ・ハーモニーホール

■ 料 金:2,000円 全席指定 7/30日より一般販売開始


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生)Ⅳ

北川先生 第4回

レタスの鮮度維持法やミカンの減酸処理の研究開発、スダチの緑色貯蔵法の開発に貢献された。

特に、スダチはこのアトも北川研究室のおかげで周年出荷が可能となり、徳島県の重要な産物となったが、この事を知る徳島県人は少ない。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ



香川のリーダーたち(北川 博敏 先生)Ⅲ

北川先生 第3回

氷川丸最後の航海で北川先生がアメリカから帰国した事を今回初めて知った。

氷川丸は今も横浜港に停泊展示されていて、私も見学した事のある船。

帰国後、国立大学では初めてとなる園芸利用学講座が作られた香川大学農学部に赴任され、柿の脱渋技法の開発に取り組まれた。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

香川のリーダーたち(北川 博敏 先生)Ⅱ

北川先生 第2回

京都大学へ進学し、農学部の果樹園芸を先攻。

先生の柿とのかかわりはこの時から始まったそうです。

博士課程中にフルブライト奨学生に合格し、イリノイ大学へ留学。

 


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ


香川のリーダーたち(北川 博敏 先生)Ⅰ

四国新聞の連載記事「メッセージ~香川のリーダーたち~」
当NPO法人健康を考えるつどいの理事でもある香川短期大学名誉学長・北川 博敏 先生の連載が始まった。

第1回は2017年7月11日、『母は私にとって父でもあった』のサブタイトルで掲載された。

北川先生の生い立ちから始まり、先生の功績が分かる連載となるであろう明日からの新聞が楽しみである。


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

フラワーアレンジメント教室 の最近

毎月第3木曜日の午後より、 福井 はつ恵 先生ご指導のフラワーアレンジメント教室が開かれている。

最近の教室の様子です。

↓ 作品を前にした、教室の皆さん(左から4人目が福井先生)

↓ 作品

 


カテゴリー: スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

絵手紙教室 作品展(前田敏子先生)

まずは、教室の先生、前田 敏子氏の作品


カテゴリー: スクール, 絵手紙作品展 | タグ: , | コメントをどうぞ

夏期健康講演会のご案内

■ 日 時:2017年8月20日(日)13:00~15:00

■ 講 師:渡辺病院医院長 渡辺 完爾先生

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■ 問い合わせ:NPO法人健康を考えるつどい 電話:0877-45-8441、

FAX:0877-45-8444


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

第10回健康を求めて 夏期健康合宿のご案内

■ 日 時:2017年8月18日(金)~22日(火)4泊5日

■ 場 所:坂出健康  香川県坂出市江尻町1220番地

TEL:0877-45-8441、FAX:0877-45-8444

■ 募集人員:15名くらいまで

■ 参加費:NPO会員 38,000円、会員外 45,000円

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■ 申 込:電話又はFAX


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

村田さん講演会

2017年6月25日(日)10:00より金沢市在住の村田 敏明氏による講演会が坂出健康会館にて行われた。

演題は『介護老人にならない!法 』

~ 10歳若返る、いきいき人生・寝たきりにならない!より良き未来のための、薬に頼らない健康術 ~ 

百まで歩ける足の作り方、夜トイレに起きない方法 教えます。

村田さんは御年82歳、若い時から西式健康法の実践者。

講演会では力強い口調で、分かり易く解説して頂いた。

↓ 参加者の皆さまも熱心に聞かれていた。

お昼は希望者に、玄米+豆腐+野菜ジュースのダイエット食を体験してもらい、

午後から村田氏による西式健康法の実技指導も行われ、成功裡に講演会は終了した。

 

 


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第127号のご案内

健康への道しるべ 第127号 心と体の健康生活 平成29年6月25日発行

 


『 闘病奮闘記 』By  安曇野市在住 百瀬 稔 氏
・・・から一部抜粋

え~ 大腸ガンから一年、元気です!

昨年3月、地元の赤十字病院ドックで貧血と便潜血の指摘を受けた。その前も便潜血が+であり、主治医は様子を見るとの事だったが、心配だったので大腸カメラをすると

・・・アト略

その他記事に「手相でわかる病気と運勢 その1」等など。

 

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

プレスリリース

「柿茶」の生化学研究所、香川県産の柿の葉の収穫を開始。

耕作放棄された果樹園を再生して地元農家を支援、柿の葉をお茶の原料に活用します。

柿の葉を原料とするお茶「柿茶」を製造・販売する生化学研究所(本社/東京都千代田区・事業所/坂出市江尻町1220・社長/井上信忠)は、今年から、香川県産の富有柿(ふゆがき)の葉を「柿茶」の原料として使用することになり、7月3日(月)と4日(火)の二日間、坂出市府中町2649にある約1000坪の果樹園において、約150本分の柿の葉(約1トン)を収穫します。

■坂出市で初めて、柿の葉茶用の原料葉を収穫

昨年、耕作放棄地となっていた柿の果樹園を借り受け柿の葉を収穫し、お茶に加工するうえで品質的に問題がなかったため今年から正式に原料として収穫することになりました。近年は徳島県つるぎ町の契約農家の柿の葉のみを原料としていましたが、柿茶の増産が必要になり、本格的に県内で柿の葉を収穫することになりました。

 

 

 

■今年収穫して製品化は2020年以降

収穫には、徳島県の契約農家の方(収穫方法の指導役)と、地元坂出市の農家の方、生化学研究所のスタッフ合計約15名が参加します。収穫作業は午前5時ごろから始め、午後2時ごろまで行う予定です。

収穫した柿の葉はその日に当社坂出工場において乾燥、サイロに貯蔵し熟成させてから、3年後以降にようやく「柿茶」として製品化されます。

■荒れていく柿の果樹園を再生、地元農家の雇用創出も

柿の産地は、県内では財田町や塩江町が有名ですが、富有柿は県下全域で生産されています。近年になり柿の収穫が減り、耕作放棄地が増加してきました。山間部だけでなく、坂出市周辺でも柿の果樹園が放置されるようになったため、昨年、香川県農地機構の仲介によって当社が果樹園を10年間借り受け、柿茶の原料茶葉として柿の葉を収穫することになりました。今後は、草刈りや管理、収穫などの作業を地元農家に委託するなど雇用の創出にもつとめ、県産の「柿茶」をブランド化して地域貢献していきたいと考えております。

■柿の葉茶の栄養成分について

柿の葉には、葉酸・カルシウム・鉄分・亜鉛・ビタミンA E C K・タンパク質などの栄養素や、ポリフェノール(カテキン)などが含まれ、「柿の葉のお茶」は健康的なお茶としてテレビなどでも話題になりました。当社の「柿茶」は、農薬不使用・ノンカフェイン・放射能検査済みでどんな人にも安心して飲んでいただけます。

柿茶は(有) 生化学研究所の登録商標です。


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

健康をあきらめない! こうすれば病気は治る!

■ 日 時:2017年7月22日(土)9:00~16:30、8:30 開場

■ 場 所:レグザムホール(香川県県民会館)

■ 主 催:おむすびの会、問合せ・087-881-2323

■ 受講料:前売り 2,000円、当日 2,500円



カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 健康情報誌, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

セルフメディコ元気塾のご案内 2017年7月(第2回)

■ 日 時:2017年7月12日(水)13:30~15:30、13:00受付開始

■ 場 所:坂出市江尻町1224番地『かきのは』

■ 対象者:ココロとカラダの健康を本気で考えている方・これから考えてみたい方

■ 受講料:一般 1,000円、協会会員 500円

■ 申し込:FAX 087-877-0116、E-Mail genki@self-medico.com

↓ 元気塾って何?

↓ ”セルフメディコ元気塾”の内容例


カテゴリー: お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

2017年 第7回鎮守の杜のコンサートのご案内

■ 日 時:2017年7月9日(日)17:40~18:45

■ 場 所:幸神神社(八坂神社)坂出市横津町(雨天の場合は健康会館)

■ 演 奏:

Ⅰ.青木 精一:サックス奏者・・・ムーンライトセレナ 他

Ⅱ.福一 智子:歌・・・百万本のバラ 他


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 柿茶®, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

薬の副作用は怖い

薬の副作用は怖い    2017-6-15 豊岡倫郎

1、年々増加する国の医療費

厚生労働省が公表した2015年度の医療費は41.5兆円となり、前年比3.8%増えた。その内調剤医療費が5兆9783億円で、前年比11.3%増で、そのなかのトップが血圧降下剤で、4953億円、次が抗ウイルス剤の4139億円と続く。

2、薬に依存する日本人

今は高齢化社会で、お年寄りは体のあちこちに不具合が起きて、医者へ行くと、不具合の数に応じて、どっさりと薬袋をもらい、それらの薬を服用しても、長引くばかりで、医療費ばかりが嵩んでゆくのが実態である。更に問題なのは、何種類もの薬を長期に亘って飲んでいると、その副作用で、別の病に侵されて、命を縮めかねないのである。これを医原病と呼んでいる。 東京大学大学院医学系研究科教授の秋下雅弘氏の著書「薬は5種類まで、中高年の 賢い薬の飲み方」という本が話題になっている。多種の薬を飲むことを戒めている。

3.今必要なのは薬に関する正しい知識

いま生活習慣病を患っている人が激増している。例えば糖尿病は予備軍を入れて、2210万人、高血圧症4000万人、脂質異常症3200万人、これが三大生活習慣病である。何故こんなに患者数が多いのか、答えは簡単である。症状を緩和させても、これ等の病気を完治させる薬がないから、一生飲み続ける羽目に陥るのである。
そこで問題なのは、これらの人たちが服用している薬の副作用がないのだろうかということである。昨年秋に大橋巨泉さんが亡くなったのを契機として、医療問題が話題となり、マスコミがこの件に関して、詳しく日本の医療事情の特集記事を発表し始めた。週刊現代が以下の記事を掲載した。上述の三大生活習慣病に関する薬の副作用のことである。
■コレステロールを下げるスタチン剤についての記事1■総コレステロールの基準値とは
日本動脈硬化学会が定める基準値は、総コレステロール値が220以上は、高コレステロール血症という。しかしこれには多くの異論があり、次ページ右上のグラフを見ると、判るように低い方が死亡率が高いのである。コレステロールを下げる薬として広く使用されているのがスタチン剤であるが、急性で横紋筋融解症という命にかかわる病気がある。この病気に罹り、命がけの闘病生活と医療告訴を行ったのが、福田 実氏の著書「私は薬に殺される」である。これを読むと、薬に対する知識を持たずに、医者の薬を何の疑いも無く、飲み続けることの怖さをしみじみと感じさせるのである。
長尾クリニックの長尾和宏院長によると、急激な横紋筋融解症でなくても、徐々 に筋肉が低下していったり、筋肉痛になったり、肝機能が低下したり、酵素の働きを低下させるため、免疫力低下、ガンや認知症のリスクも高まるという。

■もうひとつ、コレステロール値と死亡率の関係について、日本動脈硬化学会と日本脂質栄養学会、良識派医師との間で論争があり、疑わしい病人を調査対象から除外したりして、作成されたのが、左下の表である。自治医科大学が発表したもので、160~200mg/dlの範囲の人を1として、200~240mg/dlの範囲にあっても、死亡率が低いことが見て取れる。特に女性の場合は、240mg/dl以上でも死亡率が低いのである。逆に160mg/dl未満の低コレステロールの人が死亡率が高いことが分かった。下の表は週刊現代に掲載されていたコレステロール値と死亡率の関係グラフである。


■下の表は主な高血圧症の薬に関する誤解という名で週刊現代に掲載されたものである。殆どの患者たちはこれらの薬を長期間服用しているから、副作用には留意が必要である。そもそもいまだに高血圧の基準値に関する論争は続いていて、70歳を過ぎた人の場合は上の値が140近くでも異常値ではないという意見が多い。

■下の表は糖尿病の薬に関する週刊現代の記事である。昔インシュリンが開発された当初は、 これでもう糖尿病の患者は無くなると 言われたものだった。しかし患者が 2,220万人もいる現実の姿に、何を思うかである。

4.無知は死を招く

今回この記事を書くに当たり、前述した本以外に参考にした本は次の通りである。

  • 田村豊幸著  「薬の副作用にやられないための本」
  • 岡田正彦著 「薬なしで生きる」
  • 丹羽靭負著            「クスリで病気は治らない」
  • 近藤 誠著  「クスリに殺されない47の心得」
  • 船瀬俊介著  「医療大崩壊、もうクスリはのめない、医者には行けない」
  • 安保 徹著 「薬をやめると病気は治る」

    また下に掲げた表紙の本は現代医学の医者や薬剤師の方々の「良心の叫び」である。正に薬はリスクである。

3. 薬から離脱するには

いわゆる生活習慣病は長年の間違った生活習慣によって、育まれてきた病気であるから、そう簡単に医者の一服のさじ加減で快癒するものではないことは、皆さんは百も承知している筈。その内、今度は薬の副作用によって、本来の病気以外の、本人も予想だにしなかった病気に罹り、死を早めるケースも多いのである。そもそも生活習慣病の薬というのは、症状を解消する対症療法である。血圧の降圧剤しかり、糖尿病の薬しかり、コレステロール降下剤しかりである。これ等の病気を招いた原因は、過食、酒の過飲、甘い糖分の摂りすぎ、肉類の過食、運動不足、ストレス、過労などに起因するものであるから、これらの原因を先ず解消する対策を採るのが本筋である。薬の服用者は自分の心の中の理不尽さに気づかないとは、どうしたことか。

4.薬に関するワンポイントアドバイス

  • 薬は体にとっては本来異物であり、毒であること。
  • 長く服用を続けると、耐性が出きて、だんだん効かなくなる。
  • 一般に薬は自律神経の交感神経を昂進させるから、免疫力の低下など諸病につながる。
  • 漢方薬といえども副作用があること。よく便秘症の人が、センナやアロエを飲んでいるが、民間薬でも、副作用がある。
  • 今自分が飲んでいる薬が、体に入るとどんな働きをするのか、副作用は何かを調べて、納得した上で服用すべきで、医者の言葉を鵜呑みして、悪いようにはしない筈と、過信してはいけない。今は情報化社会で、インターネットやスマホでなんでも調べられる。
  • 薬は5種類までという本を紹介したが、別の本には3種類までと書いてあるものもある。食品添加物もそうだが、何種類も体にいっぺんに入ると、化学変化で本来体が持つ免疫力や自然治癒力、ホメオスタシス(生命恒常性維持機能)を狂わせて、生体がガタガタになる。
  • 高血圧の降圧剤で血圧が下がればよいというものではない。真の原因の動脈硬化や肥満などから、体が危機感から上げざるを得ないのに、薬で血圧だけ下げても、根治にはならない。
  • 70歳を過ぎると、体力、免疫力、酵素などの分泌量も半減するのに、働き盛りの大人と同じ用量はおかしい。
  • 勝手に薬の服用を中止すると、体に異常が出ることもあるから、必ず医者に相談してみる。

5.まとめ

1)私の持論の一つは、「悪事は良事を駆逐する」である。せっかくいろいろ健康
療法をしていても、片方で、毎晩酒を飲んでいては、治るものも治らない。

2)病気になって、反省する様子もなく、言い訳ばかりする人がいる。食べるの
が、飲むのが、好きだから止められないと。健康法において、好きだの、
嫌いだ等と、言っていては、前進はない。健康法は良いか、悪いかの基準が
大事なのである。「甘えの構造」はいけない。

3)血圧やコレステロールの基準値を設定する関係者、即ち厚生労働省、製薬
業界、医師会などの間では、基準値のレベルを厳しくすることによって、薬
の売り上げや診療費などの収入が跳ね上がるという。病人にされて、薬の
服用を迫られ、副作用で命を縮めることのないようにしたいものだ。

4)薬に関する正しい知識を身に着けて、薬漬けの生活からの脱却策をいち早く
実行する時代であることを痛感する次第である。

5) 紙面の関係で省略したが、風邪薬、胃腸薬、睡眠薬、精神安定剤、鎮痛剤
などについても、問題点が多いことを付け加えておきます。

6) 日本は狭い。本当に病気を治したければ、現代医学を習得した医者で、薬を
使わずに生活習慣病を治している医者は沢山いるから看てもらったらよい。
今回取り上げた三つの生活習慣病ほど悪い生活習慣の改善で治りやすい病気
はないのではなかろうか。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

絵手紙教室 作品展 その8

井上 杏那作品 その8

8


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

絵手紙教室 作品展 その7

井上 杏那 作品その7

7


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

絵手紙教室 作品展 その6

井上 杏那 作品 その6

6_2


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

絵手紙教室 作品展 その5

井上 杏那 作品 その5

4


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ


絵手紙教室 作品展 その3

井上 杏那 作品 その3

Photo_2


カテゴリー: スクール, 絵手紙作品展 | コメントをどうぞ


絵手紙教室 作品展 その1

井上 杏那さん作品 その1

Photo


カテゴリー: スクール, 絵手紙作品展 | コメントをどうぞ

第6回 NPO法人健康を考えるつどい 総会報告書

2017年6月3日(土)に行われた第6回NPO法人健康を考えるつどい通常総会の議事録です。

662
↓ 総会欠席者への郵送文です。

20170611105356293_0001


カテゴリー: 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

村田 敏明 先生のマンガ

村田 敏明 先生の講演会 でご案内した村田さんは健康漫画も描く多才な持ち主。

そこで、氏の書いた漫画の一例をご紹介する。
1
2
3
4


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

折り紙教室生徒募集のお知らせ

折り紙教室の体験会を6月2日に実施したところ、大勢の方々が集まってくれた。Photo_2

 

 

 

そこで、毎月第1金曜日:10:00~11:30 まで、折り紙教室を開催することになりましたのでお知らせします。

■ 日 時:毎月第一金曜日 10:00~11:30、初回は7月7日(金)

■ 場 所:坂出健康会館(坂出市江尻町1220番地  ダイレックス前)

■ 講 師:日本折り紙協会香川支部 支部長 坂本 整子 先生

Photo_3


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ, スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

NPO法人健康を考えるつどい 第6回総会報告

2017年6月3日(土)、NPO法人健康を考えるつどいの第6回通常総会が行われた。

総会は、会社で言うと株主に当たる正会員の出席を得て開催され、今回は正会員数61名の内、49名の参加(内、委任状出席39名)を得て、審議議案は無事可決承認された。6
6npo1
6npo2
6npo36npo46npo5


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

健康講演会 のご案内

介護老人にならない!法~ 10歳若返る、いきいき人生・寝たきりにならない!より良き未来のための、薬に頼らない健康術 ~ 

百まで歩ける足の作り方、夜トイレに起きない方法 教えます。

■ 日 時:2017年6月25日(日)10:00~12:00

■ 場 所:〒762-0011 坂出市江尻町1220番地 ダイレックス前

■ 講 師:村田 敏明 氏 82歳、金沢市在住、
「自然健康会」主催、百まで歩こう会推進リーダー

■ 参加費:講演会=500円、昼食(希望者)=500円(玄米,豆腐,野菜ジュース)

■ 主 催:NPO法人健康を考えるつどい

■申し込み:電話 0877-45-8441、FAX 0877-45-8444Photo


カテゴリー: 講演会・合宿・旅行, 西式健康法, 柿茶®, お知らせ, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

アトピー、花粉症になる人、ならぬ人

1、増え続けるアトピー、花粉症の人達

アトピー症700万人、花粉症2,000万人。これが今の日本の現実の姿である。特に最近は大人のアトピー症の患者が増えてきた。これらの病気になる人、ならぬ人の差はなんなのだろうか、考えてみることにする。私達の子供のころはこんな病気で悩んでいる人は、クラスには一人もいなかったのに。

2、アトピー、花粉症とはどんな病気なのだろうか

そもそも人間の体には、自然治癒力とか、免疫力とか、恒常性維持機能とかが備わっていて、怪我したり、外部から異質なものが入ってきたり、感じたりすると、治したり、排除したり、働きを修正することができる。

では先ずアレルギーとは、体に何か物が入ってきたとき、それに対して体内で起きる過敏な反応であって、その反応が体にとって、有害なものであるものをいう。そういう反応の持ち主をアレルギー体質の人と呼ぶ。アレルギー体質の人の血清にはアレルギー反応を起こさせる特別に物質があり、それを免疫グロブリン、すなわち抗体という。これにはいくつかの種類があるが、ここでは通称IgEという抗体が関係するⅠ型アレルギー性疾患について述べる。

またアレルギー性疾患を引き起こさせる物質をアレルゲン、すなわち抗原と呼ぶが、これらの物質には、花粉、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、卵、牛乳、魚、大豆、化学物質、その他いろいろあり、人体の皮膚、呼吸器、食道などから体内に入ってゆく。

アレルギー反応発症のプロセスは次のとおりである。

アレルギー原因物質の抗原体内侵入 → 抗原提示細胞が抗原捕獲 → 抗原提示細胞が免役反応を起こす → Th2細胞を活性化 → インターロイキン4を産生 → B細胞にIgE抗体を作らせる → アレルギー反応発症

ただ抗原提示細胞が免役反応を起こすときに、Th2細胞を活性化だけでなく、一方ではアレルギーを抑えるTh1細胞をも活性化させるが、その働きがTh2細胞よりも弱い時に、アレルギー反応が起きるという。

3、アトピー皮膚炎発症の仕組み

一般に皮膚の弱い人がアトピーになりやすいといわれているが、皮膚表面の角質層の防御機能が低下して、皮膚に付着した微生物や皮膚の内側に入り込んだアレルゲンが、体内のマスト細胞の表面に待機しているIgEとアレルゲンが反応して、マスト細胞から炎症を引き起こす物質であるヒスタミンを放出したり、ロイコトリエンやサイトカインという物質を作り出す。その結果炎症ばかりでなく、体内のいろいろな器官や臓器に異常が発生する。

4、アトピー皮膚炎の素因

●抗原となる食べ物、ハウスダスト、ダニ、花粉などいろいろ。

●免疫力の低下

●睡眠不足

●ストレス

●不規則な生活

●偏った食事・・・肉類、野菜、タンパク質、油の多いもの、過食など。

●チョコレートや甘いお菓子、お酒、たばこなど嗜好品。

●化学製剤・・・食品添加物、医薬品、化粧品、農薬、排気ガス,煤煙、粉塵等。

●体内に活性酸素の発生

●生まれつき弱い体質

5、一般的アレルギー治療法

血液検査、食物負荷試験、皮膚検査などでアレルゲンを特定し、アレルゲン排除したり、避ける生活。

抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などはアレルギー症状を抑える。代表的な薬に、副腎皮質ホルモンのステロイド剤がある。しかしこの薬は副作用が強く、長期間の使用は問題が多いので要注意。

減感作療法によって、アレルゲンとなっている物質を確認し、徐々に免役を作り出してゆく手法。

皮膚のスキンケアの実行。清潔にしたり、保湿する。

6、少数派療法

上述した一般的な療法は主に対処療法であって、根本的な治療法はまだ確立されていないのが実情である。その証拠に患者数は減らないし、逆にどんどん増加していることが如実にそのことを証明している。そんな中で、いくつかの有力な少数派の治療法を紹介する。

12

●故甲田光雄博士による西式甲田療法(左端の本)の「アトピーの健康合宿に学ぶ」大阪大学医学部卒業。

この本で紹介されている内容は、アレルギー疾患を患っている人は、腸に宿便をためていて、腸管内に異常発酵や腐敗が続き、その為に産生された有害物やガスのため、胃腸粘膜にビランや微細なキズが出来て、その結果タンパク質が最終段階まで分解されず、分子が大きな状態で腸壁から吸収されてゆく。その結果体内では異物として、アレルゲンとなって、反応を起こすという。花粉やハウスダストも鼻やのどの粘膜から鼻汁やたんと一緒に食道に入り、腸から

体内に吸収されてゆき、反応を起こす。従ってもはやこれらアレルゲンとなりうる物質を防ぐことは不可能であるから、腸壁の炎症を治癒させて、侵入を防ぐ治療法である。長年多くの患者の治療法として実施してきた西式甲田療法によって、アトピーであれ、花粉症であれ、治療効果を上げた。具体的には甲田医院に、1995年と1997年の二度にわたり、子供たち、夫々20名、17名が入院して、現代医学の皮膚科の先生方も驚く成果を上げたのだった。その内容は「医事新報」や日本アレルギー学会総会でも報告された。

●下関市立中央病院の永田良隆著「アトピーは和食で治せ!」(写真中央の本)鹿児島大学医学部卒業。現在同病院の嘱託医。

今まで一万人以上のアトピーの患者さんを治療してきた実績から、その治療法と効果は全国的に知れ渡っている。その治療方針は、食べ物にはアレルギー反応を起こすものと、アレルギーを抑える食べ物があるということ。卵、肉類、乳製品、油を使った揚げ物類などを止めて、伝統的な和食に戻すというもの。それで思い当たることは、アトピー患者が増えてきた年代を思い起こせば、誰でも気が付くはずである。欧米食と学校給食が盛んになった時が、其の始まりだったのであることに。

●土佐清水市の土佐清水病院院長の丹羽靭負(ゆきえ)著「アトピーがぐんぐん良くなる本」(写真右端の本)京都大学医学部卒業。

知る人ぞ知る活性酸素の世界的権威で、活性酸素除去酵素(SOD)の開発者として有名。

アトピーの主因は活性酸素である主張している。活性酸素発生の要因として、上げているのは

加工食品、紫外線、放射線、医薬品、食品添加物、粉じんや排気ガス、酒、たばこ、ストレス、

便秘、過労などで活性酸素が体内に過剰となった状態で、欧米食の肉食や油を使った食事によって、体内で活性酸素によって脂肪分が過酸化脂質に変わる。するとアルデヒド基が角質層の保湿機能を破壊して、乾燥肌となり、アトピー発症につながるという。もちろん他のダニ、ハウスダスト、食品アレルゲンの関与も否定していない。

7.アトピー症の病状の変遷と複雑性

●40年前まではアトピー症といえば、乳幼児がかかる病気で、小学生になれば、自然に治ったものだ。

●ところが今は乳幼児から青少年、中年、高齢者にまで、年齢を問わず発症している。

●発症する体の部位もバラバラで、場所を選ばずという。

●症状も単純なものから紅斑,肥厚苔癬、落屑、結痂、皮疹炎症、糜爛、皮膚萎縮、結節性痒疹などいろいろある。

●よくなったり、また再発したり。高齢になって突然発症したりと、発症の誘因が複雑。

8.アトピーや花粉症になる人、ならぬ人の違いとは

前述した三冊の本やその他の資料を調べた結論として、こんな人が罹り易いと言えるだろう。

●過食や偏食で胃腸を酷使してきた。

●便秘や宿便停滞で、腸壁が糜爛している。悪玉菌で腸内環境が悪い。

●卵、肉、乳製品や油を使ったフライなどを摂りすぎ。

●生まれつき皮膚が弱い体質である。

●冷たいジュース、アイスクリームやビールなどの摂りすぎ。母親が妊娠中に冷たいものを摂りすぎると生まれる子供は罹病の確率が高い。

●生活環境面では、排気ガス、粉じん、ハウスダスト、ダニ、花粉など。および薬品、洗剤、化粧品、農薬、食品添加物、マーガリン、ショートニングの入ったパン、店屋物フライなど。

●疲労や睡眠不足、ストレス。自律神経のバランスが崩れている。副腎の働きが弱い。

●甘いジュース、お菓子類、コーヒー、チョコレート。

9.アレルギーに強い体質を作るには

前項で指摘した悪い生活態度の反対のことを行うことである。即ち

●腸をきれいにする。一日二食の少食にし、便通をよくする。糜爛のない腸壁にする。

●活性酸素の体内発生の少ない生活を心がける。過酸化脂質はいけない。

●高脂肪、高たんぱくの欧米食から和食へ。タンパク質の消化不良、腐敗は怖い。

●甘いもの、冷たいものは避ける。甘いもの、冷たいものの害は怖い。

●アレルゲンを排除する。

●規則正しい生活、疲労や睡眠不足、ストレスのない生活へ。

●全身運動となる健康体操をする。手軽に15分で出来る自彊術などがよい。

●空気のきれいな環境に住む。都会に住むの人の方が罹患率が高いのは煤煙、粉じんによる。

10.まとめ

●閾値(いきち)という言葉がある。これをアレルギー症に例えると、いろいろな悪い条件や基準値が体の制御の限界を超えて、オーバーフローすると、発症するということ。だから良くなったり、また悪くなったりするのもそのためである。現代は食生活も生活環境も人体の健康を害するものが溢れている、いつ誰がこれらアレルギー症を発症しても不思議ではない。

●こんな時代を生き抜くには、無知であってはいけない。医者の言うことを鵜呑みにしていては、医者や薬に殺されてしまう。医者に直してもらう病気と自分で治すべき病気の区別を判断できる知識を身につけなくてはいけない。健康のことをもっと知ろうと心がける人が少ないのが現状である。これでは病人は減らない。

●以前私がある有名な103歳の人のことを健康講座で話をしたことがある。するとある妙齢のご婦人がこんな感想をもらした。「世の中、平等ではないですねぇ・・・」と。このご婦人の想いは、誰でもみんな長生きできたらいいのになぁ・・」という単純な気持ちだったかもしれないが。しかし私にしてみれば、長生きする人は、努力して、健康に配慮した生活をしてきたから、長生きできたのである、病気で短命に終わる人は、平気で間違った悪い生活が原因であったことを、理解してほしいものである。

人間の体は一大化学工場に例えることができる。体に入る食べ物が悪いものであれば、作られる筋肉、血液も、血管も臓器も粗悪なものになるのは当然である。質の悪い素材がインプットされれば、アウトプットされる製品も粗悪品になることは、誰でも理解できるはずである。自然界の摂理や、生体の生理は、何人であるかを問わず、平等に体内で化学変化が起きるのである。

●毎日テレビでは、やれグルメだ、スイーツだと騒いでいる。全国どこの都市へ行っても、郊外には、焼き肉、ラーメン、お好み焼き、ファーストフード、ファミリーレストラン、回転ずし店などが立ち並んでいる。食品スーパーの店頭には、菓子パンや店屋物のフライが所狭しと並ぶ。果たしてこれ等の食品で長寿をまっとうできるだろうか。

●「内皮は外皮に通じる」という言葉がある。アトピーや花粉症は腸内の粘膜の悪化が皮膚の表面に出てきたのである。腸壁のただれを治すことがまず先決である。

おわり

2017-5-17 豊岡倫郎


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, 柿茶®, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

セルフメディコ元気塾のご案内

■ 日 時:2017年6月14日(水) 13時受付開始  13:30~15:30

■ 場 所:かきのは(坂出市江尻町1220番地  ダイレックス前)

■ 問合せ:0877-35-7787  申込締切は6月7日必着 先着15名限定

■ 対象者:ココロとカラダの健康を本気で考えている方・これから考えてみたい方

■ 受講料:一般 1,000円・協会会員 500円

20170517104351953_0003

 


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

折り紙教室体験会のご案内

■ 日 時:2017年6月2日(金) 10:00~11:30

■ 場 所:坂出健康会館(坂出市江尻町1220番地  ダイレックス前)

■ 講 師:日本折り紙協会香川支部 支部長 坂本 整子 先生

■ 問合せ:0877-45-8441  info@kenkou-tudoi.jp

20170522122910990_0001


カテゴリー: スクール | タグ: , | コメントをどうぞ

健康への道しるべ 第126号 のご紹介

健康への道しるべ 第126号 心と体の健康生活 平成29年4月25日発行

20170517104351953_0001

104歳 希望にあふれる日々の暮らし ・・・から一部抜粋

静岡県湖西市に在住の佐原さんは、90歳の時、書道展の作品を見て「すごいなぁ~」と感動し、それをきっかけに90歳の手習いで書道を始めた。

それだけでも凄いのに、師範の資格を目指して益々「書」に打ち込み、とうとう昨年11月に103歳にして師範免許達成しました!・・・・アト略

発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31

Tel:054-245-8141   Fax:054-245-6142


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

人生が3倍楽しくなるヨーガ

日本ヨーガ道友協会 会長 倉本 英雄 先生の新著書をご紹介。

四国新聞社「健康新聞」に連載されていたものをまとめたご本。

20170517104351953_0004

20170518145508179_0001
発行:森林舎

発売:西日本放送サービス

 

 

 


カテゴリー: 健康情報誌, 柿茶文庫, スクール, お仲間さん | タグ: , | コメントをどうぞ

健康講座のご紹介です・西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

【健康講座のご紹介】

西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

■【受講日】 4/13よりスタート 4月~9月 全6回の短期講座

毎月第2木曜日AM10:30~PM0:00
※5月は第3木曜日,課外授業 (4/13・5/18 ・6/8 ・7/1・8/3・9/8)

■【講師】熊代維勢子

■【受講日】全6回:11,340円 教材費:800月

■調理実習について
5月は調理施設のある会場 ヘルシングあい【名古屋西区】にておこないます。行き方等は事前にご連絡します。交通費等は実費必要

4月 西式甲田療法とは
5月 青汁、発芽玄米、玄米ご飯の炊き方(調理学習)
6月 少食(腹八分)のやり方
7月 西式健康体操
8月 柿茶と水効用
9月 自然療法の手当法

アクセス


カテゴリー: 西式健康法, お知らせ | コメントをどうぞ

糖尿病は万病の元 By 豊岡倫郎 (2017/4/10)

1.激増する糖尿病患者

いま糖尿病の人が890万人、糖尿病予備軍の人が1320万人いると言われている。合計すると2210万人にも上る。どうしてこんなにも増え続けているのだろうか。医学が進歩したといっても、糖尿病も治せない、動脈硬化も治せず、心臓の冠動脈にカテーテルを通して、網目状のステントを入れて、なんとか生命を維持させている実情を見るにつけ、どこかおかしい。

2.何故糖尿病患者が増え続けるのか

答えは簡単である。糖尿病を根治させる薬が今でもないからである。1921年にカナダの開業医のバンティングとベストという助手が犬のランゲルハンス島から膵臓エキスを抽出し、瀕死の14歳の糖尿病の少年に注射し、命を救ったのがインスリンというホルモンの使用の始まりだった。それはバンティング・ベストの奇跡として、永遠に名を残し、ノーベル賞を受賞したのだった。インスリンホルモンが人工的に作られるようになってからは、当時これからはもう糖尿病患者はいなくなると、言われたものだったが、どっこいその考えは甘かった。そもそも生活習慣病といわれる糖尿病にしろ、動脈硬化症による高血圧症にしろ、高コレステロール症にしろ、症状を緩和する薬は有っても、根治させて、もう治ったから、薬を飲む必要はないですと、医者から言われた人がいないことは、皆さん周知の事実である。これらの病気はみな間違った生活習慣が招いたものだという事実を容認すべきなのである。

3.糖尿病とは

糖尿病には二種類あり、Ⅰ型糖尿病は、何らかの理由で、膵臓のランゲルハンス島のベータ細胞が破壊されてしまい、全くインスリンが分泌されないために起きる病気で、自己免疫やウイルス感染が関係すると言われている。若い人に多く、日本で年間500人位発症する人がいるが、インスリン注射によって、普通の人とさほど変わらない生活をすることが出来る。

一方Ⅱ型糖尿病はおもに過食等の生活習慣が原因で、徐々に発症するもので、膵臓のインスリン分泌機能が完全にダメになったわけではないが、不足気味になったり、その働きが悪くなったために、高血糖値になるものをいう。昔から、経験的に食べ過ぎや肥満が関係していることは気付いていたが、病気の進行を止める術もなく、ゆっくり死を待つしかなかったのである。

4.糖尿病の病態とは

ここから以降は全てⅡ型糖尿病について記述する。我々が毎日の食事で摂るご飯やパン、芋などの糖類は胃腸で消化、吸収されて、ブドウ糖となるが、いったん肝臓にグリコーゲンとして貯蔵されていて、血糖値が下がってきたり、体を動かして大量にエネルギーを必要としているときに、またブドウ糖に分解されて、血液中に放出されるという万全のシステムが出来ている。

そして膵臓から分泌されたインスリンの助けを得て、血液中のブドウ糖が細胞膜を通過して、細胞内でエネルギーに転換されて、活動エネルギーの源となる。

ところが糖尿病になるような人には、次の二つの原因が考えられるのである。

その1・・・インスリンの分泌量が不足しているために、ブドウ糖が細胞内に取り込まれない。

その要因としては、長年の過食で膵臓が疲弊してしまった。或いはストレスを受けて、交感神経が亢進し、膵臓を痛めつけ弱っている。こんな状態ではインスリン不足で、いつまでも血液中にブドウ糖が溢れていることになる。

その2・・・インスリンは分泌されるが、何らかの原因で、ブドウ糖が細胞内に取り込まれず、血液中に取り残されてしまう。これをインスリンの感受性の低下とかインスリン抵抗性という。そもそも細胞膜にはブドウ糖が流れてきたら、それをキャッチして、取り込もうとするブドウ糖トランスポーターというセンサーが働く。もうひとつ細胞膜には、インスリン受容体があって、ブドウ糖をキャッチしてくれる。しかしこれらがスムースに機能してくれないと、ブドウ糖は細胞内に入れないのである。その原因としては体内に脂肪組織が増える為だという。太った人が糖尿病になるのはそのせいである。しかし明確な原因はまだつかめていない。

細胞内に取り込まれたブドウ糖はエネルギーとして使われる以外の余分なものは、体内脂肪となってしまうし、細胞内に入り込めなかったブドウ糖は尿と一緒に体外へ捨てられてしまう。

糖尿病患者の末路は、体がだんだん痩せて行くのは、ブドウ糖をエネルギーとして、体内に取り込めないからである。

5.糖尿病の診断に使われる血糖値とは

通常血液100mlあたり70~110mgの範囲で一定に保たれている。健康な人は食後でも最高値は180mg程度に抑えられていて、食後2時間も経つと、元の値に戻る。糖尿病の診断が下される血糖値は、

★朝の空腹時 正常値は100mlあたり110mg未満。糖尿病は126mg以上。糖尿病予備軍は110~125mg。

★75gのブドウ糖を飲み、2時間後の糖負荷試験の場合 正常値は140mg未満。糖尿病は200mg以上。糖尿病予備軍は140~199mg

★ヘモグロビンA1c(これは赤血球のヘモグロビンにブドウ糖の結合したものの割合をパーセントで表したもので、過去2~3カ月の平均的血糖値を知ることが出来る。)

ヘモグロビンA1c(HbA1cと表示) 正常値は4.3~5.8パーセント。この基準も時々変わる。

6.糖尿病の治療方法

1)現代医学での一般的な治療法

★食事療法・・・そもそも発症の最大の原因が食べ過ぎにあるから、糖尿病と診断されたら、病院で講習を受けて、その指導書に基づく食生活を実行することになる。総摂取カロリーやら、食品の種類、量など守らないといけない。

★運動療法・・・発症の二番目の原因が運動不足によるエネルギーの過剰とみなされている。

これも病院からの指導を受ける。

★薬物療法・・・その人の体質やその程度などを考慮して、医者が判断して決められるが、経口経血糖降下薬の主なものは、

・インスリン分泌促進薬で、膵臓に作用してインスリンの分泌を促す。

・グルコース吸収遅延薬で、小腸粘膜に作用して、糖の消化を抑制して、吸収を遅らせて、食後の高血糖値を抑える。

・インスリン抵抗性改善薬で、インスリンは分泌されていても,インスリンの効きが悪い状態を改善する。

2)医薬に頼らない治療法の数々

漢方薬によるもの、運動療法によるもの、食事療法によるもの、民間療法など幾つもあるが、

現代医学を習得した医者でありながら、独自の治療法を確立して、実績をあげている治療法

もある。その内、次の二つを紹介する。

★「糖尿病には薬は要らない」森田トミオ著、宝島社発行、著者はフリージャーナリスト。西式健康法の渡辺医院の故渡辺正博士、お茶の水クリニックの森下敬一博士、甲田医院の故甲田光雄博士の治療法など記載している。

★「糖尿病は薬なしで治せる」渡邊昌著、角川書店発行、著者は慶應義塾大学医学部客員教授。

自分自身の重度の糖尿病を薬なしで治した体験と糖尿病に関する医学情報を網羅している。

渡邊昌先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.グリセミックインデックス(GI値)とは

食品によって食後の血糖値の上がり方に差が有るから、特に糖尿病の人は、血糖値が直ぐ上がるものは最初に食べないで、後回しにするなどするとよいという考え方が有る。

白パンを食べた後の血糖値変化を100として、それに比べて各食品の血糖値の上がり方を、パーセントで表示している。確かに白米に比べて、玄米や全粒粉は相当低いし、食物繊維の多い物も値は低い。ただこの数値は2~3時間の間の測定値を基に作られていて、4~5時間後に急激に血糖値が上がる食品もあり、これにこだわり過ぎるよりも、総量を減らすことが大事。

これに関連して血糖値スパイクという事が言われだした。これは一言で言うと、食後急激に血糖値が上がるような人は、食後眠気をもよおしたり、集中力を欠いたり、糖尿病になり易いとか言われるが、これも結局食事の在り方を改善することが必要。

8.糖尿病の合併症

今では健康診断制度が普及していて、誰でも年に一度位は医者で血糖値を測ってもらえるから、自分の血糖値がどれくらいか知っている筈である。

しかし医者から警告を受けても、初期の段階では、何も体の異常を感じないから、酒は美味いし、食欲はあるし、体のどこも痛くも痒くもないから、油断してしまう。ところが体内では深く、静かに病状は進行しているのである。糖尿病は一過性の病気ではないから、深化して悪化してゆくだけである。

ではどんな症状が出るか、初期から重度の症状、合併症までをランダムに列挙すると、

  • 体が痒い、●傷の治りが遅い、●歯茎が浮いて歯周病で歯が抜ける、●首の後ろぼんのくぼに、赤い湿疹が出る、●手足が冷える、●顔の皮膚が白い粉を吹く、●のどが渇く、●頻尿になる、●尿が泡立つ、尿量が多い、●汗が香ばしく酸っぱい臭いがする、●目の網膜に眼底出血など異常が出る、●足がしびれたり、痛い、●インポになる、●腎臓から蛋白が出る、●足の神経感覚が鈍る、●体重が減ってくる、●食欲が増進する、●甘いものが食べたい、●動脈硬化になる、●血圧が上がる、●体内のタンパク質と糖分が結合して、終末糖化産物(AGE)が生成されて、老化を早めて、シミやシワが出来る、●体がだるい、●てのひらが赤っぽい、●顔のこめかみの下が腫れている、●壊疽になる、●免疫力低下し、肺炎など感染症にかかりやすくなる、●脳卒中や心筋梗塞の危険性増大、●水虫になりやすい、●かみそり負けする、●コムラ返りなど。

これらの症状や病気に共通している病根は何かと云えば、毛細血管などの血管に欠陥が出たからである。血中に糖分が多いと、毛細血管が溶けて消失する。そして大きい血管も随時ダメになってゆく。そして動脈硬化が進むと血管の内壁にカルシュウムが沈着することが起きることも有る。所謂石灰化である。すると益々血管が狭窄化して、心筋梗塞が起きやすくなる。血液中に酸性の糖分が多いと、体の恒常性機能がそれを中和しようとして、骨からカルシュウムが抜けて、血液の中に出てくるからである。骨自体もこの現象に加えて、骨芽細胞の再生能力の低下やカルシュウム摂取量の不足が重なって、骨粗しょう症に気を付けねばならない。

 

9.根本治療とは何か

1)食事の改善

大食が原因であるから、少食にする。しかし既に糖尿病になってしまった人には、これだけでは改善しない。毛細血管を再生しなければならないから、お薦めは前述した本に掲載されている西式甲田療法である。即ち朝食抜きの二食で、玄米と生野菜汁中心の少食自然食である。そして西式の健康体操をする。水分補給はビタミンCが豊富な柿茶を飲み、血管強化する。

2)運動療法

前述の渡邊昌先生の本に詳しく、何故運動しなければならないかを実体験をもとにして、詳述しているから、読まれるとよい。ただ余分なカロリー消化させるだけではなく、新陳代謝活発化、そしてインスリン感受性を高めるのである。それには散歩などよりも自彊術がよい。

というのは、前自彊術協会の会長をしていた故近藤芳朗博士は東京大学医学部を出て、母校の内科の講師まで務めた人であるが、中年になって糖尿病に罹り、それを自彊術を知り、実行したところ、快癒してしまったのである。そしてこんな素晴らしい健康体操をもっと世間に広めたいと、活動を起こした。現在全国で55000人の人達が、教室に通い体操している。

勿論糖尿病が治ったという体験談も多い。家の中で15分もあれば、手軽に、簡単にできるから、試してみたらよいと思う。

3)-精神的支柱の確立

酒に溺れ、食欲に負け、怠惰になり、進取の精神に欠け、ただひたすら医者や薬にすがりつく姿勢を改めない限りには、健康は取り戻せないだろう。何事も知ろうとしないのは退歩の始まりである。自分の健康は自分で守るという信念を持ち、自己管理を貫く姿勢が大事。

 

10.糖尿病治療薬の副作用

どんな薬にも多かれ少なかれ必ず副作用が有る。

★グルコース吸収遅延薬では、低血糖症状、腸閉塞症状、肝機能障害、おなかが張る、下痢、便秘など。

★インスリン分泌促進薬では、疲弊した膵臓にムチ打って、分泌を促すわけだから、そのうち段々出なくなってしまう。決して膵臓の働きを回復させるわけではない。副作用も低血糖、貧血、肝障害、白血球減少などある。

★インスリン抵抗性改善薬では、黄疸、肝障害、浮腫など。

★肝臓からのブドウ糖の放出を抑える薬がある。低血糖、消化器障害、倦怠感、筋肉痛、など。

★最近使われだした新薬「SGLT2阻害薬」がある。インスリンの分泌を促す従来の薬とちがい、尿中の糖を体内に吸収させるたんぱく質の働きを邪魔し、体外に出して血糖値を下げる。利尿作用があり、体重を減らす効果もあるとして注目されている。国内で6製品が販売され、専門家によると10万人以上が服用していると推定される。ところが朝日新聞が各社の調査を集計したところ、約3700人で約4800件の副作用報告があった。うち重篤なものは皮膚障害、尿路感染症、脱水症など630件で、10人が死亡していたという。

これらの薬は決して膵臓の機能を回復させるものではない。ひたすら血糖値を下げる働きだけである。これら薬を服用していても、糖尿病は進行してゆくことを知らねばならない。そして最後の手段として使われるのが、インスリン注射である。

 

11.あまり知られていない糖尿病によい話

★有名な食事療法家の東城百合子の「自然療法」という本によれば、240ページの糖尿病という項目に書かれていることは、・・・糖尿病の根本原因は、肝機能が参ってしまって、糖の貯蔵調整がうまくできなくなった為である。肝臓が弱っていると、グリコーゲンとして蓄えることが出来ないから、調整が出来ずにいると、膵臓も繋がっていて、働きが弱る。だから先ず肝臓を強くすることが先決である。ご主人様の傲慢で、出鱈目な、間違いだらけの負いきれない負担を、無理やりに背負わされる下僕の内臓こそ哀れであると。絶対君主であってはいけない。体の悲鳴に耳を傾けよう。

★同じような話は西式健康法の西勝造先生の本にもある。即ちどれだけ大食、美食していても、肝臓の強い人は動脈硬化型になり、弱い人は糖尿病型になると書いている。

★糖尿病に良いという食べ物は沢山あるので、参考までに列挙すると、

  • 玄米に小豆を入れたごはん、●小豆とコンブとカボチャの煮たもの、●生のタマネギ、●食物繊維の多い物、●ミネラルのひとつのクロム、亜鉛、●苔のひとつシメジ、●ビタミンCの多い柿茶、●五種類以上の生野菜ジュース、●タウリンが糖代謝によい、

★毛細血管と付属のグローミューというバイパスの再生のためには、毛管運動は欠かせない。

★骨格の矯正。糖尿病になる人は、胸椎の11番に異常が有る。胸椎の8番と9番の右圧痛。

 

12.まとめ

1)日本人の1万年前からの生存過程では、飢餓の連続であったが故に、遺伝子に刷り込まれてい

るのは、飢餓に強い体内システムが出来上がっているということ。ところが飽食の時代に入る

と、過剰摂取糖分を処理するシステムが体内にはないが為に、糖尿病が増えてきたのである。

2)糖尿病は一部遺伝するというが、それでも諦めずに努力すれば、体質を変えられると思う。

3)糖尿の人が食べてはいけないものは、脂肪酸の多い肉類、揚げ物類、マーガリンやショートニ

ングのトランス型脂肪酸はインスリンの働きを低下させる最悪の食品である。

4)糖尿病の人は普通の人より10年寿命が短いという。血管がダメになり、新陳代謝も悪いから、

ガンにもなり易い。認知症には普通の人より3~5倍なり易い。正に万病の元である。

5)面白い事に、死亡原因の統計を見ても、死因に糖尿病という名前が出てこない。何故だろうか。

統計上の死亡原因は糖尿病の合併症で死ぬから、その病名で載っているからである。

6)私は健康法に関心を持ってから、もう何十年も幾多の人の生き様と死に様を見てきたが、つく

づく思うことは、「人は生きて来たようにしか死ねない」ということ。

7)最近医学界で言われ出したことは、糖尿病は予防する時代になったという。1年に一回健診を

受けていれば、初期の段階で発見できるのであるから、その段階で適切な対応策を講じれば、

治癒することも可能である。必要なのは、これではいかんぞと、慢心し、続けてきた間違った

生活習慣を断ち切る大英断である。

8)ひとつの情報だけで、物事を決めてはいけない。特に命に関することは、慎重を期したいものである。もっと知ろうとする求める心を持たない者には、明日の健康は付いて来ないのではなかろうか。いつも思うことは、私ならこうするのにとなあ。無知は死を招く。

9)先月に糖質制限食について、詳細説明したので、あえて今回記述しなかった。ところがこの記事を執筆中に、文藝春秋五月号が発売された。その中に前に取り上げた「日本人の体質」の著者の医師奥田昌子博士が「日本人は糖質を制限するな」という記事が掲載されていた。その内容を要約すると、日本人は昔から食事の80%を炭水化物で摂っていた為、インスリンの量が欧米人に比べて半分以下の量で賄える体質だっが、1960年代以降に脂肪の摂取量の増加と共に、糖尿病が増加の一途を辿っている。そして内臓脂肪が増えると、インスリンの働きを悪くする悪玉物質のTNF-αを分泌する。だから糖質制限よりも脂肪摂取を控えるべきだと。因みにTNF-αは血圧を上げ、動脈硬化を促し、血液を固まりやすくする悪玉物質なのでもある。

おわり


カテゴリー: 健康情報誌, 西式健康法 | タグ: , | コメントをどうぞ

健康へのトビラ Vol.11

NPO法人健康を考えるつどいが発行する機関誌 ”健康へのトビラ”  第11号” を発刊しました。

健康へのトビラ Vol.11-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康へのトビラ Vol.11-2

健康へのトビラ Vol.11-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 健康情報誌, 柿茶文庫 | タグ: , | コメントをどうぞ